MENU
HONDA
検索

Round16サヒールサヒールGP

2020年12月3日(木)

バーレーン・インターナショナル・サーキット

第16戦 サヒールGP

第16戦 サヒールGP プレビュー

さまざまな出来事が起こったバーレーンGPから間を置かずに、今週末にはまた同じサーキットで、サヒールGPが開催されます。今回は新たに“外周コース(Outer Track)”のレイアウトが使用され、オーバルコースのようなレースが期待されています。

コース全長は3.543㎞とモナコよりも約200m長い程度で、ブレーキングを行う「コーナー」と呼べる場所は4か所。かなりの高速コースになることが見込まれるため、ラップタイムは60秒を下回る想定です。シミュレーターでは1周55秒というデータも出ており、これが実現すれば、1974年に全長3.2㎞のディジョン・サーキットで行われたフランスGPでニキ・ラウダがマークした58秒790のF1最短記録を更新することになります。

また、短いサーキットだけに、特に予選ではトラフィックの対策も重要です。そして、F1で規定されているレース距離を満たすため、周回数は87周と設定されています。これは、1995年に岡山県のTIサーキット英田(現・岡山国際サーキット)で開催されたパシフィックGPの82周を上回っての史上最多で、記録ずくめのグランプリとなります。

ターン3までは先週使用されたものと同じですが、そこから中速コーナーの続く外周へ入り、通常レイアウトのターン13へと戻ってくるコースとなります。さらに、先週末のレースは日没前にスタートが切られる“トワイライトレース”でしたが、このサヒールGPは現地時間20:10(日本時間翌4:10)にスタートする完全なナイトレースになります。

コメント

田辺豊治 | HONDA F1テクニカルディレクター
「今週末のサヒールGPは、先週と同じバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われますが、アウタートラックを使用することで先週とは異なるコースレイアウトでのレースになります。1周約3.5kmという短いコース距離と、ストレートが占める割合の高い特徴的なレイアウト、ラップタイムは1分を切ることが予想されており、テンポの速い展開で先週とは違ったレースの一面が楽しめると思います。
エネルギーマネージメントやPUのセッティングに関しては、今シーズンいくつも経験してきた初開催サーキットと同様のプロセスを踏んでいくことになります。特徴的なコースレイアウトを十分検討した上でシミュレーションを行っており、そこに実際の走行から得たデータを合わせて迅速に最適化を進めたいと思います。
コース距離が短いこととストレートの占める比率が高いことから、予選ではトラフィックやトウ(スリップストリーム)の観点からガレージアウトのタイミングがひとつ大きな要素になりそうです。我々としては、まずいつでも走り出せるようにPU側の準備を整えること、またチームとのコミュニケーションが重要になります。
先週末のレース結果によりAston Martin Red Bull Racingは、今シーズンのコンストラクターズチャンピオンシップ2位のポジションを確定しました。ダブル表彰台を獲得した先週のよい流れを持続し、残りの2戦をチームとともにプッシュして戦いたいと思います」

ニュース