MENU

HONDA

検索

FIA Formula3 Championship
Round 04
イギリスイギリス

FIA-F3 決勝・レース1

2019.07.13(土)

Silverstone Circuit

第4戦 イギリス

26番手スタートの角田は14番手フィニッシュ
28番手スタートの名取は最終ラップにポジションを落とし25番手

FIA F3選手権第4戦のレース1が午前9時25分にスタートしました。空は厚い雲に覆われ、気温16℃、路面温度23℃で、イギリスらしい肌寒いコンディションです。

角田裕毅(Jenzer Motorsport)は13列目26番手から、名取鉄平(Carlin Buzz Racing)は14列目28番手からと、ともに後方グリッドからスタート。レースでの追い上げを狙います。

好スタートを決めた角田は、ポジションを上げて、1周目で21番手に上昇。名取も一つ上げて27番手で1周目を終えました。その後上位車のアクシデントもあり、5周目には角田が16番手、名取は21番手に上がり、レースは中盤を迎えます。11周目、コースアウトしクラッシュしたマシンが出て、セーフティカーが導入されます。4周に渡るセーフティカー先導走行の後、レースは再開されました。アクシデントの直後を走行していた角田は17番手に下げていましたが、16周目に前車をパスして16番手に。18周目には14番手にポジションを上げてチェッカーフラッグを迎えました。名取は終盤の19周目に20番手にポジションを上げましたが、最終ラップでコースアウトし25番手でレースを終えています。

レース2は14日(日)午前8時35分(日本時間午後4時35分)にスタート。角田は7列目14番手から、名取は13列目25番手からポジションアップを狙います。

コメント

角田裕毅(レース1:14位)角田裕毅
「いつもと同じレースでした。セーフティカーも長かったので、自分のマネージメントが活かせず、あまり抜けなかったです。序盤タイヤをセーブして後半にペースアップのつもりでしたが、うまくいきませんでした。プラクティスでタイヤを使っていて、レースは新品ではないタイヤで出たので、周りは新品だったでしょうから、それを考えればペースは悪くなかったと思います」

名取鉄平(レース1:25位)名取鉄平
「スタートは、少しミスしましたが、ポジションを落とすほどではなく、その後何台かパスすることができました。レースペースは結構よかったのですが、コースが長く、難しい分なかなかオーバーテイクとまではいきませんでした。レースを走って、自分の中でも掴んだものがあって、やっとコースを熟知できたかなという感じですが、それがレース1では遅いですね。プラクティスで、もっと煮詰められていれば流れは変わっていたと思います。本当にレースペースはよくて、自信を持って走れました。最終ラップは、1台パスしたのですが、その後もう1台抜きにいって押し出されてしまい、後退してしまいました」

リザルト

レース1

順位 No. ドライバー マシン 周回数 タイム/差
121J.ヴィプスHitech Grand Prix2041'12.477
227J.ダルバラPrema Racing20+0.811
326M.アームストロングPrema Racing20+1.313
420L.プルチーニHitech Grand Prix20+1.938
528R.シュワルツマンPrema Racing20+2.236
618P.ピケTrident20+5.301
 
1414角田裕毅Jenzer Motorsport20+13.704
2529名取鉄平Carlin Buzz Racing20+21.944

フォトギャラリー

モータースポーツ >  Dream Challenge >  FIA-F3選手権 >  2019 第4戦 イギリス 決勝・レース1

ニュース