MENU

HONDA

検索

FIA Formula2 Championship
Round08
ハンガリーハンガリー

FIA-F2 決勝・レース1

2019.08.03(土)

Hungaroring

第8戦 ハンガリー

松下が7位入賞

F2選手権第8戦ハンガリー大会は、ハンガロリンクでレース1が行われました。

午前10時10分のレース開始時は気温23℃、路面温度33℃のコンディションで、空には晴れ間ものぞいています。松下信治(Carlin)は、4列目8番手からのスタートです。

好ダッシュでポジションを上げた松下は、1周目を6番手で終えました。早めのタイヤ交換を選択した松下は7周目にピットイン。同じ戦略をとった上位陣の中で、ポジションをキープしてレースに復帰しました。レース中盤にかけてタイヤをセーブしながらもペースを落とさずにポジションを守り、15周目には10番手に上昇。22周目には前車2台をパスして7番手となります。

28周目に、全車がタイヤ交換を終えて、松下のポジションは5番手に。そこからレース終盤にかけて、松下を含む4台による激しい3位争いが展開されました。34周目、松下は第1コーナーで前車をオーバーテイクしますが、相手も譲らず、そこに後続から追いついて3台の激しいポジション争いとなりました。わずかな隙を突かれた松下は6番手にダウン。次周にはさらに後続にパスされて7番手となります。

松下が7番手となったほぼ同時のタイミングで、ストップしたマシンがありセーフティーカーが導入されました。残り周回の少ない状況でのセーフティーカー導入により、レースはそのまま37周を終えて終了となりました。松下は7位でチェッカーフラッグを受けました。

レース2は4日(日)午前11時25分(日本時間午後6時25分)にスタート。松下は、2列目4番手から表彰台を目指します。

コメント

松下信治選手(レース1・7位)
「34周目に前を抜ききれなかったこと以外はほぼ完ぺきなレースでした。いったん前には出たのですが、その後の位置取りが悪く抜ききれなかったことが悔やまれます。タイヤのセーブはうまくいったし、終盤のペースも悪くなかった。結果的に5位なのでよかったです。レース2は2列目からのスタートなので、スタートを決めて、その後タイヤの様子を見ながら、なんとしても表彰台に上がることを目指します」

リザルト

順位 No. ドライバー マシン 周回数 タイム/差
16N.ラティフィDAMS371:02'40.675
24N.デ・ブリースART Grand Prix37+0.752
315J.エイトケン Campos Racing37+1.045
48L.ギオットUNI-Virtuosi37+7.995
55S.カマラDAMS37+4.144
616J.キングMP Motorsport37+10.048
 
72松下信治Carlin37+5.282

フォトギャラリー

モータースポーツ >  Dream Challenge >  FIA-F2選手権 >  2019 第8戦 ハンガリー 決勝・レース1

ニュース