MENU

HONDA

検索

HRCの歴史

はじめに
HRCと共に歩む

2007年9月1日はHRCの創立25周年にあたります。

HRCが誕生した1982年という年は、世界グランプリ500ccクラスに2ストローク、3気筒のNS500を投入した年です。

それまで、Hondaは1979年から4ストロークのNR500で世界GPに復帰していましたが、優勝はおろか1ポイントも獲得することができませんでした。当時は私もスタッフのひとりとしてレースの最前線で戦っていました。勝つことができず、悔しかったのですが、“このままでは絶対に終わらない。いつか絶対に勝つ。絶対に世界チャンピオンになってやる!”と悪戦苦闘していました。

そして、1982年7月4日。ベルギーのスパフランコルシャンでF・スペンサーが初優勝をすることが出来ました。あの日のことは、今でも昨日のことのようによく覚えています。

そして、1979年から1982年にいたる努力が、翌1983年のF・スペンサーによるHonda初の500ccライダータイトル獲得につながり、さらには今日に至るまでのHondaライダー達の活躍につながってきたのだと思います。

それから四半世紀を経た今日、私たちは新たな四半世紀に向かって、さらなる挑戦を続けてまいります。

これまでHRCを支えてくださった関係者の皆様に、節目となる25周年を祝っていただけることを感謝しております。

これからもHRCをよろしくお願いいたします。

2007年8月31日
本田技研工業取締役社長(当時)
福井威夫