MENU

HONDA

検索
JMX 第7戦 名阪スポーツランド 決勝
2016/09/11

Team HRCの成田亮が第2戦以来となる両ヒート制覇!

年間9戦が設定されている今季の全日本モトクロス選手権は、シーズンの中盤と終盤を区切る約1カ月半の夏休みを終え、第7戦を迎えました。その舞台は、三重との県境に近い奈良県の山中にある名阪スポーツランド。サンド質の路面を持ち、アップダウンも豊富に備えたハイスピードコースです。

予選日の天候は晴れ。決勝日は、事前の予報では降雨の可能性が高めでしたが、実際には晴れ、両日とも路面はドライコンディションでした。このことからコースは、ギャップやわだちなど、マシンの走行によって刻々と変化することになり、ライダーたちは新たなベストラインを常に探求しながらレースに臨みました。

Team HRCの成田亮と能塚智寛は、ともに参戦クラスのポイントリーダーとして今大会に出場。さらに、2週間後にイタリアで開催されるモトクロス国別対抗戦「モトクロス・オブ・ネイションズ」の日本代表にも選ばれていることから、そちらも意識しながらのレースとなりました。

IA1(450/250)ヒート1
成田は、前日の予選レースを4位でフィニッシュ。スタートで出遅れ、レース後半に順位を落とす展開に、周囲からは心配の声も挙がりました。しかし、決勝ヒート1では、予選での問題点をしっかり改善してホールショット。田中教世(カワサキ)や小島庸平(スズキ)らを従えて、トップでオープニングラップをクリアしました。

2周目、成田はコンマ数秒差ながらペースが速い田中の追撃を許し、両者がテールトゥノーズの状態に。そして3周目、成田は田中の先行を許してしまいました。しかし、これで闘志に火がついた成田は、次周にトップの座を奪い返すことに成功。その背後に田中、小島、池谷優太(スズキ)が続きました。

先頭に返り咲いた成田は、レースが中盤に入るとさらにペースを上げ、6周目に田中を抜いて、背後に迫っていた小島を引き離しにかかりました。緊迫のトップ争いは、レース時間が残り10分を切ってもタイム差が2秒ほどでしたが、終盤になっても安定している成田の走りが、小島のわずかなミスを誘い、両者の差が拡大。成田が今季8勝目を挙げました。

IA1(450/250)ヒート2
ヒート2では、成田は再び好スタートを決め、1コーナーでは小島の先行を許しながらも、すぐさま逆転に成功して、1周目をトップでクリアしました。レース序盤、先頭の成田に小島と田中が1〜2秒ほどの間隔を空けて続き、この3台が4番手以下を徐々に引き離していく展開に。そして4周目には成田がペースを上げ、小島との差を少し拡大しました。

5周目以降も成田はハイペースを守り、レースが中盤に入った7周目の段階で、成田と小島の差は約3.5秒に。次周には、田中が小島をパスして2番手に浮上し、この間に成田はリードを約4.5秒に拡大しました。その後、成田と田中によるトップ争いは、一進一退の状態が続きました。

ところが、レース終盤を迎えた13周目以降、成田のペースが平均して1秒ほど一気に落ち、これで両者は一気に接近。テールトゥノーズの接近戦が開始されました。成田は、14周目と15周目に田中の追撃を受け続けましたが、16周目に再びペースを上げ、逆に田中は大きくダウン。これによりレースは、再び成田が勝利しました。

IA2(250/125)ヒート1
ヒート1は、ホールショットは道脇右京(TEAM KOHSAKA)。Honda勢では、古賀太基(N.R.T.)が4番手、田中雅己(TEAM ナカキホンダ)が5番手で1周目をクリアしました。Team HRCの能塚智寛はスタートで大きく出遅れ、1周目は13番手。道脇は、3周目と5周目に1つずつ順位を落とし、その後方には古賀や竹中純矢(スズキ)など、5台のマシンが僅差で続きました。

6周目、道脇は7番手にダウンして、古賀は竹中の先行を許す展開。古賀はその後に2度の転倒を喫して後退しました。中盤、竹中の背後に迫ったのは能塚と田中。13周目にトップの渡辺祐介(ヤマハ)がリタイアしたことから、これが2番手争いに昇格しました。しかし、3台の差は縮まっても順位変動には至らず。19周のレースは岡野聖(ヤマハ)が勝利し、能塚が3位、田中が4位となりました。

IA2(250/125)ヒート2
ヒート2では、渡辺と岡野に続いて、横澤拓夢(N.R.T.)が3番手で1コーナーをクリア。岡野、横澤、渡辺、古賀、田中、竹中、能塚の順で1周目をクリアしました。2周目、横澤は渡辺に抜かれ、能塚は竹中をパス。3周目以降、横澤は岡野と渡辺に差を拡大され、背後にはさらに3台のHonda勢が続きました。4周目、集団の中で能塚は田中をパス。さらに次周、古賀と横澤を抜きました。

これにより能塚は3番手となりましたが、この段階ですでに、トップの岡野を僅差でマークする2番手の渡辺とは、約8.5秒もの差がついていました。前が開けた能塚は、次周には1秒近くペースを上げて反撃開始。しかし、その後はペースが上がらず、終盤には田中の追撃を許しました。それでも、最後は粘って田中を引き離し、能塚は岡野と渡辺に次ぐ3位でゴール。田中が4位となりました。

コメント

成田亮(IA1 優勝/優勝)
「予選は、細かいギャップが多くてミスしやすい状況だったので、無理せず走りました。ここのスタートはあまり得意ではないので、決勝に向けてクラッチやスロットルの操作に関するデータを検証したり、マシンセッティングを見直したりして、スタートで上位を確保する工夫をして臨みました。小島選手がケガをしていたり、平田選手が出場停止だったり、新井選手があまり得意ではないコースだったりと、ライバルたちの状況も自分には有利に働いたと思います。路面が荒れたコースでは、テクニックを持つベテラン勢が上位にくることはわかっていたので、田中選手に追われているときも特に驚きはありませんでした。ヒート1は油断して一度は抜かれてしまったのですが、基本的には抜かれなければあきらめてくれると信じていました」

芹沢直樹 | Team HRC監督
「IA1では、5戦ぶりとなる両ヒート優勝を飾ることができました。このサマーインターバルで、成田はかなり乗り込みを続けてきて、その疲労がたまっている印象もあったので、正直なところ不安な気持ちでレースを迎えました。そんなこちらの心配をよそに、本番に向けてしっかりピークを持ってくるところは、さすが成田といったところだと思います。レース展開に関しても、両ヒートとも完全にコントロールしていました。シリーズタイトル獲得に向け、本当に価値のある両ヒート制覇だと感じました。IA2の能塚は、毎戦で確実に40点以上、つまり表彰台圏内でゴールするという、最低限の目標はクリアしたのですが、ライバルも好調をキープしており、結果的にポイント差を詰められてしまいました。この差はないものと考えたほうがよいと思います。しかしそのぶん、考え方としては非常にシンプルとなり、とにかく残り2戦4ヒートでしっかり勝つことだけを目標にしていきます。2週間後の「モトクロス・オブ・ネイションズ」は、速さを磨けるのでちょうどよいタイミングです」

能塚智寛(IA2 3位/3位)
「両ヒートともスタートで前に出られず、これが順位に影響を与えてしまった部分も多くありました。原因は、自分の反応速度だと思います。レース中もマシンは完ぺきな状態で、ヒート1は腕上がりの症状に少し苦しめられたところもあるのですが、ヒート2はそれもなく、とにかくペースの悪さがネックとなってしまいました。ヒート2は、終盤に一度は田中選手の追撃を受けましたが、ヒート1では途中からペースの落ち込みがひどかったので、このレースはとにかく最後まで全力を尽くそうと考えて走った結果、とりあえず表彰台圏内は確保することができました。ポイントランキングでは少しリードしていますが、残り4ヒートはこの差がないものと考えて、毎レースで勝利を狙っていきたいと思っています」

リザルト

IA1(ヒート1)
順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1982成田亮Honda1932'20.477
21小島庸平スズキ19+00'06.318
38田中教世カワサキ19+00'11.226
4331新井宏彰カワサキ19+00'18.998
57安原志ヤマハ19+00'23.181
69星野裕カワサキ19+00'25.476
714池谷優太スズキ19+00'45.419
82熱田孝高スズキ19+00'54.214
9100北居良樹KTM19+01'03.927
1042稲垣達樹スズキ19+01'04.492
 
1141馬場大貴Honda19+01'05.702
1760垣内伊吹Honda18+1Lap
1801長門健一Honda17+2Laps
IA1(ヒート2)
順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1982成田亮Honda1932'33.450
28田中教世カワサキ19+00'08.011
31小島庸平スズキ19+00'13.165
42熱田孝高スズキ19+00'14.239
59星野裕カワサキ19+00'19.885
6331新井宏彰カワサキ19+00'29.453
742稲垣達樹スズキ19+00'46.310
812伊藤正憲ヤマハ19+00'49.328
97安原志ヤマハ19+00'50.100
104小方誠カワサキ19+00'51.089
 
1341馬場大貴Honda19+01'44.614
1560垣内伊吹Honda18+1Lap
IA2(ヒート1)
順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
131岡野聖ヤマハ1932'15.340
229竹中純矢スズキ19+00'02.584
328能塚智寛Honda19+00'05.847
4113田中雅己Honda19+00'09.170
538池本凌汰スズキ19+00'26.438
6912小川孝平Honda19+00'42.873
743北原岳哲カワサキ19+00'52.290
839道脇右京Honda19+00'54.322
954渡辺涼太カワサキ19+01'05.455
1037馬場亮太ヤマハ19+01'07.798
 
1236横澤拓夢Honda19+01'18.978
1750辻拓人Honda19+01'25.312
2058高輪喜樹Honda19+01'35.406
2102鈴村英喜Honda19+01'37.404
22122古賀太基Honda19+01'40.313
2505森優介Honda17+2Laps
2681岩本徳雄Honda17+2Laps
IA2(ヒート2)
順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
131岡野聖ヤマハ1932'07.504
232渡辺祐介ヤマハ19+00'07.704
328能塚智寛Honda19+00'11.582
4113田中雅己Honda19+00'19.062
529竹中純矢スズキ19+00'31.707
636横澤拓夢Honda19+00'34.515
7912小川孝平Honda19+00'39.820
8122古賀太基Honda19+00'48.526
937馬場亮太ヤマハ19+00'58.178
1052植田翔太カワサキ19+00'59.894
 
1405森優介Honda19+01'27.658
1639道脇右京Honda19+01'33.147
1902鈴村英喜Honda19+01'36.525
2058高輪喜樹Honda19+01'42.318
2250辻拓人Honda18+1Lap
2881岩本徳雄Honda16+3Laps

ポイント

IA1
順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
-1982成田亮Honda301
-2331新井宏彰カワサキ254
31小島庸平スズキ240
42熱田孝高スズキ233
59星野裕カワサキ183
699平田優ヤマハ182
IA2
順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
-128能塚智寛Honda295
-231岡野聖ヤマハ284
3912小川孝平Honda228
-432渡辺祐介ヤマハ224
5122古賀太基Honda221
-629竹中純矢スズキ209

スケジュール

    PHOTO GALLERY