MENU

HONDA

検索
JMX 第4戦 スポーツランドSUGO 決勝
2016/06/05

成田が総合優勝でランキング首位を守る

HondaのワークスチームであるTeam HRCから参戦するIA1の成田亮とIA2の能塚智寛に加えて、LADIESクラスの中野洋子(T.E.SPORT)もシリーズランキングトップをキープして、シーズン中盤戦に突入した全日本モトクロス選手権。第4戦は、今季最終戦の舞台にも設定されている宮城県のスポーツランドSUGOで開催されました。

2つの丘をつなぐように、自然の地形を生かしながらレイアウトされたコースは、アップダウンに富むハイスピードかつテクニカルな構成。近年は、大会ごとに細部の仕様が変更されることが多く、勝利を目指すライダーたちには優れた対応力も要求されます。決勝が繰り広げられた日曜日の天候は晴れときどき曇り。午前中は蒸し暑さも感じましたが、午後になってやや涼しくなり、過ごしやすい環境となりました。レースウイークに入って好天が続いたことから、路面はかなり乾いた状態。それでも日曜日は、入念なコース整備でほこりの発生が最小限に抑えられました。

IA1(450/250)ヒート1
前戦のヒート2で、開幕から続いていた成田の連勝がストップ。とはいえ、成田はランキング首位でこの地元大会を迎えました。決勝ヒート1、その成田は最高のスタートダッシュで1コーナーに飛び込み、トップでクリア。しかし、混戦の中で熱田孝高(スズキ)の先行を許し、オープニングラップは2番手でした。

2周目、熱田をパスした成田が再びトップに浮上。しかしその後、成田はリードを拡大できず、熱田や小島庸平(スズキ)、新井宏彰(カワサキ)、平田優(ヤマハ)のマークを許していました。レースが中盤に入った6周目、熱田に代わって小島が2番手となりましたが、その状況は変わりませんでした。

レース前半が終わった8周目の段階で、成田のリードはわずか約1秒。追い上げてきた深谷広一(スズキ)までもがトップグループに加わり、プレッシャーがかかる状況の中、それでも成田は懸命に逃げを図りました。そして、集団の中で最後まで追いすがった小島を約1.8秒差で抑え、今季6勝目をマークしました。

IA1(450/250)ヒート2
ヒート2での成田は、スタート直後に待ち構える急勾配の大きな坂に4番手で進入すると、まずは前を走っていた熱田をパスして3番手にポジションアップ。平田と小方誠(カワサキ)を追って2周目に突入しました。そして、この周のうちに小方を攻略。その勢いを保ったまま、今度は先行逃げきりを図る平田を追いました。

しかし、両者のラップタイムはほとんど変わらず、コンマ数秒の違いが生まれる程度。息が詰まる展開の中、成田は逆に平田にリードを広げられることに。それでも、6周目の時点でその差は約2.2秒と、少しのミスですぐに順位が入れ替わる位置で、成田は平田にプレッシャーを与え続けました。

その後、成田はハイペースを維持し続けましたが、平田との差は縮まらず、レースが終盤に入ったところで、5秒以上の差を与えてしまいました。ラスト数周、成田の背後には小島と熱田が接近。そしてラスト2周でテールトゥノーズになりました。しかし最後は、成田がスパートしてポジションを守り、2位でゴールして総合優勝を獲得しました。

IA2(250/125)ヒート1
Team HRCの能塚智寛は、開幕から6ヒート無敗でこの第4戦に挑みました。ところが、予選で大転倒を喫して5番手で決勝に進出すると、ヒート1ではスタート直後に12台ほどが絡むクラッシュの一員となり、19番手からのレースとなりました。さらに能塚は2周目、転倒を喫して26番手に後退。13番手まで追い上げた9周目にも再び転倒してしまいました。

最後まで走行を続けた能塚ですが、ノーポイントの22位に終わりました。Honda最上位となったのは小川孝平(Team ITOMO)。能塚と同じくスタート直後のマルチクラッシュで出遅れましたが、最初の5周で8番手までポジションを回復すると、さらに追い上げを続け、ラスト5周で田中雅己(TEAMナカキホンダ)や古賀太基(N.R.T.)などをパスして、4位に入賞しました。

IA2(250/125)ヒート2
ヒート2でホールショットを奪ったのは田中。しかし、ヒート1を勝利した岡野聖(ヤマハ)、古賀、能塚が先行して2周目に入ると、ここで古賀と能塚が岡野をパスして、序盤からHonda勢が1-2態勢を築きました。レース序盤、古賀はハイペースでの周回を続け、レースが中盤に入った6周目の段階で、2番手をキープする能塚に対して約2.5秒のリードを確保。一方で能塚は、9周目に岡野の逆転を許しました。

この段階で、トップを走る古賀のリードは約3秒。しかしここから、古賀は岡野の接近を許し、レースが残り4周となった14周目には、その差がほぼなくなってしまいました。それでも古賀は、トップを死守し続けていましたが、ラスト2周でまさかの転倒。すぐに再スタートするも、岡野からは遅れてしまい、2位でフィニッシュしました。また能塚は、3位に入りました。

コメント

成田亮(優勝/2位)
「今回の路面は、いつものスポーツランドSUGOよりも、走行によるワダチやギャップが深くなりにくいコンディションでした。いわゆる平らな状態であったため、トップライダーのタイム差が非常に少なく、これが苦労する要因となりました。ヒート1は、最初から前を走っていたことで、この状況が自分にとって有利に働きましたが、逆にヒート2では、トップの平田(優)選手を追う状況となりました。レース中盤に少しアタックをかけたのですが、やはりわずかの差が縮まりませんでした。とはいえ、総合優勝は獲得できたので、上出来だと思います。次戦の神戸大会は、スーパークロスの要素が含まれたコースで、僕が得意とするところ。そこを皮切りに、再び勝利を積み重ねていけると信じています」

芹沢直樹 | Team HRC監督
「ギャップができづらく、タイム差が少ないレースになることは、チームとしても直前に想定していましたが、成田はそういう状況でも、しっかり結果を残してくれました。接戦の場合、序盤から前を走るというのは、それはそれでプレッシャーがかかりますが、見事に走り抜いてくれました。ヒート2もタフなレースとなりましたが、最後までポジションを落とすことなく総合優勝につなげてくれたので、シリーズを考えた場合には非常にいい結果だったと思います。IA2の能塚は、これで連勝がストップしましたが、ずっと勝ち続けるというのは難しいと考えていましたし、負けることも想定していました。ところが、ヒート1はその想定以上に厳しい結果となり、ヒート2でも悪い流れを断ち切れずに勝利を逃しました。しかし、これで能塚自身も、今の自分に足りない要素に気づいたはずです。今後のことを考えれば、この負けは悪いことばかりではないと思います。これをさらなる飛躍につなげるために、チーム一丸となって課題の克服に挑んでいきたいです」

能塚智寛(22位/3位)
「1つの大会で4度も転倒して連勝がストップ。本当に悔しさだけが残りました。振り返ってみれば、予選日の練習走行に対する考えや入り方から、すでに間違えていたのだと思います。今季はこれまで、最初からトップタイムということが多かったです。それで、今回もいけるはずだと少し甘く考えていたら、そうはならず、そこにちょっと引っかかりながら予選に挑み、転倒を喫しました。事前テストのときとはコースコンディションがかなり違っていて、それに対して最初からうまく順応できなかったことも、敗因の一つだと思います。マシンは完ぺきでしたし、体調もよかっただけに、気持ちの部分だけで落としたレースとしか言いようがありません。与えられた課題を、必ず克服します」

リザルト

IA1(ヒート1)
順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1982成田亮Honda1732'04.490
21小島庸平スズキ17+00'01.820
32熱田孝高スズキ17+00'05.607
499平田優ヤマハ17+00'08.113
513深谷広一スズキ17+00'09.660
6331新井宏彰カワサキ17+00'20.128
74小方誠カワサキ17+00'22.725
89星野裕カワサキ17+00'39.656
98田中教世カワサキ17+00'50.846
10100北居良樹KTM17+00'53.218
 
1101長門健一Honda17+00'54.273
1241馬場大貴Honda17+00'54.344
1617島崎優Honda17+01'55.932
IA1(ヒート2)
順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
199平田優ヤマハ1732'06.433
2982成田亮Honda17+00'01.699
31小島庸平スズキ17+00'04.347
42熱田孝高スズキ17+00'10.737
54小方誠カワサキ17+00'14.374
613深谷広一スズキ17+00'18.393
7331新井宏彰カワサキ17+00'21.786
89星野裕カワサキ17+00'38.488
9100北居良樹KTM17+00'59.951
108田中教世カワサキ17+01'01.874
 
1141馬場大貴Honda17+01'10.957
1301長門健一Honda17+01'27.125
IA2(ヒート1)
順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
131岡野聖ヤマハ1833'38.207
232渡辺祐介ヤマハ18+00'13.971
329竹中純矢スズキ18+00'31.171
4912小川孝平Honda18+00'43.932
552植田翔太カワサキ18+00'47.278
6113田中雅己Honda18+00'52.702
7122古賀太基Honda18+00'57.588
839道脇右京Honda18+01'03.036
943北原岳哲カワサキ18+01'04.855
1035斉藤嵩スズキ18+01'06.349
 
1558高輪喜樹Honda18+01'36.026
1636横澤拓夢Honda18+01'39.031
1805森優介Honda18+01'40.594
2228能塚智寛Honda17+1Lap
RT50辻拓人Honda5DNF
IA2(ヒート2)
順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
131岡野聖ヤマハ1732'21.744
2122古賀太基Honda17+00'04.239
328能塚智寛Honda17+00'10.499
429竹中純矢スズキ17+00'16.347
5912小川孝平Honda17+00'29.095
636横澤拓夢Honda17+00'34.294
732渡辺祐介ヤマハ17+00'36.257
852植田翔太カワサキ17+00'37.114
938池本凌汰スズキ17+00'58.197
10113田中雅己Honda17+01'03.663
 
1250辻拓人Honda17+01'09.566
1305森優介Honda17+01'09.747
1602鈴村英喜Honda17+01'14.618
2139道脇右京Honda17+01'40.537
2258高輪喜樹Honda17+01'43.158

ポイント

IA1
順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
-1982成田亮Honda185
299平田優ヤマハ158
31小島庸平スズキ140
42熱田孝高スズキ138
5331新井宏彰カワサキ132
66三原拓也ヤマハ116
IA2
順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
-128能塚智寛Honda170
231岡野聖ヤマハ149
3122古賀太基Honda136
-4912小川孝平Honda129
-532渡辺祐介ヤマハ121
629竹中純矢スズキ111

スケジュール

    PHOTO GALLERY