荷室・収納

広さを最大限に活かす、使いやすさ。

荷室写真

荷物が積み込みやすい、多彩なシートアレンジ、豊富な収納など、便利で使いやすい機能や工夫が詰まった室内空間。日常使いから週末までを幅広くカバーすることで、豊かな暮らしをサポートします。

3列シート車

荷室

重い荷物も、楽に積み降ろし。

ワイドな開口幅と低床設計により、大開口テールゲートを実現。さらに、3列目シートを左右にはね上げれば、広大な荷室が出現します。

FREED荷室

■数値はフリードのFF車で、Honda測定値。

ベビーカー

3列目シートの片側をはね上げれば、ベビーカーを立てて積めます。

■機能説明のための合成写真。

自転車

キャプテンシートの「通路」を活かせば、自転車をそのまま積めます。

■自転車は、26インチ。■機能説明のための合成写真。

ベビーカー

3列目シートの片側をはね上げれば、ベビーカーを立てて積めます。

■機能説明のための合成写真。

自転車

キャプテンシートの「通路」を活かせば、自転車をそのまま積めます。

■自転車は、26インチ。■機能説明のための合成写真。

シートアレンジ

暮らしに合わせて模様替えする。

2列目キャプテンシート

2列目キャプテンシート

1席ずつに分かれたパーソナル感のあるアームレスト付シート。
隣を気にせずリラックスできます。

1列目・2列目アレンジモード

1列目・2列目アレンジモード

ドライブ途中の小休憩に。

2列目・3列目アレンジモード

2列目・3列目アレンジモード

よりパーソナルな空間で休みたい時に。

2名乗車+最大ラゲッジモード

2名乗車+最大ラゲッジモード

大きな買い物の時に。

2列目ベンチシート(6:4分割タンブルシート)

2列目ベンチシート(6:4分割タンブルシート)タイプ別設定

大型でソファーみたいな居心地。
シンプルな操作で折りたたみ可能です。

1列目・2列目アレンジモード

ドライブ途中の小休憩に。

2列目・3列目アレンジモード

よりパーソナルな空間で休みたい時に。

2名乗車+最大ラゲッジモード

大きな買い物の時に。

2列シート車

荷室

使う人のイマジネーションに応える、
ビッグ&フレキシブルラゲッジ。

ラゲッジ写真

開口部高さ 1,255mm 開口部最大幅1,080mm 開口部地上高335mm

ロングテールゲート&超低床フロア

タテ・ヨコに広く低い開口部で、荷物の積み降ろしが楽に行えます。

■数値はフリード+のFF車で、Honda測定値。

アクセサリーソケット(DC12V)

アクセサリーソケット(DC12V)

スマートフォンやタブレットなどの充電が荷室でも可能です。

ユーティリティーナット

ユーティリティーナット

ラゲッジスペースの左右にそれぞれ10個ずつ設置。フックを付けるなど、空間をアレンジできます。

Photo(右) :ディーラーオプション装着車

荷室用ユーティリティーボード

荷室用ユーティリティーボード

荷室を上下に分割し、スペースの有効活用を可能にするボード。反転させれば、濡れたアイテムを気にせず載せられるワイパブル仕様に。耐荷重200kg。

■数値はHonda測定値。

テールゲートランプ

テールゲートランプ

暗い場所での荷物の積み降ろしをサポート。また、車中泊の際などに足元照明としても使えます。

ダブルフォールダウン機構
ダブルフォールダウン機構

STEP1:座面を前方にはね上げる

STEP2:背もたれを倒して収納

■機能説明のためのイメージ。

アンダーラゲッジスペース

アンダーラゲッジスペース

荷室用ユーティリティーボードで仕切られたラゲッジ下部もスペースをしっかり確保。また、ボードを取り外せば、背の高いアイテムも積載可能です。

Photo(上):ハイブリッド車(FF) 
Photo(下):ハイブリッド車(4WD) 

■FF車と4WD車で荷室形状・容量が異なります。

シートアレンジ

遊べる多彩なシートアレンジ。

遊べる多彩なシートアレンジ。

■自転車は子供用(16インチ)。

おやすみモード

おやすみモード

すべてのシートをアレンジすれば、広々としたスペースが出現します。

ロングラゲッジモード

ロングラゲッジモード

サーフボードやカーペットなど、長いアイテムも積載可能です。

ビッグラゲッジモード

ビッグラゲッジモード

自転車など、大きな荷物を積めます。

ハーフラゲッジモード

ハーフラゲッジモード

釣り竿やクーラーボックスなどを載せても、後席に乗車可能です。

ノーマルモード

ノーマルモード

5人乗ってしっかり積めます。ボードを外せば背の高い荷物も積載可能です。

収納

しまう、取り出すがスムーズ。

乗る人それぞれが手の届きやすいところにトレーやドリンクホルダーなどを配置。使いやすさやデザインにも配慮しています。

室内写真

インパネアッパーボックス

インパネアッパーボックス

インパネトレー

インパネトレー

ドリンクホルダー

ドリンクホルダー

収納式ドリンクホルダー

収納式ドリンクホルダー

センターテーブル

センターテーブルタイプ別設定

センターロアーポケット

センターロアーポケット

ボトルホルダー付大型ドアポケット(運転席/助手席)

ボトルホルダー付大型ドアポケット(運転席/助手席)

シートバックアッパーポケット

シートバックアッパーポケットタイプ別設定

コンビニフック(運転席/助手席アームレスト)

コンビニフック
(運転席/助手席アームレストタイプ別設定

シートバックポケット

シートバックポケットタイプ別設定

スライドドア・ボトルホルダー(両側)

スライドドア・ボトルホルダー(両側)

リアサイド・ドリンクホルダー(両側)

リアサイド・ドリンクホルダー(両側)

※助手席シートの背もたれの角度により、運転席から左側ドアミラーが見えにくくなる場合があります。走行の際は十分な視界の確保をお願いします。

■イラストは機能説明のためのイメージ図です。

■小物類は撮影のために用意したものです。

■ベビーカーや自転車、小物類の形状、サイズ等によっては積めない場合があります。

■安全のため走行の際は荷物をしっかりと固定してください。

■各装備・仕様の詳しい設定につきましては、「主要装備表」「主要諸元表」をご覧ください。