MENU

HONDA

検索
MotoGP 第8戦 オランダGP 決勝
2015/06/27

マルケスが2位で4戦ぶりの表彰台獲得。ペドロサは8位でフィニッシュ

第8戦オランダGPは、予選3番手から好スタートを切ってオープニングラップで2番手につけたマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)とし烈な優勝争いを繰り広げて2位でフィニッシュ、今季3度目の表彰台を獲得しました。

2列目からすばらしいスタートを切ったマルケスは、トップを走るロッシをピタリとマークします。そして、序盤にして早くも、両選手の一騎打ちとなりました。マルケスは、中盤までロッシの背後で様子をうかがうと20周目にトップに浮上。その後、24周目には抜き返されてしまいますが、最終ラップまで接近戦を繰り広げました。そして、最終コーナーのブレーキングでマルケスはインを差しますが、アウト側にいたロッシとラインがクロスする形となり、軽く接触。この接触でシケインをショートカットしながらグラベルを突破したロッシが優勝となり、マルケスは2位でチェッカーを受けました。
レース結果に納得のいかないマルケスでしたが、久しぶりの優勝争いに手応えがあったことをアピール。総合5位から4位へとランクを上げました。

予選4番手から2戦連続での表彰台が期待されたダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は、オープニングラップで12番手と出遅れ、それからも思うようにペースを上げることができませんでした。レース終盤は5番手争いの集団に加わりましたが、8位でチェッカーを受けました。予選では4番手と復調を感じさせていましたが、朝のウォームアップで転倒したことがレースに影響しました。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 2位)
「表彰台に戻ることができてとてもうれしいです。最後まで優勝争いをしていいレースができました。今日は事実上、優勝だったと思います。最後のシケインは限界で攻めていました。レースウイークを通してとてもいい仕事ができました。チームに感謝したいです。世界で一番のチームで戦っていると自信を取り戻すことができました。彼らは本当によく僕を支えてくれます。いつもはそれほど強くないサーキットで、この事実を証明できました。最終コーナーまで優勝争いをしました。今後のレースでまた前進できるか様子をみたいです。最終ラップの最終シケインは特に優勝を目指して走りました。よく見て、どこでバレンティーノ(ロッシ)をオーバーテイクすればいいか分かりました。そして、その通りに実行しましたが、思ったようには終わりませんでした」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 8位)
「よくない一日になりました。ウォームアップで、とても不可解な転倒をしました。タイヤはすでに温まっていたのですが、ブレーキングしたときになんの前触れもなくフロントから滑りました。残念ながらマシンはダメージを受け、グローブを外したら指が切れていました。でも、レースに出場することはできました。セカンドマシンを使わなければならず、スタートでクラッチを放したら、マシンがうまく反応しませんでした。クラッチをリリースしたら滑り始めました。それで4番手から13番手までポジションを落としてしまいました。さらにブレーキングにも問題があり、調整しようとしましたがブレーキング時にマシンをコントロールすることができませんでした。それに合わせるのが大変でしたが、最後はいくつかポジションを上げることができました。でも最終ラップにうまくブレーキングができず、クラッチローに抜かれ、さらにポジションを落としてしまいました」

リザルト

決勝リザルト
順位 No. ライダー マシン F/O タイム
146V.ロッシヤマハF40'54.037
293マルク・マルケスHondaF +1.242
399J.ロレンソヤマハF +14.576
429A.イアンノーネドゥカティF +19.109
544P.エスパルガロヤマハF +24.268
635カル・クラッチローHondaF +24.373
738B.スミスヤマハF +24.442
826ダニ・ペドロサHondaF +24.656
941A.エスパルガロスズキF +26.725
1025M.ビニャーレススズキF +27.238
119D.ペトルッチドゥカティF +29.038
124A.ドヴィツィオーゾドゥカティF +29.418
1345スコット・レディングHondaF +46.663
1468Y.ヘルナンデスドゥカティF +49.305
1576L.バズYAMAHA FORWARDO +52.396
1669ニッキー・ヘイデンHondaO +56.005
1719A.バウティスタアプリリアF +59.857
1863M.ディ・ミリオドゥカティO +1'14.513
1933M.メランドリアプリリアF +1 lap
RT15A.デ・アンジェリスARTF +3 laps
RT50ユージン・ラバティHondaO +11 laps
RT6S.ブラドルYAMAHA FORWARDO +21 laps
RT8H.バルベラドゥカティO -
RT43ジャック・ミラーHondaO -

総合順位

ライダー(MotoGP)
順位 ライダー マシン 総合ポイント
1V.ロッシヤマハ163
2J.ロレンソヤマハ153
3A.イアンノーネドゥカティ107
4マルク・マルケスHonda89
5A.ドヴィツィオーゾドゥカティ87
6B.スミスヤマハ77
7カル・クラッチローHonda57
8P.エスパルガロヤマハ56
9M.ビニャーレススズキ52
10ダニ・ペドロサHonda47
11D.ペトルッチドゥカティ44
12A.エスパルガロスズキ38
13スコット・レディングHonda30
14Y.ヘルナンデスドゥカティ28
15H.バルベラドゥカティ16
16L.バズYAMAHA FORWARD14
17A.バウティスタアプリリア11
18ジャック・ミラーHonda11
19S.ブラドルYAMAHA FORWARD9
20M.ピロドゥカティ8
21ニッキー・ヘイデンHonda8
22ユージン・ラバティHonda7
23青山博一Honda5
24M.ディ・ミリオドゥカティ2
25A.デ・アンジェリスART1

PHOTO GALLERY