MENU

HONDA

検索
JMX 第5戦 神戸空港島特設コース 決勝
2016/07/03

成田が2位/6位でレースを終えて総合4位。ランキングトップを守る

今季の全日本モトクロス選手権は年間9戦が設定されていることから、今回がちょうど折り返し地点。シーズン後半の行方を占う、第5戦神戸大会が行われました。この大会は、神戸空港がある人工島の一角に設けられた、スーパークロスの要素が色濃い特設コースが舞台。市街地からの近さと公共交通機関によるアクセスのしやすさが魅力です。

基本のレイアウトを昨年からほぼ踏襲。そこに、水はけのいい砂礫(砂や小石)に加えて今年は赤土系の山土も搬入して設立されたコースは、リズムセクションやタイトターンが多くあり、1周の距離は短く、パッシングポイントは少なめ。柔らかめの路面には、走行によって深いわだちやギャップが生まれました。

ちょうど梅雨の中休みにぶつかったことから、今大会は天候に恵まれ、予選が行われた土曜日が晴れ、決勝レースで盛り上がった日曜日が曇りときどき晴れ。最高気温は30℃前後まで上昇しましたが、海からの風が強めに吹いたことで、実際の気温よりはやや低めの体感でした。

IA1(450/250)ヒート1
今季これまでに6勝を挙げ、シリーズランキングをトップで今大会を迎えたTeam HRCの成田亮は、決勝ヒート1で抜群のスタートダッシュを披露して、オープニングラップをトップでクリア。レース序盤、新井宏彰(カワサキ)を僅差で従え、ポジションを譲ることなく周回を重ねていきました。

レースが中盤に入ると、成田と新井の2台に小島庸平(スズキ)と深谷広一(スズキ)が近づき、トップグループは4台に。しかし4番手の深谷は、集団からやや離れた位置を走行していたことから、実際には成田と小島と新井が、接近戦のトップ争いを繰り広げることになりました。

トップの座を奪おうとプレッシャーをかける小島と新井に対して、成田も必死の応戦。3台によるバトルは、数周にわたって続きました。そうして18周目、ついに成田は小島の先行を許してしまいました。すると今度は、新井が成田に肉迫。しかしこちらのアタックは最後まで防ぎ、成田は25周でチェッカーとなったレースを2位でゴールしました。

IA1(450/250)ヒート2
ヒート2の成田は、パッシングポイントが少ないこのコースで最も重視してきたスタートがやや決まらず、オープニングラップを5番手でクリア。それでも、3周目には小方誠(カワサキ)と熱田孝高(スズキ)をパスして3番手に順位を上げると、前を走る小島や田中教世(カワサキ)に迫り、5周目には一気にトップも狙える位置を確保しました。

6周目、まずは小島の攻略に成功した成田は、次周から田中を僅差でマーク。成田の背後には小島、小方、平田優(ヤマハ)が続き、上位勢は大混戦となりました。9周目、成田は田中をパスしてトップに浮上。しかし背後には、7番手に下がった小方までが、わずかの差で続く状況となりました。

レース後半、序盤の追い上げで体力を消耗した成田は一気にペースを落とし、これにより周回ごとにライバルたちの先行を許す展開に。必死の粘りも通じず、25周のレースを7番目にゴールしました。ただレース後、トップでチェッカーを受けた平田にコースショートカットのペナルティーによる1周減算が科せられ、成田は繰り上がって6位となりました。

IA2(250/125)ヒート1
Team HRCの能塚智寛は、予選ヒートレースで転倒。シード権を行使して決勝に進出しました。能塚のスタート位置は、30台が横一列に並んださらに後方という不利な条件でしたが、それでも1周目を17番手でクリア。またトップには、古賀太基(N.R.T.)が立ちました。レース序盤から中盤にかけ、古賀を岡野聖(ヤマハ)と田中雅己(TEAMナカキホンダ)がマークしました。

11周目、集団の中で順位を上げていた田中が古賀をパス。ところが、田中は21周目に転倒を喫し、そのままリタイアとなりました。レース後半の古賀はペースが上がらず、これを1周目8番手から追い上げた小川孝平(Team ITOMO)が17周目に、そして追い上げを続けた能塚が20周目にパス。レースは25周で終了となり、小川が2位、能塚が3位に入りました。

IA2(250/125)ヒート2
ヒート2では、古賀が再び好スタートを決め、1周目をトップでクリアしました。一方、竹中純矢(スズキ)を挟み、小川と田中も好位置を確保。能塚は1周目14番手と、ヒート1よりも上位でレースをスタートさせました。序盤、古賀がミスで順位を5番手に下げ、田中は岡野の先行を許す展開に。小川は、トップに立った竹中を僅差でマークし、トップに浮上するチャンスをうかがっていました。

レースが中盤に入ると、竹中に小川と田中が接近して、3台によるトップ争いが展開。これに岡野も加わり、再び上位勢は混戦となりました。終盤、岡野がトップに立ち、小川は2番手をキープ。古賀は渡辺祐介(ヤマハ)にもパスされましたが、ラスト3周で渡辺がミスをしたことから、3番手に返り咲きました。しかし、最終ラップで転倒してしまい、渡辺と能塚が先行。最終的に小川が2位、能塚が3位、古賀が5位となりました。

コメント

成田亮(2位/6位)
「決勝では、予選で悪かったスタートに集中して臨みました。その結果、ヒート1ではしっかり前に出ることができ、中盤までは自分のレース展開に持ち込めました。ところが終盤は体力的に厳しくなり、小島(庸平)選手も乗れていたことから、負けてしまいました。もう少し踏ん張りたいところでしたが、スタートから前を走っていたことで、後ろを意識しながらの周回となり、ラインの自由度も少なかったと思います。ヒート2は、スタートで少し遅れてしまい、なんとかトップに立ったところで、疲れきってしまいました。やはり、暑いのが苦手なのは変わっていませんね。昨年、この大会でふがいない走りをしてしまい、苦手意識もあったと思います。次戦以降は好きなコースが続くので、連勝を狙っていきます」

芹沢直樹 | Team HRC監督
「今大会のコースは、1周のラップタイムが短く周回数が増えることから、路面が荒れることは予想していました。さらに気温が上昇するという予報だったので、厳しいレースになると感じていました。そうした中、IA1の成田はヒート1で好スタートを決めたのですが、これが裏目となり、他車のラインを見て自分の走りを修正することができませんでした。それでも、粘りの走りで2位と、納得のリザルトでした。ヒート2は残念な結果に終わりましたが、総合成績では4位ですから、シーズンを通して考えたときには、最低限の仕事ができたと思います。次戦からは得意なコースが続くので、チームとしてはそれほど心配していません。IA2の能塚は、予選で絶対にやってはいけないミス。チームとしても2列目スタートに対するノウハウは持っておらず、出遅れることは明らかだったので、スタートに関する緊張を取り除き、とにかく前を目指すことだけを指示しました。ランキング2位とのポイント差が縮まってしまったので、次戦は“再び開幕”という新たな気持ちで挑みます」

能塚智寛(3位/3位)
「予選では、自分の判断ミスで他車と接触して転倒。このときに、腕がマシンの下敷きになってしまい、再スタートに時間を要したことから、予選落ちとなってしまいました。シード権ライダーの決勝スタート位置は、みんなが横一列に並んださらに後方だったので、とにかく前だけ見て走っていこうと誓っていました。結果的には両ヒートとも3位でしたが、特にヒート2は、ライバルたちが自滅したことによるタナボタでした。今回のことで、最後尾からスタートした場合は3位までしか上がれないということが、はっきり証明されました。どんな状況でも勝つためには、もっと速くなるしかありません。岡野(聖)選手らの調子がいいなか、自分だけが調子を崩している場合ではありません。流れを引き戻すだけでなく、進化を目指します」

リザルト

IA1(ヒート1)
順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
11小島庸平スズキ2532'10.608
2982成田亮Honda25+00'02.536
3331新井宏彰カワサキ25+00'03.900
413深谷広一スズキ25+00'10.168
54小方誠カワサキ25+00'21.750
62熱田孝高スズキ25+00'27.550
IA1(ヒート2)
順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
113深谷広一スズキ2532'30.043
2331新井宏彰カワサキ25+00'03.091
31小島庸平スズキ25+00'06.011
44小方誠カワサキ25+00'06.867
58田中教世カワサキ25+00'23.184
6982成田亮Honda25+00'34.669
IA2(ヒート1)
順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
131岡野聖ヤマハ2532'08.684
2912小川孝平Honda25+00'09.433
328能塚智寛Honda25+00'15.073
4122古賀太基Honda25+00'19.142
532渡辺祐介ヤマハ25+00'21.484
629竹中純矢スズキ25+00'29.712
IA2(ヒート2)
順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
131岡野聖ヤマハ2532'06.053
2912小川孝平Honda25+00'04.463
328能塚智寛Honda25+00'15.099
432渡辺祐介ヤマハ25+00'20.480
5122古賀太基Honda25+00'24.603
629竹中純矢スズキ25+00'25.947

ポイント

IA1
順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
-1982成田亮Honda222
21小島庸平スズキ185
399平田優ヤマハ182
4331新井宏彰カワサキ174
52熱田孝高スズキ162
613深谷広一スズキ158
IA2
順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
-128能塚智寛Honda210
-231岡野聖ヤマハ199
3912小川孝平Honda173
4122古賀太基Honda170
-532渡辺祐介ヤマハ155
-629竹中純矢スズキ141

スケジュール

    PHOTO GALLERY