MENU

HONDA

検索
CBR250R Dream Cup DUNLOP杯
ビギナーチャンピオンシップ 2014
決勝レポート

2014年11月23日(日)、今年から設立されたビギナークラスですが、好天のツインリンクもてぎにてCBR250R Dream Cup DUNLOP杯 ビギナーチャンピオンシップ 2014を初開催。日本全国から31名にチャレンジしていただき、好レースが展開されました。

CBR250R Dream Cup DUNLOP杯 ビギナーチャンピオンシップ 2014

2014年 全日本ロードレース J-GP2クラスチャンピオンの高橋裕紀選手と、2014年 全日本モトクロス IA-1クラスチャンピオンの成田亮選手がゲスト参戦。成田選手は怪我の影響で決勝を走行できませんでしたが、高橋選手は参加者と一緒にレースを走り、後方からの追い上げで盛り上げを見せました。

CBR250R Dream Cup DUNLOP杯 ビギナーチャンピオンシップ 2014CBR250R Dream Cup DUNLOP杯 ビギナーチャンピオンシップ 2014

31台で争われた決勝レースは4台が抜け出し、最終ラップに少し差を広げたNo.7 櫻井武彦選手が優勝。
0.738秒差で2位にNo.18桜井康弘選手。3位には女性ライダーのNo.6 平野ルナ選手が入り、HRC中本副社長からトロフィーを受け取りました。

CBR250R Dream Cup DUNLOP杯 ビギナーチャンピオンシップ 2014CBR250R Dream Cup DUNLOP杯 ビギナーチャンピオンシップ 2014

全国より大勢のご参加をいただき、ありがとうございました。

リザルト

CBR250Rビギナーチャンピオンシップ決勝リザルト (PDF)