MENU

HONDA

検索

FIA-F4
Round01 / 02
日本岡山国際サーキット

決勝

2019.4.13(土)・14(日)

岡山県 美作市

岡山国際サーキット

Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクトの佐藤、三宅が連勝で開幕スタート

4月13日(土)~14日(日)、岡山国際サーキット(岡山県)でFIA-F4選手権シリーズ第1大会(開幕戦、第2戦)が開催されました。HFDP(Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)からは三宅淳詞、太田格之進、佐藤蓮の3人が参戦しました。小山美姫はWシリーズのテスト参加のため、練習走行後に渡欧し、今大会は欠場しました。

土曜日午前8時5分からの公式予選は晴天のもと、始まりました。30分間のセッションの結果、開幕戦ではポールポジション(PP)を2年目の佐藤が獲得、フロントロー2番手にはルーキーの太田、セカンドロー3番手にはルーキーの三宅が続き、第2戦ではルーキーの太田がPPを獲得、2番手に佐藤、3番手に三宅と並んで2レースともHFDPの3選手が上位を独占しました。

2019年シリーズ開幕戦は、スタート合図とともに上位はクリーンスタート。HFDPの3選手はグリッド順通りの1-2-3体制を固めました。中でも先頭に立った佐藤のペースはよく、ジリジリと後続を離していきます。ところが4周目のモスSカーブで、佐藤に続いていた太田のすきを突いて、三宅がインに入りながらアトウッドカーブに進入したところで接触し、太田はグラベルに押し出されるかたちでレースを終えました。三宅は3番手へ順位を落としてレースを続けましたが、この接触に対してドライブスルーペナルティーが下され、順位を大きく下げることとなりました。

首位の佐藤は危なげない走りで2番手を約1秒引き離したまま周回を重ね、15周を走りきってチェッカーフラッグを受けました。佐藤にとって初めてのF4での優勝でした。

翌14日は、朝から曇天となり、細かい雨が落ち始める状況で第2戦のレースが始まりました。ウエット宣言は出されたものの路面はドライ状態で、全車ドライタイヤを履いてスターティンググリッドにつき、フォーメーションラップとなりました。

ところがスターティンググリッドにつく際、PPの太田はSUPER GT用のグリッドを見間違えて本来のポジションよりも行きすぎてしまいました。これによりスタートはディレイとなり、レースは1周減算でやり直し、太田はグリッド最後尾への降格裁定を受けました。

再スタートの合図を受けて事実上のPPに繰り上がった佐藤が好スタートを決め、先頭に立ちました。2番手には三宅が続きます。佐藤は快調に首位を走り、三宅は追いすがる後続車を押さえこみながら2番手を守ります。最後尾からスタートすることになった太田は猛然と追い上げにかかりました。しかし、4周目の第1コーナーで前を行くマシンをアウト側から抜こうとした際、内側から接触を受け、コースオフしてレースを終えました。

このアクシデントの復旧を行うため、8周目までセーフティカーランとなりました。9周目に再スタートしたあともトップの佐藤は快調な走りで、後続の三宅を引き離そうとしました。ところがここで佐藤にジャンプスタートの判定が下り、ドライブスルーペナルティーが科せられました。この結果、11周目に繰り上がるかたちで三宅が首位に立ちました。三宅は当初テールトゥノーズ状態で後続車に攻められていましたが、トップに立ってからは落ち着いて自分のペースを取り戻すと、そのリードを少しずつ広げながら14周を走りきり、トップでチェッカーを受けました。三宅にとってF4初勝利でした。HFDPは開幕2連勝を遂げ、幸先のよい開幕となりました。

コメント

佐藤蓮(優勝/20位)
「シーズンオフには気持ちをリセットし、精力的にトレーニングや練習をしてフォーミュラカーの動き方を改めて身につけ、2年目のシーズンに備えました。それがうまく速さと結果につながって成果が出たのだと思います。気持ちも速さも昨年の自分とは違うという自信があります。この1勝でさらに自信がついて、シーズンを通して強く戦えるようになるかなと思っています」

三宅淳詞(14位/優勝)
「再スタート直後は、SCの間にタイヤをうまくあたためられなかったこともあり、後ろに差を詰められてしまいましたが、岡山は抜きにくいコースだと聞いていたので落ち着いて自分のペースを上げることができたのでよかったと思います。でも今日は、運がよかったから勝ったというレースでした。僕はまだチームメートに対してスピードが劣っているので、次の富士では、事前テストでいろいろ練習をして実力で勝てるようにがんばります」

リザルト

Round 01

順位 No. ドライバー 車名 周回数 タイム/差
1 7 佐藤蓮 SRS/コチラレーシング 15 23'31 835
2 36 野中誠太 FTRSスカラシップF4 15 +0.943
3 60 菅波冬悟 OTG DL F110 15 +5.003
4 37 平良響 FTRSスカラシップF4 15 +6.171
5 24 平木玲次 Media DoADVICS影山F110 15 +8.663
6 39 岡本大地 SACCESS RACING F4 15 +10.098
           
14 5 三宅淳詞 HFDP/SRS/コチラレーシング 15 +35.740
RT 6 太田格之進 SRS/コチラレーシング 3 +12Laps

Round 02

順位 No. ドライバー 車名 周回数 タイム/差
1 5 三宅淳詞 HFDP/SRS/コチラレーシング 14 25'52.097
2 60 菅波冬悟 OTG DL F110 14 +0.637
3 36 野中誠太 FTRSスカラシップF4 14

+1.199

4 20 木村偉織 Silver Star Racing 14 +4.813
5 63 川合孝汰 DENSOルボーセ IPG F4 14 +5.102
6 39 岡本大地 SACCESS RACING F4 14 +5.423
           
20 7 佐藤蓮 SRS/コチラレーシング 14 +41.725
RT 6 太田格之進 SRS/コチラレーシング 3 +11Laps

ポイントランキング

順位 No. ドライバー 車名 総合ポイント
1 36 野中誠太 FTRSスカラシップF4 33
2 60 菅波冬悟 OTG DL F110 33
3 7 佐藤蓮 SRS/コチラレーシング 25
4 5 三宅淳詞 HFDP/SRS/コチラレーシング 25
5 20 木村偉織 Silver Star Racing 18
6 37 平良響 FTRSスカラシップF4 16

ランキング詳細

モータースポーツ >  Dream Challenge >  FIA-F4選手権 >  2019 第1・2戦 岡山国際サーキット 決勝 (FIA-F4)

ニュース