MENU

HONDA

検索

FIA Formula2 Championship
Round10
イタリアイタリア

FIA-F2 プラクティス・予選

2019.09.06(金)

Autodromo Nazionale Monza

第10戦 イタリア 予選(FIA-F2)

小雨模様の難コンディションで、松下は予選6番手
レース1は3列目から上位を目指す

2019年FIA-F2選手権第10戦が、イタリア、モンツァで幕を開けました。高速コースで名高いモンツァでの戦いはヨーロッパラウンド最後のレースとなります。シリーズ終盤に入り、ランキング7位の松下信治(Carlin)はビッグポイント獲得を狙います。

午後1時より45分間のプラクティスが行われました。午前中、時折り雨が降り、コースは微妙なコンディションでしたが、F2のプラクティス時には雨が上がり、路面もほぼドライのコンディションとなりました。松下は、13周を走行し、ベストラップは1分33秒388をマーク、プラクティスを4番手で終えました。

午後4時55分からの予選は、小雨が降る空模様ですが、路面はセミウエットとドライの中間という微妙なコンディション。ほぼ全車が、ドライタイヤでアタックを開始し、松下は1セット目のアタックで1分34秒419をマークし上位につけました。そのままプッシュを続けた松下ですが、ターン4の縁石に当たってスピン。そのままコースオフしてグラベルに捕まり、2セット目のアタックを行うことなく予選を終えました。その後も雨は降り続き、全体としては、タイムアップが難しいコンディションとなりました。松下は6番手で予選は終え、レース1では3列目6番手スタートのポジションを獲得し、上位進出を狙います。

レース1は7日(土)午後4時45分(日本時間午後11時45分)にスタートします。

コメント

松下信治(予選:6番手)
「すごくフィーリングがよく、雨が降っていたのでプッシュの連続という予選でした。ベストラップの時は、やや飛び出していたのにいいタイムが出ていたので、結構いける感じでした。もっといけると思って行ったのですが、雨が強くなっていて、ターン4で縁石の内側に当たってスピンしてしまいました。バイザー越しに雨が強いのはわかっていたのですが、『大丈夫だろう』と思って行ったら、その箇所は雨がさらに強くなってました。でも、2セット目でみんな(タイムを)伸ばしてくると思ったら、コンディションが悪くなり、6番手で終われたのはラッキーです。このポジションならレースでは十分チャンスはあるので、がんばります」

リザルト

順位 No. ドライバー マシン 周回数 タイム/差
111C.アイロットSauber Junior Team by Charouz131'33.887
27G.チョウUNI-Virtuosi13+0.143
33N.マゼピンART Grand Prix14+0.176
44N.デ・ブリースART Grand Prix15+0.269
55S.カマラDAMS14+0.385
62松下信治Carlin5+0.532

フォトギャラリー

ニュース