MENU

HONDA

検索
MotoGP 第6戦 イタリアGP 予選
2015/05/30

ペドロサが7番手、マルケスが13番手から追い上げのレースに挑む

第6戦イタリアGPの予選は、Honda勢にとって厳しい戦いとなりました。右前腕部の手術からの復帰2戦目を迎えるダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が7番手。2年連続チャンピオンで、今季は総合4位につけるマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、MotoGPクラスへの参戦以降、ワーストグリッドとなる13番手と、ポールポジション(PP)争いに加われず、フロントローを獲得することすらできませんでした。

この日は、雲の多い一日となりましたが、午後は雲の流れが速く、青空がのぞくことも多く、最高気温は22℃まで上昇しました。そのため、初日とほとんど変わらないコンディションとなり、Honda勢にとっては、厳しい走りを強いられる一日でした。

右前腕部の手術を行い、前戦フランスGPで復帰。今大会が復帰2戦目となるペドロサは、初日は14番手だったものの、予選前のフリー走行で7番手までポジションを上げ、予選で7番手をキープしました。とは言え、ムジェロ・サーキットを得意とするペドロサとしては、満足できるグリッドではなく、決勝では上位を狙います。

初日2番手から今季4度目のPPが期待されたマルケスは、午前のフリー走行でセットアップに集中して総合11番手に終わりました。この結果、フリー走行11番手以下で行われるQ1から、Q2進出に挑むことになりましたが、Q1で3番手に終わり、13番グリッドが確定しました。MotoGPクラスへのデビュー以降、ワーストリザルトとなったマルケスですが、アベレージでは優勝争いに加われる速さがあるため、5列目13番手から追い上げのレースに挑みます。

コメント

ダニ・ペドロサ(MotoGP 7番手)
「今日は少しだけうまくいきました。ペースを上げることができたし、ポジションも少し上げられました。ラップタイムも一歩前進しましたが、すごい接戦になったので、グリッドポジションはそれほどよくありませんでした。明日はいいスタートを切らなければなりません」

マルク・マルケス(MotoGP 13番手)
「今日は納得のいかない結果に終わりました。MotoGPクラスにおける最悪の予選結果になりました。午前中は新品タイヤを使わなかったためにQ1へ進むことになってしまいました。そして、トラブルがあり、Q2へは進めませんでした。明日の決勝は、後方からのスタートになるので、苦戦することは明らかです。しかし、明日に向けていいペースがあると思うので、いいスタートを切り、序盤からトップグループで走れるようにがんばりたいです」

リザルト

予選リザルト
順位 No. ライダー マシン F/O タイム
129A.イアンノーネドゥカティF1'46.489
299J.ロレンソヤマハF1'46.584
34A.ドヴィツィオーゾドゥカティF1'46.610
435カル・クラッチローHondaF1'46.657
541A.エスパルガロスズキF1'46.854
651M.ピロドゥカティF1'46.870
726ダニ・ペドロサHondaF1'46.875
846V.ロッシヤマハF1'46.923
925M.ビニャーレススズキF1'46.934
1044P.エスパルガロヤマハF1'47.050
1138B.スミスヤマハF1'47.090
1268Y.ヘルナンデスドゥカティF1'47.423
1393マルク・マルケスHondaF1'47.240
149D.ペトルッチドゥカティF1'47.497
158H.バルベラドゥカティO1'47.978
166S.ブラドルYAMAHA FORWARDO1'48.047
1745スコット・レディングHondaF1'48.120
1876L.バズYAMAHA FORWARDO1'48.133
1969ニッキー・ヘイデンHondaO1'48.298
2017カレル・アブラハムHondaO1'48.366
2119A.バウティスタアプリリアF1'48.477
2263M.ディ・ミリオドゥカティO1'48.503
2343ジャック・ミラーHondaO1'48.572
2450ユージン・ラバティHondaO1'48.638
2515A.デ・アンジェリスARTF1'49.198
2633M.メランドリアプリリアF1'51.391

PHOTO GALLERY