MENU
HONDA
検索

走行性能

※写真はアクセサリー装着車です。

エンジン

力強く加速し、
伸びやかに駆け抜ける

燃費性能と常用回転域での扱いやすさに加え、力強い加速と伸びやかな走りを目指した新エンジン「eSP+」を搭載。ピストンオイルジェットの技術を用いることでエンジンの異常燃焼を抑制しつつ点火タイミングを早め、高出力化に寄与している。吸気ポートは吸気効率を追求し、排気ポートも排気効率が高まるストレート形状を採用。マフラーは排気抵抗が低減される構造とした。また、バランサーシャフトによって振動を抑え、油圧式カムチェーンテンショナーリフターでメカニカル騒音の静粛性も備えることで、乗り心地は上質なものとなっている。

ピストンオイルジェット構造イメージCG
排気系イメージCG

ライディングポジション

走る楽しさを、
自然体の姿勢で堪能する

郊外や街を走る楽しさを、ゆとりのある心で存分に味わえるように。「台形バランス」フォルムを追求し、安定感のある自然体のライディングポジションを目指した。シート高780mmとすることで、走行中の視界を確保し、カーブなどでの取り回しの良さにも寄与している。また、フロア形状も見直し、ゆったりと足を前方に伸ばした姿勢や足を後方にひいた前傾姿勢が可能なフットスペースを確保した。

*Honda測定値

ディメンション/ライディングポジション  ※Honda測定値

フレームボディ―

高速走行時のハンドリングを
軽快に

高い速度域での安心感ある走行を目指して。フレームボディーの材質と形状、パーツの接合位置の見直しを行い、軽快なハンドリング、取り回しのよさを実現している。

電動式可動スクリーン

風を受ける爽快さも、防風の快適さも、自由自在

走行中にも調整が可能な電動式可動スクリーンを搭載した。可動域180mmを確保し、無段階で好みの高さに調節できる。ローポジションでは爽快な風を感じられ、ハイポジションでは走行風をやわらげて快適な高速巡航に寄与している。どの位置に設定しても最適な空気の流れになるよう、空力解析も行っている。

ローポジションエアフローイメージ

ハイポジションエアフローイメージ

ホイール

重量を低減した、
強く軽やかな足回り

専用設計されたフロント15インチ、リア14インチのアルミホイール。剛性バランスを最適化することでバネ下重量の低減に寄与している。日々の移動もツーリングも颯爽と駆け抜けるFORZAにふさわしい、強く軽やかな足回りにつなげた。

ブレーキ

ブレーキ時の安心感を高める、
ABSを装備

ブレーキは、様々な路面状況で十分な制動力を発揮するフロントφ256mmの大径シングルディスク、リアφ240mmのシングルディスクを採用した。さらに前輪・後輪にブレーキ時の車輪ロックを回避するABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を装備し、安心感を高めている。

※ABSはライダーのブレーキ操作を補助するシステムです。ABSを装備していない車両と同様に、コーナー等の手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは対応できません。ABS作動時は、キックバック(揺り戻し)によってシステム作動を知らせます。

Honda セレクタブル トルク コントロール

加速時の後輪スリップを抑制し、
安定感をもたらす

後輪への駆動力レベルを必要に応じて任意に選択し、加速時の安定感を高めるHonda セレクタブル トルク コントロール。前・後輪の車輪速センサーが算出した後輪のスリップ率がライダーの選択した所定のレベル以上となった場合、ECUが後輪のタイヤがスリップしたと判断し、燃料噴射量を最適にコントロール。エンジントルクを最適化して後輪スリップを抑制し、すべりやすい路面や加速時の安心感を高めている。システム作動はインジケーターの点滅で知らされ、左ハンドルのスイッチでON/OFFの選択ができる。

※Honda セレクタブル トルク コントロールはスリップをなくすためのシステムではありません。あくまでもライダーのアクセル操作を補助するシステムです。したがって、Honda セレクタブル トルク コントロールを装備していない車両と同様に、無理な運転までは対応できません。

【Honda セレクタブル トルク コントロール】システム概念図