MENU

HONDA

検索
「ウインターテスト、全日程を終了」
 昨年11月から始まったウインターテストも、2月最終週のバレンシアテストですべてのプログラムを終えた。開幕戦オーストラリアGPに向けての空力、タイヤ、そしてエンジンの最新バージョンを試した最新テストの感触はどうだったのだろうか。

―2月上旬のヘレステストでは、最終日にジェンソンが素晴らしいタイムを出しました。あれはそんなに軽い燃料じゃなかったんですね。
 
 そんなに軽くないですね。5周計測のランを繰り返しながら、構造やコンパウンドの比較をやっていました。その1周目に出したタイムでしたから。
 
―それであのタイムというのは、素直に喜んでいいのでしょうか。
 
 あんまり素直に喜ぶものでもないですね。予選アタックじゃないとはいえ、ガソリンは比較的軽かったし、ニュータイヤでしたから。それに他にもいろいろ、やっているんです。フロントウイングの仕様違いのテストとか。その末に、ようやく出たタイムですから。
 
車の潜在能力はあるはずなのに、それが実走テストで出せずにきたと、折りに触れて言っていましたよね。それがヘレスの最終日でようやく出たということなんでしょうか。
 
 まあ、トラックコンディションも良かったし、天候も良かったですからね。風もほとんど吹いてなかったし。とにかくタイヤテストのボリュームが非常に大きくて、それ以外のメニューがそれほど消化できていませんでした。
 
 (クルマを速くするために重要な要素である)重量配分とか車高調整にしても、それだけにかかりっきりということもできず、日替わりで2時間ぐらいのペースで、細切れでやってこざるをえませんでした。
 
 そんな状況下で、最終日にようやくやったのが、ヘレスのコンディションに合っていたと、そんな感じですね。
 
それに続いてバレンシアに行って、全般的にはどうでしたか。
 
 空力アップデートも含めていろいろ試したかったんですが、初日2日目と風が非常に強くて、あまりはっきりとデータには表れず、ドライバーコメントに頼らざるを得ませんでした。でもまあ最終日はもう1回整理し直す感じで、だいたいの方向性はつかめました。
 
それは空力に関してですか?
 
 空力はもちろんですが、セパン(マレーシアGP)のタイヤを決めるために、ロングランもしましたよ。
 
予選+レース距離の350kmを、実際に1セットのタイヤで走ったんですか?
 
 全てではありませんが走りましたよ、ヘレスでもバレンシアでも。一気にというのではなくて、初日と2日目で足して350kmとかですけど。
 
ウインターテストを終了し、いよいよ一週間後に開幕戦を控え、今はどんな心境ですか?
 
 万全の準備が出来たとは言えないけれど、十分戦えると思います。自分の中では、今は開幕戦オーストラリアGPで優勝するには何をしたらいいか、そのことしか考えていませんよ。
< INDEX Vol.43 >
モータースポーツ Honda F1 モータースポーツ