MENU
HONDA
検索

Round03ハンガリーハンガリーGP

2020年7月19日(日)

ハンガロリンク

第3戦 ハンガリーGP

第3戦 ハンガリーGP 決勝

ウエットコンディションでのスタートとなったハンガリーGPの決勝レースは、Aston Martin Red Bull Racingが素晴らしいチームワークを見せ、マックス・フェルスタッペンが2位表彰台、アレクサンダー・アルボンが5位フィニッシュを果たしました。 

フェルスタッペンは、インターミディエイトタイヤを履いてスタート前に各車がグリッドへと向かうレコノサンスラップに出ましたが、ターン12でクラッシュを喫し、左フロントのサスペンションとフロントウイングを破損。Red Bull Racingのメカニックは、すぐに修復に取りかかると、スタート前定刻の30秒前に作業を完了し、レースへと送り出しました。

フェルスタッペンは、メカニックの働きに応えるように、見事なスタートを決め、2台のフェラーリ、そしてレーシングポイントのランス・ストロールをかわし、7番手から3番手へポジションアップします。

スタート直後から路面コンディションが急速に回復し、Scuderia AlphaTauri Hondaのダニール・クビアトは、1周目の終わりにピットイン。ドライ用のソフトタイヤへ交換します。アルボンとピエール・ガスリーは3周目にピットイン。フェルスタッペンは4周目にタイヤを換え、ストロールの前の2番手でコースに復帰しました。

13番手からスタートしたアルボンでしたが、この序盤のピットストップを終えて9番手までポジションを上げます。さらに、11周目にはセバスチャン・ベッテル、18周目にはシャルル・ルクレールと、2台のフェラーリをオーバーテイクして7番手まで浮上しました。

その直後、クビアトは2度目のピットインでハードタイヤに交換。一方で、ガスリーはギアボックスにトラブルを抱えてピットに戻ると、そのままリタイアとなりました。

アルボンも、34周目に再度ピットインしてハードタイヤに交換。ベッテルの後方でコースへ戻ったため、再度の追い上げへ。5周のバトルを経て、ターン2でオーバーテイクに成功すると、5番手でレースを進めます。

一方、2番手を走行していたフェルスタッペンは、ピットタイミングが異なるバルテリ・ボッタス(メルセデス)に迫られます。最後は約0.7秒差まで近づかれましたが、フェルスタッペンは自分のペースを守って追撃を振りきり、2戦連続の表彰台となる2位でチェッカーフラッグを受けました。

アルボンも、2戦連続のポイント獲得の5位でフィニッシュ。クビアトはハードタイヤに交換後52周を走りきり、12位で完走。最後はルクレールに約5秒差まで迫りましたが、オーバーテイクのチャンスは訪れませんでした。

 

コメント

田辺豊治 | HONDA F1テクニカルディレクター
田辺豊治「今日のハンガリーGP決勝は、Aston Martin Red Bull Racingのフェルスタッペン選手が2位、アルボン選手が5位という結果でした。ここまでの我々の戦闘力、さらに、厳しい状況だった昨日の予選を考慮すれば、このレース結果は喜ぶべきものだと思っています。
レース前に降り続いた雨のためにウェットコンディションで行われたレコノサンスラップでは、フェルスタッペン選手がクラッシュするという予想外の事態が起こりました。しかし、メカニックがグリッド上で素晴らしい修復作業を行い、レーススタートに間に合わせることができました。その後、素晴らしいスタートを見せたフェルスタッペン選手とチームの見事なレース戦略も奏功し、最後まで2位のポジションを守りきることができました。今季最高となるこの結果は、チーム全体を勇気づけるものになりました。PUとしても最大限のパワーを出しきってサポートできたと考えています。アルボン選手も13番手のスタートから徐々に順位を上げ、5位入賞と、いい走りを見せてくれました。
Scuderia AlphaTauriについては、トラブルがありながらもガスリー選手が週末を通していいペースを見せていただけに、ギアボックスのトラブルによりリタイアという結果に終わったことは残念に思っています。クビアト選手もピットインのタイミングで順位を落として入賞は叶いませんでしたが、レースを完走して得られた今日のデータを、今後の改善につなげます。
来週末は久しぶりにレースが開催されない週末です。次戦のイギリスGPまでの時間を使って、ここまでに発生した問題の解析と再発対応を行うとともに、さらなるパフォーマンスアップを図るべく、HRD-Sakuraおよびミルトンキーンズのメンバーとデータの解析を進めます。
この先も簡単なレースになるとは思いませんが、今日の表彰台を弾みとして、いい戦いを見せられればと思います」

マックス・フェルスタッペン
マックス・フェルスタッペン「今日の表彰台をメカニックたちに捧げます。今日は、スタートすらできずにレースが終わったかと思いました。レコノサンスラップでブレーキをかけたところ、タイヤがロックしたので、ブレーキを緩めて再度かけ直そうとしましたが、そのままウォールへ突っ込んでしまいました。信じられない事態でしたが、なんとか動き出してグリッドへ向かいました。チームは決してあきらめず、メカニックのみんなが驚異的な速さでマシンを直してくれました。そんなことができるなんて周りの誰もが思わなかったはずですが、彼らはみんな冷静に対処していました。路面はまだ滑りやすかったのですが、好スタートを決めることができました。ターン1での動きはなかなか事前に想定することは難しいですが、イン側で渋滞が起きているのが見えたのと、アウト側はウエットでもグリップが高いことが分かっていたので、トライしてみたらうまくいきました。もし7番手のままでとどまっていたら、かなり厳しいレースになったと思います。さらに、戦略も奏功したので、タイヤを持たせながら、できる限り安定したペースを刻み、周回遅れの処理に気を配りました。メルセデス勢に割って入る2位表彰台という結果は、厳しい状況が続いていた昨日の時点では予想もしていませんでした。僕らは、メルセデスとの差を詰めていきたいと思います。現時点で彼らは本当に強いので、打ち勝つのは容易いことではありませんが、決して挑戦を止めずに進んでいきます」

アレクサンダー・アルボン
「今日はいいレースでしたし、バトルを大いに楽しみました。昨日、もし5位になれると聞かされたら、飛び上がっていたと思います。13番手スタートという状況は楽ではありませんでしたが、スタートがよく、いいペースで進んでいけました。このサーキットでのオーバーテイクは簡単ではなく、思いきって仕掛けていかなければなりませんでした。そのためには限界まで攻めざるを得ないのですが、今日はうまくいってバトルを楽しめましたし、面白いショーが見せられたと思います。僕らはトップを目指して戦っていますし、今日はブレーキの感触もよかったので、こうしたオーバーテイクを決められてよかったです。ただ、フェラーリ勢がトラフィックになり、そこでタイムをロスしたので、もっと上位に迫れたはずです。今日のマシンは本当によくて、前が空いているときの僕らは速くて、かなりの競争力があったと思います。昨日まで苦戦しただけに、今日の結果には満足していますし、チームにとっても貴重なポイントを獲得できたことに感謝しなければなりません。予選よりもレースペースのほうがよかったことはちょっとしたサプライズですが、それがなぜかをきちんと理解する必要があります。ただ、マシンがうまく機能したということは、ポジティブです」

ダニール・クビアト
「今日のレースペースには満足していました。1周目ですでに何台かオーバーテイクできましたし、ピットインもいいタイミングで呼んでくれました。ただ、2回目のピットアウト後には一度抜いたはずのマシンの後ろに入ってしまいました。入賞が可能だと思っていたので、12位フィニッシュという結果には満足していません。もう一度、レースで何が起こったのかを振り返る必要があります。まだエンジニアと一緒にマシンの理解を進めているところですが、この3レースで多くのことを学んできました。今日も一周一周がシルバーストーンに向けたマシンの最適化のために重要だと考えながら走行していました」

ピエール・ガスリー
「今回は難しいレース週末になりました。いろいろなところに問題が発生して、苦しい状況が続いていました。今日はギアボックスの問題が出てしまい、レースの最初からシフトの問題に悩まされていました。レース中に修正を試みたものの、最終的にはリタイアとなりました。非常に残念ですが、不運な週末になってしまいました。シルバーストーンの準備のためにまだ数日ありますし、次はもっといいレースをできればと考えています」

決勝 リザルト

順位 No. ドライバー チーム 周回数 タイム/差
144ルイス・ハミルトンMercedes701:36'12.473
233マックス・フェルスタッペンAston Martin Red Bull Racing70+8.702
377バルテッリ・ボッタスMercedes70+9.452
418ランス・ストロールRacing Point70+57.579
523アレクサンダー・アルボンAston Martin Red Bull Racing70+78.316
65セバスチャン・ベッテルFerrari69+1Lap
711セルジオ・ペレスRacing Point69+1Lap
83ダニエル・リカルドRenault69+1Lap
955カルロス・サインツJr.McLaren69+1Lap
1020ケビン・マグヌッセンHaas69+1Lap
1116シャルル・ルクレールFerrari69+1Lap
1226ダニール・クビアトScuderia Alphatauri Honda69+1Lap
134ランド・ノリスMcLaren69+1Lap
1431エステバン・オコンRenault69+1Lap
157キミ・ライコネンAlfa Romeo69+1Lap
168ロマン・グロージャンHaas69+1Lap
1799アントニオ・ジョヴィナッツィAlfa Romeo69+1Lap
1863ジョージ・ラッセルWilliams69+1Lap
196ニコラス・ラティフィWilliams65+5Laps
NC10ピエール・ガスリーScuderia Alphatauri Honda15DNF

フォトギャラリー

ニュース