MENU

HONDA

検索
2018/6/28

鈴鹿8耐 ワークス参戦体制について

 株式会社ホンダ・レーシング(HRC)は、7月26日(木)から29日(日)まで、三重県・鈴鹿サーキットで行われる「2017-2018 FIM※1世界耐久選手権シリーズ 最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第41回大会(鈴鹿8耐)」に、Hondaワークスチームとして参戦します。

 鈴鹿8耐では、現在「Team HRC」として、MFJ※2全日本ロードレース選手権のJSB1000クラスに参戦しているHondaワークスチームに、新たなパートナーとなるRed Bullを迎え「Red Bull Honda with 日本郵便」として参戦します。

 マシンは、CBR1000RR SP2をベースとしたワークスマシン「CBR1000RRW」を投入し、ライダーには高橋巧に加え、FIMロードレース世界選手権MotoGPクラスに参戦中の中上貴晶、FIMスーパーバイク世界選手権シリーズに参戦中のレオン・キャミアを起用します。

※1 FIMとは、Fédération Internationale de Motocyclisme(国際モーターサイクリズム連盟)の略称

※2 MFJとは、Motorcycle Federation of Japan(一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会)の略称

◆コメント

高橋巧
高橋巧「今年念願のワークスチームが鈴鹿8耐に復活し、そのワークスチームから参戦できることを、大変うれしく思っています。全日本ロード前半戦の経験を活かしながら8耐に向け上手くマシンの熟成を進められてきていると思います。ここ数年8耐の成績は、優勝から離れています。ワークスチームが復活した以上は勝たなければならないので、王者奪還を目指して頑張ります」

中上貴晶
中上貴晶「10年ぶりに復活したHondaワークスで鈴鹿8耐に参戦できることをライダーとして、またHondaファミリーの一員としてうれしく思っています。優勝できる体制であり、マシンのポテンシャルも感じられましたが、それ以上にチームスタッフの優勝へのこだわりが伝わってきました。鈴鹿8耐優勝の奪還は全てのHondaの皆さんが望んでいることだと改めて感じています。昨年は残念ながら4位という結果に終わってしまいましたが、ワークスで参戦する以上は3人で力を合わせ、優勝を目指します」

レオン・キャミア
レオン・キャミア「鈴鹿8耐にHondaワークスチームから参戦できることをとても楽しみにしています。8耐に向けテストを重ね万全の状態で鈴鹿8耐に臨みたいと思っています。チームメートの高橋巧選手は8耐で3回の優勝経験があり、中上選手はMotoGPにフル参戦している優れたライダーだと聞いています。8耐で優勝するためには3人の総合力が必要ですが、私はこのプロジェクトは必ず成功するものと信じています」