MENU

HONDA

検索
MotoGP 第6戦 イタリアGP 決勝
2015/05/31

復帰2戦目のペドロサが4位。マルケスは転倒リタイアに終わる

第6戦イタリアGPは、右前腕部の手術から復帰2戦目を迎えるダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が、予選7番手から表彰台争いのグループに加わり、4位でチェッカーを受けました。次戦カタルニアGPは、ペドロサにとってホームグランプリとなります。右腕がさらに回復することは確実。次戦で、シーズン初の表彰台や優勝が期待できるリザルトでした。予選13番手からすばらしい追い上げをみせて、2番手争いの集団に加わったマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、イアンノーネと激しいバトルを繰り広げますが、18周目の3コーナーでフロントからスリップダウン。惜しくも転倒リタイアに終わりました。

コメント

ダニ・ペドロサ(MotoGP 4位)
「全体的には満足しています。右上腕の調子はどんどんよくなっています。今日は最後までとてもいいレースができたと思います。ほかのライダーとバトルをして、自身の調子が上がっているのを確認できました。次はマシンをよくすることに取り組まなければなりません。そして今後のレースでもっといい結果を出したいです」

マルク・マルケス(MotoGP リタイア)
「一番大変なときを乗りきったところだったので、今日の転倒は残念でした。プラン通りに最初の5周でポジションを上げることができて満足しています。3周を終えて2番手まで追い上げました。でもタイヤのグリップが落ちたことで、以前と同じような問題が出てきました。コーナーの入り口でタイヤがスライドしてコントロールが難しくなり、限界の状態で走っていました。そういうレースのときは、今日のようなアクシデントが起きることがあります。これでチャンピオンシップの順位は、かなり下がってしまいました。でもHondaは一生懸命がんばってくれています。シーズン後半へ向けて、引き続きがんばり、マシンの感触を改善していきます」

リザルト

決勝リザルト
順位 No. ライダー マシン F/O タイム
199J.ロレンソヤマハF41'39.173
229A.イアンノーネドゥカティF+5.563
346V.ロッシヤマハF+6.661
426ダニ・ペドロサHondaF+9.978
538B.スミスヤマハF+15.284
644P.エスパルガロヤマハF+15.665
725M.ビニャーレススズキF+23.805
851M.ピロドゥカティF+29.152
99D.ペトルッチドゥカティF+32.008
1068Y.ヘルナンデスドゥカティF+34.571
1145スコット・レディングHondaF+38.553
1276L.バズYAMAHA FORWARDO+42.158
138H.バルベラドゥカティO+44.801
1419A.バウティスタアプリリアF+50.435
1550ユージン・ラバティHondaO+53.060
1663M.ディ・ミリオドゥカティO+1'15.265
1717カレル・アブラハムHondaO+1'15.381
1833M.メランドリアプリリアF+1'41.840
RT35カル・クラッチローHondaF+3Laps
RT93マルク・マルケスHondaF+6Laps
RT4A.ドヴィツィオーゾドゥカティF+10Laps
RT6S.ブラドルYAMAHA FORWARDO+20Laps
RT69ニッキー・ヘイデンHondaO+20Laps
RT41A.エスパルガロスズキF+21Laps
RT43ジャック・ミラーHondaO+21Laps
RT15A.デ・アンジェリスARTF+21Laps

総合順位

ライダー(MotoGP)
順位 ライダー マシン 総合ポイント
1V.ロッシヤマハ118
2J.ロレンソヤマハ112
3A.ドヴィツィオーゾドゥカティ83
4A.イアンノーネドゥカティ81
5マルク・マルケスHonda69
6B.スミスヤマハ57
7カル・クラッチローHonda47
8P.エスパルガロヤマハ45
9M.ビニャーレススズキ36
10D.ペトルッチドゥカティ32
11A.エスパルガロスズキ31
12Y.ヘルナンデスドゥカティ26
13ダニ・ペドロサHonda23
14スコット・レディングHonda18
15H.バルベラドゥカティ16
16L.バズYAMAHA FORWARD10
17M.ピロドゥカティ8
18ニッキー・ヘイデンHonda8
19ジャック・ミラーHonda6
20青山博一Honda5
21A.バウティスタアプリリア5
22ユージン・ラバティHonda3
23S.ブラドルYAMAHA FORWARD1

PHOTO GALLERY