MENU
HONDA
検索
Formula 1 Honda Racing
モータースポーツ > F1世界選手権 > 第4戦 サンマリノGP 決勝
グランプリ情報 プレビュー 1日目フリー走行 予選 決勝 フォトギャラリー
2006.04.23 Rd.04 サンマリノGP
スケジュール
Rd. Date
01 3/12
バーレーンGP
02 3/19
マレーシアGP
03 4/2
オーストラリアGP
04 4/23
サンマリノGP
05 5/7
ヨーロッパGP
06 5/14
スペインGP
07 5/28
モナコGP
08 6/11
イギリスGP
09 6/25
カナダGP
10 7/2
アメリカGP
11 7/16
フランスGP
12 7/30
ドイツGP
13 8/6
ハンガリーGP
14 8/27
トルコGP
15 9/10
イタリアGP
16 10/1
中国GP
17 10/8
日本GP
18 10/22
ブラジルGP
第4戦 サンマリノGP
拡大
バトン、7位入賞。スーパーアグリは完走を逸す
2006年4月23日(日)・決勝
会場:イモラ・サーキット 天候:晴天 気温:26〜29℃
リザルト&ポイント

 サンマリノGP決勝レースで、Honda Racing F1 Teamのジェンソン・バトンは7位入賞。ルーベンス・バリチェロは10位完走だった。

 一方、SUPER AGURI F1 TEAMの佐藤琢磨、井出有治はともにリタイアし、完走はならなかった。

第4戦 サンマリノGP
拡大
第4戦 サンマリノGP
拡大
Honda Racing F1 Team 決勝レースの展開

 決勝当日も青空が広がり、午後2時の気温は27℃。路面温度は43℃まで上がった。1周目、C・アルバース(ミッドランド)が、井出有治のマシンと絡んでクラッシュし、セーフティカー導入となった。3周目から再開され、バトンは2番手をキープ。バリチェロはスタート直後の出遅れで、5番手となった。

 14、15周目に、バリチェロ、バトンが相次いで最初のピットイン。しかしバリチェロは給油に手間取り、大きくタイムロスし、順位を落とす。ほぼ全員が1回目のピットインを終えた29周目、バトンはF・アロンソ(ルノー)に続き3番手。バリチェロは9番手。そして次の周、バトンが2度目のピットインに入る。ところが、給油作業が完全に終わる前に発進してしまい、いったん止まって再発進。これでバトンは、8番手に後退してしまう。

 ゴールまで残り20周となった42周目は、バトンは7番手、バリチェロは13番手を走行。終盤、バトンはG・フィジケラ(ルノー)に激しく追われるが、最後まで抑え切り、7位入賞を果たした。バリチェロは、10位完走だった。

第4戦 サンマリノGP
拡大
第4戦 サンマリノGP
拡大
ページの先頭へ
Honda Racing F1 Team コメント

ジェンソン・バトン 7位
「今日は取れたはずの表彰台を逃してしまった。マシンは速かったし、分析もできていたので、3位にはなれたはずだ。1回目のピットストップでは右リアタイヤの装着に手間取り、2回目では燃料ホースが外れる前にロリポップが上がってしまったんだ。そのために残念ながらクルーを巻き込んでしまった。でも、このチーフメカニックは、これまで何百回も正しくロリポップを上げてくれているから、もう二度と同じことはないと思う。幸い、誰も大きなけがをしなかったので、次のレースではまたみんな頑張ってくれるはずだ。今日は残念な結果だったけど、ペースは良かったし、オーストラリアと比べたら、確実に前進している。これまで何度も言っていることだけど、僕たちがするべきことは集中力を絶やさず、プッシュし続けることだ」

ルーベンス・バリチェロ 10位
「とってもいい感じできていたので、今日の結果にはがっかりだよ。スタートを失敗し、最初のピットストップでもタイムをロスしてしまった。ノズルが壊れてしまい、違うものと交換しなければならなかった。マシンのペースは問題なかったんだ。とりわけ、1回目にピットインの前まではね。でも、1回目のピットインの後は、非常に難しかった。ペースが落ちたのはリアタイヤのロックが原因だったんだ。ブレーキは徐々に良くなっていったんだけど、新品のリアタイヤがロックしていたんだ。でもマシンのバランスは良くなっているので速くなってきていると思う。僕たちは今抱えている問題に集中して解決することが必要だね。もし今日、給油の際のミスがなければ、6位以内にフィニッシュすることができたと思う。チームはとても一生懸命だし、タイヤを暖める課題については、改善されているし、2週間後のニュルブルクリンクではフレッシュな気持ちでスタートを切りたいね」

ジル・ド・フェラン Honda Racing F1 Team スポーティングディレクター
「言うまでもなく、厳しい一日だった。ピットストップで全てが狂ってしまった。ルーベンスは最初のストップで燃料リグのトラブルがあった。ジェンソンは2回目のストップでは燃料ノズルが刺さった状態で、発進の合図を早く出し過ぎてしまった。誰にもけががなかったことは不幸中の幸いだ。最終結果は残念だったが、ピットストップでこれほど問題が起きなければ、表彰台を目指して戦えたはずだ。今週末はマシンの戦闘力が見られたし、とにかく前向きに次のニュルブルクリンクを目指すしかない」

中本修平 Honda Racing F1 Team シニアアドバイザー
  ホンダ・レーシング・ディベロップメント エンジニアリングディレクター
「全体的に残念なレースでした。今週末はマシンも、自分たちも力を出し切ることができませんでした。2週間後のニュルブルクリンクへ向けて、気持ちをもう一度集中し直します」

ページの先頭へ
第4戦 サンマリノGP
拡大
SUPER AGURI F1 TEAM 決勝レースの展開

 C・アルバース(ミッドランド)と接触した井出は、マシンの不調を訴えて緊急ピットイン。いったんはコースに復帰したものの、すぐに戻り、そのままガレージへ。一方、好スタートを切った佐藤は、前を行くT・モンテイロ(ミッドランド)を追う。

 11周目、井出がレースに復帰。ねばり強く走行を続けたが、中盤34周目にマシントラブルによりコースアウトし、リタイア。佐藤も44周目で、リバッツァの出口でスピンをし、4戦連続完走はならなかった。

ページの先頭へ
SUPER AGURI F1 TEAM コメント

佐藤琢磨 リタイア(44周走行)
「今週末は信頼性の問題が全く発生していなかったので、レースをフィニッシュできなかったことが残念だ。スタートはまずまずで、ポジションを上げることができたが、クルマのスピードが十分ではなかったので、それ以上はポジションを上げることができなかった。チームのみんなも週末を通して本当に良く頑張ってくれて、かなりの進歩があったので、このまま努力を続けてパフォーマンスを向上させていきたいと思う」

井出有治 リタイア(23周走行)
「スタートではそれほどプッシュしているつもりはなかったのだが、二つ目のシケインの立ち上がりでアルバースがレーシングラインにいて、彼のクルマを避けることができなかった。その接触のあと、左フロントのサスペンションがダメージを受けていたため、コーナーでの安定感が悪くなった。その後、リアサスペンションにも問題が発生して、レースをリタイアせざるを得なかった。今週末はラップタイムが少し速かったので、このまま自分のリズムをキープして、次のレースでは良い結果を出したい」

鈴木亜久里 SUPER AGURI F1 TEAM チーム代表
「このサーキットの条件は、ぼくたちにとっては難しいものだったので、タフなレースになることは分かっていた。チームはイタリアに来ることを非常に楽しみにしていた。ヨーロッパラウンド初戦で良い結果を出すために全力を尽くした。まだパフォーマンスレベルは十分ではないが、チームやドライバーも頑張ってくれているので、新しいクルマを与えてあげられないことが残念だ。SA06の導入までは厳しい状況が続くが、士気も高いので、これからもチームは全力を尽くしてくれるはずだ」

ページの先頭へ
決勝リザルト&ポイントランキング
順位 No. ドライバー コンストラクター タイヤ タイム/差
1 5 M.シューマッハ フェラーリ B 1:31:06.486
2 1 F.アロンソ ルノー M +2.096
3 4 JP.モントーヤ マクラーレン M +15.868
4 6 F.マッサ フェラーリ B +17.096
5 3 K.ライコネン マクラーレン M +17.524
6 9 M.ウェーバー ウィリアムズ B +37.739
7 12 ジェンソン・バトン Honda Racing F1 Team M +39.635
8 2 G.フィジケラ ルノー M +40.200
9 7 R.シューマッハ トヨタ B +45.511
10 11 ルーベンス・バリチェロ Honda Racing F1 Team M +77.851
11 10 N.ロズベルグ ウィリアムズ B +79.675
12 17 J.ビルヌーブ BMWザウバー M +82.370
13 16 N.ハイドフェルド BMWザウバー M +1Lap
14 20 V.リウッツィ トロロッソ M +1Lap
15 21 S.スピード トロロッソ M +1Lap
16 18 T.モンテイロ ミッドランド B +2Laps
RT 14 D.クルサード レッドブル M DNF
RT 22 佐藤琢磨 SUPER AGURI F1 TEAM B DNF
RT 15 C.クリエン レッドブル M DNF
RT 23 井出有治 SUPER AGURI F1 TEAM B DNF
RT 8 J.トゥルーリ トヨタ B DNF
RT 19 C.アルバース ミッドランド B DNF
【ドライバー】 【コンストラクター】
順位 ドライバー コンストラクター 総合
ポイント
1 F.アロンソ ルノー 36
2 M.シューマッハ フェラーリ 21
3 K.ライコネン マクラーレン 18
4 G.フィジケラ ルノー 15
5 JP.モントーヤ マクラーレン 15
6 ジェンソン・バトン Honda Racing F1 Team 13
7 F.マッサ フェラーリ 9
8 R.シューマッハ トヨタ 7
9 M.ウェーバー ウィリアムズ 6
10 N.ハイドフェルド BMWザウバー 5
11 J.ビルヌーブ BMWザウバー 5
12 ルーベンス・バリチェロ Honda Racing F1 Team 2
13 N.ロズベルグ ウィリアムズ 2
14 D.クルサード レッドブル 1
15 C.クリエン レッドブル 1
16 S.スピード トロロッソ 0
17 J.トゥルーリ トヨタ 0
18 V.リウッツィ トロロッソ 0
19 C.アルバース ミッドランド 0
20 佐藤琢磨 SUPER AGURI F1 TEAM 0
21 T.モンテイロ ミッドランド 0
22 井出有治 SUPER AGURI F1 TEAM 0
ポイント一覧
順位 コンストラクター 総合
ポイント
1 ルノー 51
2 マクラーレン 33
3 フェラーリ 30
4 Honda Racing F1 Team 15
5 BMWザウバー 10
6 ウィリアムズ 8
7 トヨタ 7
8 レッドブル 2
9 トロロッソ 0
10 ミッドランド 0
11 SUPER AGURI F1 TEAM 0
ポイント一覧
ページの先頭へ