MENU

HONDA

検索
HOME > Team HRC(全日本モトクロス) > 第7戦 近畿大会 決勝

レポート

第7戦 近畿大会 日本 名阪スポーツランド 2014/09/14

Team HRCの成田亮が、IA1ヒート1で今季9勝目をマーク
IA2では、Team HRCの富田俊樹が自身初のパーフェクトウイン

  • 成田亮
  • 成田亮
  • 小方誠
  • 富田俊樹
  • 富田俊樹
  • 富田俊樹
  • 田中雅己

約1カ月間のサマーブレイクが終わり、年間9戦で競われる全日本モトクロス選手権はシーズン終盤に突入。第7戦近畿大会が9月14日(日)、奈良県の名阪スポーツランドで開催されました。

丘陵地に設けられたこのコースは、サンド質の路面を特徴としたハイスピードレイアウト。アップダウンもあり、多彩なコーナーを備えています。一部セクションのデザインが昨年大会から変更され、より見どころが多いコースに改められました。

今大会は天候に恵まれ、土・日ともに晴れ、ときどき曇り。強めの日差しと心地よい風が組み合わさった、絶好の観戦日和となりました。Team HRC勢は、IA1では成田亮がランキングトップで、小方誠が同2番手。IA2では、富田俊樹がトップと26ポイント差のランキング2番手と、3選手がシリーズタイトルを狙える位置で、残り3大会を迎えました。

●IA1(450/250)ヒート1

成田は好スタートを決め、スタート直後にトップを走行。しかし平田優(ヤマハ)に抜かれて、1周目を2番手でクリアしました。小方は、混戦の中で順位を上げようとして転倒し、1周目10番手からの追い上げを強いられました。2周目、トップの平田を猛追していた成田が、転倒により3番手に順位を下げました。

それでも、成田は3周目にこのレースの最速ラップタイムを叩き出し、新井宏彰(カワサキ)をパスして2番手に返り咲くと、トップの平田と約2秒の差を保って周回を重ね、パッシングのチャンスを待ちました。また、小方は5周目には6番手まで順位を上げました。

レースが中盤に入る6周目、成田は平田を抜いてトップに。その後は、激しいライディングで逃げきりを図りました。すると後半、約3秒だった成田と平田の差が徐々に拡大。最終的には成田が十分なリードを得て、19周のレースをトップでゴールしました。小方は、レース中盤に熱田孝高(スズキ)が転倒したことから、5位に入賞しました。

●IA1(450/250)ヒート2

ホールショットを奪ったのは星野優位(SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS)。Team HRC勢はやや出遅れ、成田が6番手、小方が7番手で1周目をクリアしました。2周目になると、星野、平田、三原拓也(カワサキ)、新井、成田までの5台が、縦に長いトップグループを形成。その次の周には、ここから平田が一気に抜け出します。成田は3番手に浮上し、星野は5番手に後退しました。

序盤から逃げきりを図る平田に対し、成田は前を走る三原の攻略に手間取り、3番手をキープ。5番手を走る星野の背後には、小方が迫りました。5周目、成田は三原を抜いて2番手にポジションを上げるも、すでに平田との差は約7秒にまで拡大してしまいました。

6周目、小方が転倒を喫して13番手まで後退。レースが中盤に入ると、成田は平田の独走を許し、さらに新井や三原にも逆転されました。しかし、すぐに三原を再逆転して3番手を死守。最後は三原を突き放し、成田は3位に入賞しました。星野は、深谷広一(TEAM,MOTO,SPORTS,FUKAYA×TEAM,CRF)に次いで6位。小方は10位に終わりました。

●IA2(250/125)ヒート1

好スタートを決めたTeam HRCの富田が、1周目をトップでクリア。レース序盤から積極的に後続を引き離していきました。また、チームメートの田中雅己も好発進して、1周目を3番手でクリア。3周目に2番手へと浮上すると、その後は富田との距離をやや詰めました。しかしレース中盤、田中の背後には能塚智寛(カワサキ)と勝谷武史(カワサキ)が迫りました。

そして8周目、田中は4番手に後退。それでも田中は、あきらめずに再逆転を狙いましたが、11周目に転倒して、3番手の能塚から6秒ほど遅れてしまいました。レース後半になっても、富田は後続に対して5秒以上のリードをキープ。結局、19周のレースを他車の接近を許すことなく走破し、今季3勝目を挙げました。田中は、能塚とわずか約1.5秒差の4位でゴールしました。

●IA2(250/125)ヒート2

ヒート1に続いて富田が好スタートを決め、オープニングラップを勝谷に次ぐ2番手でクリア。さらに、田中も5番手の好位置を確保しました。2周目以降、富田は勝谷のすぐ背後につけて周回。田中は積極的に順位を上げ、3周目には2番手の富田と約7秒差の3番手にポジションを上げると、その勢いを保って、前を走る2台との距離を徐々に縮めていきました。

レースが中盤になっても、勝谷と富田は接近戦を続け、さらに田中は能塚を引き連れながら、富田の約4秒後方に迫りました。レースが間もなく終盤に入ろうかという13周目、ついに富田が勝谷を抜いてトップに浮上。すると直後にスパートをかけ、勝谷を少し引き離しました。そして富田が、自身初となる両ヒート優勝を達成。田中は、終盤に能塚の先行を許して4位でした。

コメント
成田亮   IA1・優勝/3位
「夏休みのアメリカ合宿終盤で、自転車トレーニング中に肩を負傷。合宿の内容はすごくよかったのですが、それを帳消しにしてしまいました。トレーニングもしっかり集中してやる必要があるということを痛感させられました。このケガで大会前はほとんどバイクに乗れず、しかも予選から平田選手が速かったので、危機感を持って決勝に臨みました。実際、ヒート1は平田選手に先行されてしまい、こちらは焦りから何度もクラッシュしそうになり、一度は転倒を喫するなど、厳しい状態でした。しかし、意地の走りでなんとか勝利を得ました。ところが、ヒート1で無理しすぎたことで体力的に厳しくなっていたようで、ヒート2はスタートも決まらず、平田選手に逃げられたことで精神的にも崩れてしまいました。とは言え、悪くても表彰台という目標は達成したので、タイトル争いという点では問題ないと思います」
小方誠   IA1・5位/10位
「ヒート1は、スタートは悪くなかったのに、上位を狙って攻めていったところで転倒。これで、結局は追い上げのレースになってしまいました。ヒート2は、スタート直後に前のライダーが転倒し、これを避けたことでやや出遅れてしまいましたが、その後はいいペースで追い上げられていました。ところが、途中でジャンプをミスして転倒。この際に腹部を強打して、その後はしばらくペースを上げられませんでした。今大会の決勝では、スタートで遅れたこともあり、自分の走りができませんでした。パッシングポイントの少ないコースだったので、スタートは確実に決めるべきだったと反省しています。次戦のコースは、第3戦で総合優勝したグリーンパーク弘楽園。しっかりテストをして、立て直しを図ります」
富田俊樹   IA2・優勝/優勝
「最高に気持ちいいです。この夏休みは、成田選手と一緒にアメリカで合宿。ひたすらバイクに乗るというよりは、効率よくバイクの練習をして、あとは自転車などでトレーニングしていました。それらの成果が、いきなり表れた気がします。ヒート1はスタートが決まって、勝谷選手が2番手に上がってきてからも差が詰まる様子がなかったので、勝利を確信しました。ヒート2は、勝谷選手との直接勝負でしたが、序盤に自分の方がスピードで有利だと分かったので、あとはどこで勝負を挑むかを考えていました。あまり早くに抜いて、ラインを盗まれるのも嫌だったので、あわてず後半に勝負する作戦を選びました。次戦では、第3戦で大負けしたコースで再び勝谷選手に勝って、自分のレベルアップを証明します」
田中雅己   IA2・4位/4位
「ヒート1は、序盤で前走車の処理に手間取っている間に、トップの富田選手に逃げられ、それでもうまく追い上げられたのですが、中盤に少しペースを落としてしまい、能塚選手と勝谷選手の先行を許しました。その後、自分の走りを取り戻して再び2番手浮上を試みたのですが、その際にミスして転倒。最後は、3番手の能塚選手を逆転するには時間が足りませんでした。このレースでかなり体力を消耗した状態で迎えたヒート2は、序盤の追い上げでさらに体力を奪われ、これも影響して中盤にあわや転倒というミス。これでリズムを崩してしまいました。とは言え、今回は両ヒートともトップグループでレースができ、表彰台に立った前戦と合わせ、少しずつ流れはよくなっていると感じています」
芹沢直樹   Team HRC監督代理
「IA2では、富田が言うことがないほどのいいレースをしてくれました。富田はこの夏休みに、成田と一緒にアメリカ合宿へ行っていました。チームとしてもマシンの面で多少のサポートはしましたが、基本的には自費。今大会の結果で、自分に投資することによって大きな成功が得られることを学んでくれたと思います。一方で、田中も表彰台こそ逃しましたが、今季で最も内容が評価できるレースだったと思います。ただし、優勝経験のあるライダーですから、結果には満足していません。調子は上向きなので、さらに上を目指します。IA1では、予選から平田選手が速く、厳しい戦いとなることを想定していましたが、そのような状況でも成田が1つ勝利をもぎ取ってくれました。ヒート2は3位でしたが、チャンピオン争いのことを考えて無理する必要はないというチーム判断もしてあったので、十分な結果だと思います。小方は、前戦からの悪い流れを引きずったままになりました。スタートの悪さとレース中の転倒という2つの課題を克服する努力をしていきます」

リザルト

IA1(ヒート1)

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
11成田亮Honda1932'30.913
23平田優ヤマハ19+00'08.919
3331新井宏彰カワサキ19+00'18.146
4822三原拓也カワサキ19+00'34.867
52小方誠Honda19+00'48.006
612北居良樹KTM19+01'05.448

IA1(ヒート2)

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
13平田優ヤマハ1933'27.252
2331新井宏彰カワサキ19+00'07.288
31成田亮Honda19+00'18.489
4822三原拓也カワサキ19+00'26.508
510深谷広一Honda19+01'02.314
6777星野優位Honda19+01'06.490
 
102小方誠Honda19+01'15.525

IA2(ヒート1)

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
11富田俊樹Honda1932'29.457
2888勝谷武史カワサキ19+00'09.509
343能塚智寛カワサキ19+00'13.595
4113田中雅己Honda19+00'15.089
534安原志ヤマハ19+00'45.596
6010サンタナ・ルカス・ケンジHonda19+00'54.895

IA2(ヒート2)

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
11富田俊樹Honda1933'10.942
2888勝谷武史カワサキ19+00'01.947
343能塚智寛カワサキ19+00'17.526
4113田中雅己Honda19+00'25.264
532竹中純矢スズキ19+00'44.478
634安原志ヤマハ19+00'57.853

総合順位

IA1

順位 ライダー マシン 総合ポイント
1成田亮Honda325
2小方誠Honda265
3熱田孝高スズキ234
4新井宏彰カワサキ233
5平田優ヤマハ187
6深谷広一Honda180
7星野優位Honda177
8三原拓也カワサキ174
9伊藤正憲ヤマハ134
10鈴木正明スズキ123

IA2

順位 ライダー マシン 総合ポイント
1勝谷武史カワサキ308
2富田俊樹Honda288
3竹中純矢スズキ231
4能塚智寛カワサキ210
5安原志ヤマハ198
6岡野聖スズキ183
7井上眞一カワサキ168
8大塚豪太Honda164
9田中雅己Honda159
10サンタナ・ルカス・ケンジHonda102
ページトップへ▲