MENU

HONDA

検索
JMX 開幕戦 HSR九州 決勝
2016/4/3

成田亮が5年連続で開幕戦両ヒート優勝を達成

全日本モトクロス選手権は、今季も熊本県にあるHondaのホームコースでシーズンイン。Hondaの二輪車の国内生産を担う熊本製作所の敷地内に設けられた、複合モータースポーツ施設であるHSR九州は、5年連続で開幕戦の地となりました。

昨年よりも1戦少なくなり、2012〜14年と同様に年間9戦となった今季の全日本モトクロス選手権。HondaのワークスチームであるTeam HRCは、最高峰クラスのIA1には成田亮が引き続き参戦。ワークスマシンのCRF450RWを駆り、タイトル奪回を狙います。またIA2には、Hondaに移籍した能塚智寛がワークスマシンのCRF250RWで出場して、Hondaの連覇を狙います。

HSR九州のモトクロスコースは、14年の開幕前に完全リニューアル。世界選手権コース級の広いコース幅を誇ります。さらに今大会の直前には、大量の山砂を運び込みながら、入念な整備がされました。天候は、予選が行われた4月2日(土)は晴れて気温が上昇。3日(日)は朝から薄日が差す曇り空で、昼過ぎから弱めの雨が降り続きました。

IA1(450/250)ヒート1
HSR九州を舞台とした過去4年の開幕戦では、ドライあるいはマディといった路面状況にかかわらず、いずれも両ヒート制覇を達成しているTeam HRCの成田亮。今年も、ドライコンディションに恵まれた予選をトップでクリアすると、決勝ヒート1のスタート直後から鋭い走りを披露しました。

ホールショットこそ新井宏彰(カワサキ)に譲ったものの、しっかり上位勢に加わって1コーナーをクリアした成田は、オープニングラップにすかさずトップへ浮上。すると2周目には、ライバル勢を1秒以上も上回るファステストタイムを叩き出して、逃げきり態勢に入りました。

この2周目には、2番手を小島庸平(スズキ)ですら、ハイペースを守る成田についていくことはできず、成田が次第に独走状態へ。後続との差が10秒以上に拡大してからもペースを緩めず、次第に落ちていったラップタイムをラスト2周で再び上げ、後続と約25秒差でトップチェッカーを受けました。

IA1(450/250)ヒート2
午後から降り始めた小雨の影響で、ヒート2は滑りやすく変化する状況の中でスタート。小島と北居良樹(KTM)を追って、成田は3番手で1コーナーを立ち上がりました。しかしヒート1と同じく、1周目前半にポジションアップを果たし、多くのHondaファンや関係者が見守っていたコース後半には、トップで戻ってきました。

難しい路面状況ということもあり、ヒート1とは打って変わって、序盤の成田はやや慎重な走り。そのため3周目あたりまでは、小島や熱田孝高(スズキ)らを背後に引き連れる状態が続きました。しかし、4周目から5周目にかけてハイペースをキープすると、これで後続との差が5秒近くに広がりました。

7周目には成田にややミスがでましたが、すぐにペースを取り戻し、レースが後半に入る8周目エンドの段階で、2番手を走る平田優(ヤマハ)との差は約7秒に。その後も一人旅を続けた成田は、最終的には10秒以上の差をつけ、16周のレースで勝利を収めました。これで成田は、5年連続で開幕戦ダブルウインを達成しました。

IA2(250/125)ヒート1
IA2クラスのヒート1では、今年からTeam HRCに加入した能塚智寛が、最初の全日本決勝レースで気合十分のスタート。1周目をトップでクリアしました。これに古賀太基(N.R.T.)、ルーキーの森優介(TEAM ITOMO)、小川孝平(Team ITOMO)が続き、Honda勢がトップ4に。2周目以降、森は次第にポジションを落としましたが、古賀と小川は能塚から少し遅れながら、2番手争いを繰り広げました。

能塚は3周目に最速タイムを刻み、序盤からリードを拡大。2番手が岡野聖(ヤマハ)に代わった5周目の段階で、7秒ほど先行しました。そして、レース中盤には岡野に少し距離を詰められましたが、最後は再び差をつけ、能塚が勝利を収めました。岡野に次ぐ3位には、1周目8番手から追い上げた田中雅己(TEAMナカキホンダ)、5位には小川、6位には古賀が入りました。

IA2(250/125)ヒート2
ヒート2で好スタートを切ったのは、竹中純矢(スズキ)と田中でした。それを追いかけた能塚が、オープニングラップでトップに浮上。そして2周目には、早くも約3秒のリードを築きました。ところが3周目で、能塚はブレーキングでミスをしてエンジンストール。これにより5番手までポジションを落とし、竹中がトップ、田中が2番手、古賀が3番手、岡野が4番手となりました。しかしここから、能塚が怒とうの追い上げを披露しました。

4周目には、ライバルより約1.5秒も速いファステストラップを叩き出し、一気に古賀と岡野の3番手争いに加わった能塚は、次周以降に1周1台のペースでパッシングを成功させ、8周目にはトップへと返り咲きました。そしてレース後半、ややペースを落としながらもリードを拡大し、両ヒート優勝を達成。田中が2位となり、Hondaの1-2フィニッシュとなりました。

リザルト

IA1(ヒート1)
順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1982成田亮Honda1633'52.273
21小島庸平スズキ16+00'25.361
3331新井宏彰カワサキ16+00'27.241
46三原拓也ヤマハ16+00'39.922
54小方誠カワサキ16+00'40.530
699平田優ヤマハ16+00'56.348
713深谷広一スズキ16+00'59.201
8166星野優位KTM16+01'07.837
9100北居良樹KTM16+01'19.564
109星野裕カワサキ16+01'20.454
 
1441馬場大貴Honda16+01'53.711
1701長門健一Honda15+1Lap
IA1(ヒート2)
順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1982成田亮Honda1634'25.553
299平田優ヤマハ16+00'11.336
32熱田孝高スズキ16+00'13.614
4331新井宏彰カワサキ16+00'14.790
56三原拓也ヤマハ16+00'19.334
61小島庸平スズキ16+00'31.966
78田中教世カワサキ16+00'33.749
813深谷広一スズキ16+00'37.265
99星野裕カワサキ16+00'38.373
10100北居良樹KTM16+01'18.997
 
1441馬場大貴Honda16+02'09.365
1601長門健一Honda15+1Lap
IA2(ヒート1)
順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
128能塚智寛Honda1634'23.045
231岡野聖ヤマハ16+00'07.619
3113田中雅己Honda16+00'19.161
429竹中純矢スズキ16+00'19.578
5912小川孝平Honda16+00'41.216
6122古賀太基Honda16+00'53.141
738池本凌汰スズキ16+00'57.490
836横澤拓夢Honda16+01'08.584
952植田翔太カワサキ16+01'10.264
1002鈴村英喜Honda16+01'17.476
 
1105森優介Honda16+01'20.281
1234大塚豪太Honda16+01'24.511
1350辻拓人Honda16+01'36.324
2371佐々木雅哉Honda15+1Lap
2458高輪喜樹Honda15+1Lap
2639道脇右京Honda14+2Laps
IA2(ヒート2)
順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
128能塚智寛Honda1532'31.766
2113田中雅己Honda15+00'05.611
331岡野聖ヤマハ15+00'13.211
429竹中純矢スズキ15+00'16.722
532渡辺祐介ヤマハ15+00'27.278
6122古賀太基Honda15+00'30.309
7912小川孝平Honda15+00'52.180
802鈴村英喜Honda15+01'07.799
952植田翔太カワサキ15+01'13.868
1036横澤拓夢Honda15+01'15.571
 
1105森優介Honda15+01'19.932
1234大塚豪太Honda15+01'22.409
1650辻拓人Honda15+01'40.352
2576村上洸太Honda14+1Lap
2871佐々木雅哉Honda14+1Lap
RT58高輪喜樹Honda8DNF
RT39道脇右京Honda6DNF

ポイント

IA1
順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
-1 982成田亮Honda50
-2 331新井宏彰カワサキ38
-3 99平田優ヤマハ37
-4 1小島庸平スズキ37
-5 6三原拓也ヤマハ34
-6 2熱田孝高スズキ30
-7 13深谷広一スズキ27
-8 8田中教世カワサキ23
-9 166星野優位KTM23
-10 9星野裕カワサキ23
 
-15 41馬場大貴Honda14
-17 01長門健一Honda9
IA2
順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
-1 28 能塚智寛Honda50
-2 113 田中雅己Honda42
-3 31 岡野聖ヤマハ42
-4 29 竹中純矢スズキ36
-5 912 小川孝平Honda30
-6 122 古賀太基Honda30
-7 02 鈴村英喜Honda24
-8 36 横澤拓夢Honda24
-9 52 植田翔太カワサキ24
-10 05 森優介Honda20
 
-11 34 大塚豪太Honda18
-15 50 辻拓人Honda13

スケジュール

    PHOTO GALLERY