予防安全性能

Safety for Everyone.
「事故に遭わない社会」の実現をめざして。

「誰もが事故に遭わない社会」をつくりたい。その想いでHondaは2003年には世界初の追突軽減ブレーキを実用化。その後も連綿と続いてきた研究が、この「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を生みました。検知が難しいとされてきた電波の反射率が低い「歩行者」までを検知する『ミリ波レーダー』。そして、車両前方の対象物体の大きさや形状を識別する『単眼カメラ』。この異なる特性を持つ2つのセンサーなどにより、安心・快適な運転を支援します。

*タイプ別設定

Safety for Everyone.「事故に遭わない社会」の実現をめざして。

Honda SENSINGタイプ別設定

さまざまな視点で運転を支援する、Honda SENSINGの機能。

衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉

前走車、対向車、歩行者との衝突回避を支援。

衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉

誤発進抑制機能

不注意による急発進を防止し注意を喚起。

誤発進抑制機能

歩行者事故低減ステアリング

歩行者との衝突回避を支援。

歩行者事故低減ステアリング

路外逸脱抑制機能

車線を検知し、はみ出さないように支援。

路外逸脱抑制機能

渋滞追従機能付ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉

適切な車間距離を保ち、運転負荷を軽減。

ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉

LKAS〈車線維持支援システム〉

車線内を走行できるようにステアリング操作を支援。

LKAS〈車線維持支援システム〉

先行車発進お知らせ機能

停車時に、先行車が発進したことをお知らせ。

先行車発進お知らせ機能

標識認識機能

標識の見落とし防止を図り、安全運転を支援。

標識認識機能

オートハイビーム

ハイ/ロービームを自動で切り換え。

オートハイビーム

■各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。

事故防止のために、使いやすさに光を当てる。

夜間の歩行者などの早期発見に有効なハイビーム。事故防止のために使用が奨励されるなか、自動車メーカーとしてできることはないか。辿り着いたのは、オートハイビーム。夜間走行時に、専用のカメラで対向車や前走車を検知し、ハイ/ロービームを自動で切り換え。事故リスクの低減を目指した。

事故防止のために、使いやすさに光を当てる。

車両をご使用になる前に必ず取扱説明書をお読みください。各システムは、いずれも道路状況、天候状況、車両状態等によっては、作動しない場合や十分に性能を発揮できない場合があります。

■衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉は、約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上ある前走車両や歩行者、または対向車両(二輪車や自転車等を除く)に対して衝突する可能性があるとシステムが判断した場合に作動し、自動的に停止または減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を図ります。対向車両(二輪車や自転車等を除く)と歩行者に対しては、自車が約80km/h以下で走行中の場合に作動します。

■誤発進抑制機能は、停車時や約10km/h以下で走行しているとき、自車のほぼ真正面の近距離に車両などの障害物があるにもかかわらず、アクセルペダルを踏み込んだ場合に、エンジンやモーターなどのパワーシステム出力を抑制し、急な発進を防止するとともに、音と表示で接近を知らせます。

■歩行者事故低減ステアリングは、約10km/h~約40km/hで走行中に、システムが歩行者側への車線逸脱と歩行者との衝突を予測した場合に、ステアリング操作による回避を支援します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。

■路外逸脱抑制機能は約60km/h~約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。

■ACCは、約30km/h~約100km/hで作動します。急なカーブや加速・減速の繰り返しが少ない、高速道路や自動車専用道路などを運転するときに使用してください。

■LKAS〈車線維持支援システム〉は、約65km/h~約100km/hで作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者がステアリングから手を放した状態や、運転者が意図的に車線を越えるようなステアリング操作をしているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。

■先行車発進お知らせ機能は、先行車との車間距離が約10m以内で、先行車の発進を検知しても自車が停止し続けたときに作動します。

■標識認識機能は最高速度、はみ出し通行禁止、一時停止、車両進入禁止の標識を認識し、マルチインフォメーション・ディスプレイに表示します。一時停止、車両進入禁止は約60km/h以下で作動します。自車の単眼カメラから見て、車両等の陰になった道路標識は認識することができません。

■オートハイビームは、約30km/h以上で走行中に作動します。ハイビームとロービームの自動切り換え制御には状況により限界があります。つねに周囲の状況を確認し、必要に応じて手動で切り換え操作を行ってください。

Honda SENSINGについて

セーフティ・サポートカーS
〈ワイド〉に該当。

セーフティ・サポートカー(略称:サポカー)は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。自動ブレーキなどの安全運転を支援する装置などを搭載し、ドライバーの安全運転を支援します。

■セーフティ・サポートカー S〈ワイド〉

HYBRID DX / HYBRID LX・Honda SENSING / HYBRID LX・Honda SENSING 特別仕様車 ブラックスタイル / HYBRID EX・Honda SENSING / HYBRID EX・Honda SENSING 特別仕様車 ブラックスタイル / LX

*メーカーオプション(Honda SENSING)装着車

■安全運転を支援する装置は、あくまで運転を支援する機能です。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。

■タイプによって安全装備の設定がことなる場合があります。

■タイプや安全装備の設定によって同じ車種でも安全運転サポート車の区分がことなる場合があります。

セーフティ・サポートカーS〈ワイド/ベーシック+〉セーフティ・サポートカーS〈ワイド/ベーシック+〉

セーフティ・サポートカーについて

雨・雪の日や、
急ハンドル時に起こる
横すべりへの備えを。

ブレーキ時の車輪ロックを防ぐEBD付ABS、加速時などでの車輪空転を抑えるTCS、旋回時の横すべり抑制。これら3つの機能を制御し、クルマの姿勢の安定化を図ります。

VSA=Vehicle Stability Assist(車両挙動安定化制御システム)

EBD:電子制御制動力配分システム

ABS:4輪アンチロックブレーキシステム

TCS:トラクションコントロールシステム

VSA (ABS + TCS + 横すべり抑制)

Hondaテクノロジー図鑑へ

図:VSA (ABS + TCS + 横すべり抑制)

■作動イメージ図

追突事故を減らすために、急ブレーキを後続車にお知らせ。

走行中に急ブレーキと判断すると、ブレーキランプの点灯に加えて、ハザードランプが自動で高速点滅し後続車に注意を促す、エマージェンシーストップシグナルを全タイプに標準装備。

エマージェンシーストップシグナル

photo:エマージェンシーストップシグナル

坂道発進、その一瞬のヒヤリを防ぐ。

坂道発進時、ブレーキからアクセルへ、ペダルを踏み替える瞬間のクルマの後退を約1秒間抑制するヒルスタートアシスト機能を全タイプに標準装備。

ヒルスタートアシスト機能

Hondaテクノロジー図鑑へ

図:ヒルスタートアシスト機能

■作動イメージ図

■掲載の写真には、機能説明のための作動イメージが含まれます。

■各技術の能力には限界があります。つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。ご使用の前に、必ず取扱説明書をお読みください。

■ABSは滑りやすい状況での制動時に車輪ロックを防止。EBDはブレーキング時の前輪と後輪の制動力配分をコンピューターがコントロールし、制動ポテンシャルをフルに引き出します。EBD付ABSは、あくまでもドライバーのブレーキ操作を補助するシステムです。VSAはあくまでもドライバーのブレーキ操作やアクセル操作等を補助するシステムです。したがって、EBD付ABSやVSAがない車両と同様に、コーナー等の手前では十分な減速が必要であり、ムリな運転までは制御できません。安全運転をお願いします。

■エマージェンシーストップシグナルは追突されるおそれを低減するためのシステムです。運転する時は不必要な急ブレーキを避け、安全運転をお願いします。

■各装備・仕様の詳しい設定につきましては、「主要装備表」「主要諸元表」をご覧ください。