デザイン

誰もがリラックスできる空間をめざして。

室内写真

気持ちよくワイドに広がるインパネには、上質な空間のためのキーアイテム、木目調パネルを採用。
さらに、見て触れて心地いいシートなど、素材にこだわり、丁寧に作り込みました。

インテリアカラー

フリード / フリード+

内装写真

シート写真 インパネミドルエリア:ウォールナット(ブラウン)

モカ
(ファブリックシート)

【適用タイプ】HYBRID G / G

内装写真

シート写真 インパネミドルエリア:ウォールナット(ブラック)

プライムスムース:しっとりとした質感の素材。上質な室内を演出するとともに、汚れやシワに強い機能性の高さも魅力です。

ブラック
(コンビシート)

【適用タイプ】HYBRID G※1 / G※1

プライムスムース:しっとりとした質感の素材。上質な室内を演出するとともに、汚れやシワに強い機能性の高さも魅力です。

CROSSTAR

内装写真

シート写真 インパネミドルエリア:ローズウッド

プライムスムース:しっとりとした質感の素材。上質な室内を演出するとともに、汚れやシワに強い機能性の高さも魅力です。

ブラック
(コンビシート)

【適用タイプ】HYBRID CROSSTAR / CROSSTAR

プライムスムース:しっとりとした質感の素材。上質な室内を演出するとともに、汚れやシワに強い機能性の高さも魅力です。

Modulo X

内装写真

シート写真 インパネミドルエリア:ピアノブラック調

プライムスムース:しっとりとした質感の素材。上質な室内を演出するとともに、汚れやシワに強い機能性の高さも魅力です。

ブラック
(コンビシート)

【適用タイプ】HYBRID Modulo X / Modulo X

プライムスムース:しっとりとした質感の素材。上質な室内を演出するとともに、汚れやシワに強い機能性の高さも魅力です。

飲み物や油物を
こぼしても、
サッと拭き取りやすい。

液体汚れ、油汚れが拭き取りやすくシミになりにくいファブリックを採用しています。

FABTECTファブテクト(撥水・撥油)※2タイプ別設定

FABTECTについて

FABTECT

■FABTECTの撥水・撥油効果は液体汚れに対して効果があり、お菓子のカス等の固体汚れに対しては効果を発揮できません。液体の場合も繊維の奥まで入り込んだ汚れや、極端に水で落としにくい汚れなどは、撥水・撥油効果が十分に得られないことがあります。また、洗剤を使用すると撥水・撥油効果が低下します。真水を含ませた布で汚れを落とし、その後、乾いたきれいな布で乾拭きを行ってください。

普段の生活にも、しっかり使える車いす仕様車。

車いすに乗ったまま乗車可能。
車いすをご利用の方の移動をサポートするとともに、介護する方の負担を軽減します。

福祉車両へ

車いす仕様車

電動ウインチを標準装備

電動ウインチを標準装備。力をかけなくてもラクに乗り入れ操作ができます。

スロープを前に倒せば、フラットな荷室に

スロープを前に倒せば、フラットな荷室に。買い物などの日常使いにも便利。

電動ウインチを標準装備

電動ウインチを標準装備。力をかけなくてもラクに乗り入れ操作ができます。

スロープを前に倒せば、フラットな荷室に

スロープを前に倒せば、フラットな荷室に。買い物などの日常使いにも便利。

●車いすの種類・タイプ等により、乗車できない場合もあります。 ●車いすご利用の方の乗降は、介助する方が安全に心がけ確実に行ってください。●スロープは水平で平坦な路面でご使用ください。 ●スロープの耐荷重は200kgです。「車いす+車いすご利用の方+介助する方」の合計重量200kg以下であることをご確認ください。 ●安全のため、車いすご利用の方もシートベルトを必ず着用してください。 ●発進前に再度、車いすが確実に固定されているか、ご確認ください。 ●スロープの展開は、接地するまで手を放さないでください。 ●スロープの操作は周りに十分注意して行ってください。 ●長時間のドライブや悪路での走行は、車いすご利用の方にとってご負担となる場合があります。

※1「Sパッケージ」としてタイプ別メーカーオプション。

※2 シート座面および背もたれに撥水・撥油加工を施しております。

■写真やイラストには機能説明のためのイメージが含まれます。

■インテリアの写真はすべてカットボディーによる撮影。

■車いすは撮影のために用意したものです。

■写真の車いすは一例で、株式会社松永製作所の「車載用介助型車いす(REM-01H)」です。車いすに関する詳細は株式会社松永製作所までお問い合わせください。

■車載用車いすは販売会社でもお求めいただけます。詳しくは販売会社にお問い合わせください。

■小物類は撮影のために用意したものです。

■安全のため走行の際は荷物をしっかりと固定してください。

■各装備・仕様の詳しい設定につきましては、「主要装備表」「主要諸元表」をご覧ください。