MENU
HONDA
検索
モータースポーツ > F1世界選手権 > 第8戦 フランスGP 決勝
リザルト ポイント
第8戦 フランスGP 第8戦 フランスGPview

フランスGP決勝、バリチェロ14位

2008年6月22日(日)
決勝
会場:マニクール・サーキット
天候:曇り
気温:25℃

第8戦フランスGP決勝レースで、Honda Racing F1 Teamのルーベンス・バリチェロは14位完走。ジェンソン・バトンは16周でリタイアに終わった。

Honda Racing F1 Team 決勝レースの展開

決勝当日は、朝から断続的に雨が降る天候となった。開始時点の午後2時になっても、上空はどんよりと曇っている。しかし、路面はほとんど乾いている。

バトンは、ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ)のペナルティにより、昨日の予選から1つ順位を上げ、16番手からスタート。今日になってギアボックスを交換したバリチェロは、最後尾からスタートした。1周目を終えた時点で、バリチェロは2つ順位を上げて18番手。バトンは1コーナーで、セバスチャン・ブルデー(トロロッソ)と接触し、20番手に後退した。さらにバトンは、その3周後の最終シケインで縁石に乗り上げた際、フロント部分を破損。緊急ピットインでノーズなどを交換後コースに復帰するも、グリップ不足で走行が厳しい状況に陥り、再びピットイン。そのまま16周でリタイアを喫した。

ほぼ折り返し点となる34周目。14番手を走っていたバリチェロが、1回目のピットイン。いったんは17番手に後退する。56周目の2度目のピットインでは、順位を落とすことなくコースに復帰。終盤は、中盤でバリチェロより前を走っていたジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア)や中嶋一貴(ウィリアムズ)の前を走り、14番手まで順位を上げる。最後は、優勝したフェリペ・マッサ(フェラーリ)から1周遅れでチェッカーを受け、ポイント獲得はならなかった。

Honda Racing F1 Team コメント

ルーベンス・バリチェロ(14位)

―フランスGPはどのようなレースだったか?
「今日はマシンコントロールが難しく、いろいろな意味ですごく大変なレースだったが、僕らはレースの中で順位を上げることができた。予想通り、レースではマシンが少しよくなっており、適切な戦略とすばやいピットストップにより、最後尾から順位を上げ、ほかのマシンに挑むことができた。今週、すばらしい仕事をしてくれたエンジニアとメカニックに対し、ハードワークとたゆまぬモチベーションに感謝したい。しかし、これが辛い週末だったことに変わりはない。来週のシルバーストーンでのテストに向け、ハードワークを続ける。そして新しい開発で、これからの数戦ではさらに戦闘力を発揮できることを期待したい」

ジェンソン・バトン(16周目リタイア)

―不満が残るレースだったと思うが、何が悪かったのか?
「あまりにも早いリタイアで、タフな週末が終わった。スタートはよかった。その後、ブルデーに並び、彼が1コーナーで内側に入って道を閉ざそうとするだろうと思ったので、彼の後ろにマシンを寄せた。でも、みんながコーナーに向けて減速しているときで、残念ながら彼のリアに接触してしまった。フロントから風が入ってきたから、マシンのフロントで何かが破損しているだろうと思った。それでもマシンは動いていたし、集団の後方にいたので、そのまま走り続けた。しかし、接触の衝撃でフロントウイングが外れかかっていたようで、最後のシケインで縁石に乗り上げたときに落下し、マシンのフロント部の下に入り込んでしまった。ノーズを交換したが、バージボードが外れていて走行不能だったので、リタイアせざるを得なかった。次は僕のホームグランプリだ。来週のシルバーストーンでのテストでは、盛りだくさんのメニューで準備に臨む。ポジティブな気持ちだ。楽しみだ」

ロス・ブロウン|Honda Racing F1 Team チームプリンシパル

―今日はどのようなレースだったか?
「ルーベンスはいいスタートを切れ、第1スティントでは燃料を多く積みながらも、タイヤをうまく使う堅実な走行だった。しかし、残念なことに彼は遅いクルマの後ろで捕まってしまい、その前方にいるドライバーたちに引き離されてしまった。それでも、よい戦略と安定したラップタイムで、最後尾からのスタートでありながらも順位を上げることができた。これがよい結果だとはいえないが、レース全体を通して、チームとマシンはとてもよく機能した。

ジェンソンは、最初のコーナーでブルデーと接触してフロントウイングにダメージを負ったため、ウイングがゆるんで最終的に落ちてしまった。ノーズを交換したが、車体にダメージが残り、彼は多くのダウンフォースを失っていた。それを考慮し、まだレースは始まったばかりではあったが、ダメージを負ったマシンで走行を続けることは賢明ではないと判断し、彼をリタイアさせることにした」

―これからの数戦に向けて、どのような取り組みをしていくのか?
「来週のシルバーストーン・テストで、かなりの空力アップデートの評価を行い、それらを2週間後のイギリスGPで使用する。その先のレースに向けてさらに開発を進め、サスペンションのアップデートもする予定だ」

フォトギャラリー

  • 第8戦 フランスGP
  • 第8戦 フランスGP
  • 第8戦 フランスGP
  • 第8戦 フランスGP
  • 第8戦 フランスGP
  • 第8戦 フランスGP

決勝リザルト

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム/差
1 2 F.マッサ フェラーリ 1:31:50.245
2 1 K.ライコネン フェラーリ +17.984
3 11 J.トゥルーリ トヨタ +28.250
4 23 H.コバライネン マクラーレン +28.929
5 4 R.クビツァ BMWザウバー +30.512
6 10 M.ウェーバー レッドブル +40.304
7 6 N.ピケJr. ルノー +41.033
8 5 F.アロンソ ルノー +43.372
9 9 D.クルサード レッドブル +51.072
10 22 L.ハミルトン マクラーレン +54.521
11 12 T.グロック トヨタ +57.738
12 15 S.フェテル トロロッソ +58.065
13 3 N.ハイドフェルド BMWザウバー +62.079
14 17 ルーベンス・バリチェロ Honda Racing F1 Team +1Lap
15 8 中嶋一貴 ウィリアムズ +1Lap
16 7 N.ロズベルグ ウィリアムズ +1Lap
17 14 S.ブルデー トロロッソ +1Lap
18 21 G.フィジケラ フォースインディア +1Lap
19 20 A.スーティル フォースインディア +1Lap
RT 16 ジェンソン・バトン Honda Racing F1 Team DNF

ポイントスタンディング

ドライバー

順位 ドライバー マシン ポイント
1 F.マッサ フェラーリ 48
2 R.クビツァ BMWザウバー 46
3 K.ライコネン フェラーリ 43
4 L.ハミルトン マクラーレン 38
5 N.ハイドフェルド BMWザウバー 28
6 H.コバライネン マクラーレン 20
7 J.トゥルーリ トヨタ 18
8 M.ウェーバー レッドブル 18
9 F.アロンソ ルノー 10
10 N.ロズベルグ ウィリアムズ 8
11 中嶋一貴 ウィリアムズ 7
12 D.クルサード レッドブル 6
13 T.グロック トヨタ 5
14 S.フェテル トロロッソ 5
15 ルーベンス・バリチェロ Honda Racing F1 Team 5
16 ジェンソン・バトン Honda Racing F1 Team 3
17 N.ピケJr. ルノー 2
18 S.ブルデー トロロッソ 2
19 G.フィジケラ フォースインディア 0
20 佐藤琢磨 SUPER AGURI F1 TEAM 0
21 アンソニー・デビッドソン SUPER AGURI F1 TEAM 0
22 A.スーティル フォースインディア 0

コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
1 フェラーリ 91
2 BMWザウバー 74
3 マクラーレン 58
4 レッドブル 24
5 トヨタ 23
6 ウィリアムズ 15
7 ルノー 12
8 Honda Racing F1 Team 8
9 トロロッソ 7
10 フォースインディア 0
11 SUPER AGURI F1 TEAM 0