MENU

HONDA

検索

理念

社長挨拶

代表取締役社長 野村欣滋
代表取締役社長 野村欣滋

モータースポーツの感動。それは、勝つ喜び、目的を達成する喜び、参加する喜び、であり、それらをユーザーの皆様と共有する喜びがホンダ・レーシングの原動力だと考えております。

HRCはレースの厳しい世界から得られる走る実験室としてのハードウェアーの進化・向上のみでなく、ライダー、運営チームと一体になったトータルなレース・マネジメントを通じて、我々のDNAの根幹であるレーシング・スピリッツの醸成に努めています。

今後もモーターサイクルレースを通じてHondaユーザーの皆様へ情熱や感動を提供するとともに、レースで培われた確かな技術を載せた市販車をお客様の元へお届けできるよう、Hondaと共に努力して参ります。

業務内容

世界中のレースに挑戦

1954年の”マン島TTレース出場宣言”以来、Hondaは多彩な二輪レース活動を展開しています。その歴史は、数々の輝かしい戦績に彩られています。私たちHondaの技術と製品から感じていただけるチャレンジング・スピリットは、このようなレース活動への取り組みを原動力としているといっても過言ではありません。
株式会社ホンダ・レーシングは、レースへの熱い情熱を受け継ぐモーターサイクルスポーツのスペシャリスト集団です。世界のモーターサイクルレースに参加し、さまざまなノウハウを蓄積させながら、よりポテンシャルの高いレーシングマシンを開発する上で培った情報をHondaへフィードバックさせています。モーターサイクルスポーツの可能性を追求し、その感動を世界に伝える――。Hondaのチャレンジング・スピリットの継承こそ、私たちの使命と考えています。

Research and Development

Hondaでは新技術・新素材の研究を『R研究(Research)』、商品化への設計開発を『D開発(Development)』と呼び、この二つを一体とすることで良質な商品を提供しています。ホンダ・レーシング及び本田技術研究所二輪R&DセンターではR研究を重視し、当面の目標よりも先を見据えた次世代の技術開発を積極的に推進しています。
R研究によって開発された新しい技術は、「レースは走る実験室」という故本田宗一郎氏の言葉通りいち早くワークスマシンに投入され、さらなる熟成を重ねていきます。このように蓄積された技術情報は本田技術研究所と連携し、本田技研工業の市販車への応用が検討されていきます。

皆様にレース活動の喜びを

モーターサイクルスポーツの感動を、より多くの人に味わっていただくこともホンダ・レーシングの大切な事業のひとつです。世界中のレースで培ったノウハウを活かし開発された、競技専用市販レーサーをリーズナブルな価格で提供。多くのアマチュアライダーの皆様から絶大な支持をいただいております。また、セミワークスともいえる「サテライトチーム」へのサポート活動、未来のトップライダーを育てる「レーシングライダー育成プログラム」の実施など、健全なモーターサイクルスポーツの発展に寄与すべく、地道な活動を幅広く展開しております。
また、ホンダ・レーシングは、全国22カ所、海外7カ所にサービスショップのネットワークを展開。レース専用車やキットパーツの供給からマシンセッティングの情報提供、トラブル解決のお手伝いまで、ユーザーサイドに立った幅広いサポート活動を実施しています。さらにレース場において、セッティングなどのきめ細かいアドバイスを行うサーキットサービスを実施。多くの方々のレース活動をサポートしています。
また、ユーザーを対象にした講習会を開催するなど、ライダーの皆さんが正しいライディングテクニックを修得し、安心してモーターサイクルスポーツを楽しめるよう努めています。

会社概要

社名株式会社ホンダ・レーシング
設立 1982年9月1日
資本金 3億2千万円
代表者 代表取締役社長 野村欣滋
住所 埼玉県朝霞市泉水3-15-1