MENU

HONDA

検索
MotoGP 第2戦 アメリカズGP 予選
2015/4/11

マルケスが今季初のポールポジションを獲得

第2戦アメリカズGPの予選は、フリー走行でトップタイムをマークしたマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、1度目のアタックでトップタイムをマーク、さらにタイムを更新しようと2度目のアタックに挑みました。しかし、マシンに異常を知らせるウォーニングランプが点灯したことでマシンをチェンジします。その間、7番手までポジションを落としましたが、最後のアタックで見事に逆転してポールポジション(PP)を獲得しました。

昨年の大会でマルケスは、2分2秒773でPPを獲得しました。今年はマシンをチェンジするハプニングに見舞われましたが、自身が持つサーキットベストタイムを更新、2分2秒135のすばらしいタイムでした。マシンの進化とチームワークのよさを証明することになりました。これでマルケスはアメリカズGPにおいて3年連続でPPを獲得。決勝では3年連続となる勝利を目指します。右腕の手術を行い、今大会は欠場となったダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)の代役として出場の青山博一(Repsol Honda Team)は、旋回性にやや苦しんで18番手。決勝では追い上げのレースに挑みます。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP ポールポジション)
「問題がありましたが、最後にはファステストタイムを出せたのでうれしいです。いつもと違い、初めてセカンドマシンでファステストを出せました。マシンに警告信号が点いたのが見えたので、エンジンを止めました。セカンドマシンで再び出ることができ、時間ギリギリで最後の周回ができました。そして、それがうまくいきました。明日は不安定な天候になることが予想されるので、いいグリッドを獲得することは大事なことでした。明日は重要なレースになります。もしドライならば、準備は整っています。もしウエットになれば、どうなるか分かりません。とにかく、全力で挑むだけです」

青山博一(MotoGP 18番手)
「今日は両セッションともにドライで走ることができ、タイムを2秒上げることができました。しかし、周りのタイムも上がって、ポジション的に昨日とあまり変わらなかったのは残念でした。今回はダニ(ペドロサ)のセッティングで走っています。ブレーキングはすごく安定しているのですが、僕の乗り方では旋回性が悪く感じるところがあり、それがタイムロスにつながっています。しかし、マシンにスピードはありますし、明日はその速さを生かせるように走って、少しでも上のポジションでフィニッシュしたいです」

リザルト

予選リザルト
順位 No. ライダー マシン F/O タイム
193マルク・マルケスHondaF2'02.135
24A.ドヴィツィオーゾドゥカティF2'02.474
399J.ロレンソヤマハF2'02.540
446V.ロッシヤマハF2'02.573
535カル・クラッチローHondaF2'02.613
645スコット・レディングHondaF2'02.674
729A.イアンノーネドゥカティF2'02.792
841A.エスパルガロスズキF2'02.869
944P.エスパルガロヤマハF2'03.161
1038B.スミスヤマハF2'03.440
119D.ペトルッチドゥカティF2'03.741
1225M.ビニャーレススズキF2'03.754
138H.バルベラドゥカティO2'03.926
146S.ブラドルYAMAHA FORWARDO2'04.275
1568Y.ヘルナンデスドゥカティF2'04.313
1663M.ディ・ミリオドゥカティO2'04.392
1750ユージン・ラバティHondaO2'04.875
187青山博一HondaF2'05.086
1943ジャック・ミラーHondaO2'05.156
2076L.バズYAMAHA FORWARDO2'05.214
2117カレル・アブラハムHondaO2'05.261
2269ニッキー・ヘイデンHondaO2'05.569
2319A.バウティスタアプリリアF2'05.595
2415A.デ・アンジェリスARTF2'06.145
2533M.メランドリアプリリアF2'07.267

PHOTO GALLERY