MENU

HONDA

検索
Honda Racing to TOP
< INDEX123
「SRS-Fのことを知ってすぐに電話をしたんですが、もうその年の入校申し込みは締め切られていて、次の年まで待たなければいけないことが分かったんです。しかも、SRS-Fには年齢制限があって、その次の年が自分には最後のチャンスでした。でも、とにかく何かできることをしなければということで、レーシングカートを始めることにしたんです。それで雑誌で調べたところ、僕が寮生活を送っていた所沢にアルデックスというカートショップがあって、ここが規模といいカートへの取り組み方といい、僕の理想にぴったりだったので、自転車のトレーニングがてら、ぶらっと出かけてみることにしたんです」

 このときの琢磨は自転車競技用のウェア姿。そのままの格好で店内に入った彼は、雑誌ですでに見知っていた秋山オーナーと対面する。そこで「秋山さんですね」と声を掛けると、続けて「僕はF1ドライバーになりたいんですが、どんなふうにスタートを切ればいいのか分からないので、相談に乗って欲しくてやってきました」とまくしたてた。
 「それでも秋山さんは真剣な表情で僕の話に耳を傾けてくれて、本当に親身になって色々なことを教えてくれました。それでもう、ここでやるしかないと思ったんです」。自分の情熱を真正面から受け止めてくれる秋山オーナーとの出会いは琢磨にとって非常に幸運なものだったが、ここにもうひとつの偶然が重なる。Hondaと縁の深いモータースポーツ・スペシャリストの無限でF3レースを統括する立場にあったエンジニアと、このショップを介して知り合うことになったのだ。

レーシングカートをはじめた頃の琢磨選手。
 「秋山さんがかつて無限ワークスのカートエンジン・チューナーだったこともあって、無限の方を紹介して頂けることになったのです。その方に、自分がSRS-Fに入校したいと思っていることを伝えると、『それだったら一度、鈴鹿に来たほうがいい』という話になり、その年のフォーミュラ・ニッポンの、たしか最終戦に出かけることが決まったのです」

 鈴鹿のあるホテルで会った無限のエンジニアはその翌日、鈴鹿サーキットランド・モータースポーツ課の課長を紹介すると約束するが、琢磨と別れる間際にひとつ質問したという。
 「『何か持ってきた?』って聞かれたんです。ただ会うだけでいいだろうと思っていた僕が『いいえ、何も持っていません』と答えると、『ダメじゃないか、履歴書くらい持ってこないと!』と叱られました。それで僕もハッと気づいて、すぐに文房具屋に飛び込んで履歴書を買うと、ホテルの部屋でひとつひとつ記入していきました」
< INDEX NEXT >
HONDA F1