MENU

HONDA

検索

HondaモータースポーツF1中本修平レポート
VOL.76 シーズン総括・ドライバー篇・佐藤琢磨

去年以上の活躍が期待された、佐藤琢磨。しかし最後まで歯車がかみ合わないまま、8位入賞1回のみという成績で、シーズンを終えることになってしまった。持ち前の速さが発揮できなかった理由は、何だったのだろうか。

今季の琢磨君はいっぱいいろんなアクシデントがあって、思うようにシーズン過ごせなかったですね。彼のミスもあり、チーム側のミスもあり。後半になってからは、心理的な部分も大きかったと思いますよ。

―レギュレーション変更の影響は、どうでしょう。たとえば去年の琢磨君は、ピットインのたびにフレッシュタイヤに履き替えて、ガンガン攻めていけた。その辺で速さが発揮できましたよね。
 彼は、クルマの状態が正直にタイムに反映する、そういうタイプのドライバーです。それはタイヤも含めてね。たとえば去年のスズカは、ジェンソン2回、琢磨君は3回のピットストップ作戦にしました。新しいタイヤを履くと、良いタイムを出すからです。
 それが今季の1レース1セットの規定では、予選からはじまり、1レースを通してのタイヤのマネージメントがむずかしい。その辺はやはり、ジェンソンの方がうまかったですね。それは単にレース本番で速い遅いというだけではなく、クルマ作りの段階から始まっています。予選では前に行かないと、レースがうまく成立しません。しかし、予選を速く走れるクルマにセッティングをすると、レース中にタイヤのグリップが落ちた時、タイムが大きく落ちてしまう傾向が有ります。その辺をうまくバランスさせるのは、ジェンソンの方がうまいですね。予選ではそこそこのタイムを出しながら、決勝レースのことを考えたクルマ作りをしています。琢磨君は、たとえばアンダーが強いと、最後にひとついじってアンダーをうまく消しますが、決勝で、タイヤが磨耗してくると、マシンはオーバーステアとなり、タイムを落としてしまうんです。

―いろいろ心理的なプレッシャーも多かったと思うんですが、ミスも多かったですね。
 ただ予選でのミスは、トルコぐらいです。その一方で、予選はそこそこなのに、決勝が・・・、というのが多かったですね。

―しかもレース序盤で、何か起きるというパターンが多かった。それはどういうことだったんでしょう。
 たとえばフィジケラ(ルノー)にぶつかったドイツGPとか、(ミハエル・)シューマッハ(フェラーリ)にぶつかったベルギーGPは、100%で走っていると思うんですよ。「あそこでスリップ(ストリーム)に入れば抜けるチャンスがある、だから行く」と。ドイツもあの先がパッシングポイントでしたし、あそこで仕掛けたかったのでしょう。それで、フィジケラがスロットルゆるめたというけれど、それはされても仕方がありません。誰だって真後ろにつかれたくはないわけです。でももうそろそろ、そういうことに対応しながらレースをしないとね。
 ドイツGPでバトンが、ミハエルを抜いたでしょう。あの時はスタート直後の1コーナーで、ミハエルと並んでいますね。でもバトンはいったん、そこで引いています。それはミハエルが、フロントウィングを踏みに来たからです。踏まれたら、それでレース終わってしまう。だからいったん下がって、次のチャンスを待ちました。でも琢磨君は同様の場面で、つい突っ張ってしまいますね。そういう駆け引きは、彼にもできるはずなんですけれどね。
< INDEX VOL.77 >
HondaモータースポーツF1中本修平レポート