MENU

HONDA

検索
Formula 1
モータースポーツ > F1世界選手権 > 第7戦 ヨーロッパGP 決勝
レース
ヨーロッパ 第7戦 5月29日
ヨーロッパGP
グランプリ情報 プレビュー
フリー走行 予選 決勝 フォトギャラリー
リザルト ポイント
グランプリ情報
Rd. Date
01 3/6 オーストラリアGP
02 3/20 マレーシアGP
03 4/3 バーレーンGP
04 4/24 サンマリノGP
05 5/8 スペインGP
06 5/22 モナコGP
07 5/29 ヨーロッパGP
08 6/12 カナダGP
09 6/19 アメリカGP
10 7/3 フランスGP
11 7/10 イギリスGP
12 7/24 ドイツGP
13 7/31 ハンガリーGP
14 8/21 トルコGP
15 9/4 イタリアGP
16 9/11 ベルギーGP
17 9/25 ブラジルGP
18 10/9 日本GP
19 10/16 中国GP
第7戦 ヨーロッパGP
拡大する
バトン10位、佐藤12位で完走するも、惜しくもポイント獲得ならず
5月29日(日)・決勝
サーキット:ニュルブルクリンク 天候:晴れ 気温:24℃

 ヨーロッパGP決勝レースで、Lucky Strike B・A・R Hondaのジェンソン・バトンは10位、佐藤琢磨は12位完走を果たした。

第7戦 ヨーロッパGP
拡大する
第7戦 ヨーロッパGP
拡大する

 決勝当日は、午後になって雨という天気予報もあったが、レース開始時刻の午後2時の時点で天候は晴れ。ただ上空には雲が出始めており、気温も24℃と、前日のような暑さはない。

 フォーメーションラップを終え、スタートする直前にG・フィジケラ(ルノー)のマシンにトラブルが発生。そのため再びフォーメーションラップに入り、レースは59周で行われることになった。そして、スタートの直後に波乱が起きる。1コーナーで、先頭集団にいたM・ウェーバー(ウィリアムズ)がJP・モントーヤ(マクラーレン)に追突。そのあおりを受け、後方集団の中にいた佐藤もフロントウィングを接触させ、破損してしまった。

 一方バトンは、この混乱をうまく切り抜け、1周目に8番手にジャンプアップ。佐藤もバトンに続いて9番手にポジションを上げたが、フロントノーズの交換のため緊急ピットインを余儀なくされ、18番手まで後退してしまった。その後バトンは思ったようにペースを上げられず、R・バリチェロ(フェラーリ)、JP・モントーヤ(マクラーレン)らに先行され、11周目には11番手に後退してしまう。

 バトンは23周目に1回目のピットイン。一時は5番手まで追い上げていたが、再び11番手に後退。そして佐藤は、27周目まで最初のスティントを引っ張ったおかげで、13番手までポジションを上げた状態を維持したまま、コースに復帰した。

 バトンと佐藤の2台のマシンは、それぞれ2回目のピットストップを無事に済ませ、そのままの順位を維持したまま周回を重ねる。そしてレースファイナルラップの第1コーナーで、先頭を走っていたK・ライコネン(マクラーレン)がフルブレーキングの直後にマシントラブルでスピン。もの凄い勢いのままアウト側に飛び出して行った。そのすぐ前を走っていたバトンは、間一髪、ほんの僅かな差でクラッシュを逃れ、10位でチェッカーを受けた。佐藤も最後までレースを走り切り12位完走。B・A・R Honda勢は復帰レースで2台揃って完走を果たしたものの、惜しくもポイント獲得はならなかった。優勝は、F・アロンソ(ルノー)だった。

第7戦 ヨーロッパGP
拡大する
第7戦 ヨーロッパGP
拡大する
コメント

ジェンソン・バトン (10位)
「ここでは、まずまずの速さを発揮できると思っていたから、今日のこの結果には驚いているんだ。マシンはオーバーステアが強く、その上コーナーに入る時にはアンダーステアがでてしまい、何がどうなっているんだか分からなかった。とても苦しい走りを強いられたけれど、少なくともカナダでの、もう少し良いグリッド獲得に向けての前進はできたと思う。次のレースに向けて、幾つかの新しい空力パーツが用意されるから、きっとそれが良い結果への手助けになると思うよ。来週のテストでは多くの仕事があるけれど、モントリオールでは、もっと良いパフォーマンスを見せられると思うよ」

佐藤琢磨 (12位)
「まずレースの場に戻ってこれたことと、高い信頼性を発揮できたことは嬉しいことです。また、今週のレースに向けて、ハードな仕事をこなしてくれたチームとHondaの皆に対し、感謝しています。1コーナーのブレーキングで幾つかポジションを挽回できましたが、その後に前方のアクシデントに巻き込まれたマシンに行く手を阻まれてしまい、避けることができずにフロントウイングにダメージを与えてしまいました。その後は良いペースで走ることができましたが、来週のテストでは、カナダとアメリカGPに向け、もっとマシンを進化させなければいけません」

ジル・ド・フェラン B・A・R Hondaスポーティングディレクター
「我々がテストで発揮できていた速さをここで再現することができず、非常に残念だ。基本的なことだが、我々のマシンには、まだ速さが不十分だ。現時点では、速さを発揮できなかった原因は完全には見出せていないが、今週のモンツァとシルバーストーンのテストで明らかにし、北米での2連戦までに対策を打たねばならない。しかし、ここで2台揃って信頼性を発揮できたこと、Hondaのおかげで5週間のギャップがあったにもかかわらずエンジンに何の問題もなかったこと、そしてカナダの予選をまずまずの出走順で走れることは、ポジティブなことだ」

中本修平 Honda Racing Developmentエンジニアリング・ディレクター
「エンジンの信頼性に問題はなく完走したものの、ポイントを獲得できるパフォーマンスを発揮させられず、非常に残念です。モンツァとシルバーストーンで来週もテストを行い、次のカナダとアメリカの連戦では良い結果を出せるよう、引き続き頑張ります」

ページの先頭へ
決勝リザルト&ポイントランキング
順位 No. ドライバー コンストラクター タイヤ
1 5 F.アロンソ ルノー M 1:31:46.648
2 8 N.ハイドフェルド ウィリアムズ M +16.567
3 2 R.バリチェロ フェラーリ B +18.549
4 14 D.クルサード レッドブル M +31.588
5 1 M.シューマッハ フェラーリ B +50.445
6 6 G.フィジケラ ルノー M +51.932
7 10 JP.モントーヤ マクラーレン M +58.173
8 16 J.トゥルーリ トヨタ M +71.091
9 15 V.リウッツィ レッドブル M +71.529
10 3 ジェンソン・バトン B・A・R Honda M +95.786
11 9 K.ライコネン マクラーレン M DNF
12 4 佐藤琢磨 B・A・R Honda M +1lap
13 11 J.ビルヌーブ ザウバー M +1lap
14 12 F.マッサ ザウバー M +1lap
15 18 T.モンテイロ ジョーダン B +1lap
16 19 N.カーティケヤン ジョーダン B +1lap
17 21 C.アルバース ミナルディ B +2laps
18 20 P.フリーザッハー ミナルディ B +3laps
RT 17 R.シューマッハ トヨタ M DNF
RT 7 M.ウェーバー ウィリアムズ M DNF
ドライバー
順位 ドライバー コンストラクター 総合
ポイント
1 F.アロンソ ルノー 59
2 K.ライコネン マクラーレン 27
3 J.トゥルーリ トヨタ 27
4 N.ハイドフェルド ウィリアムズ 25
5 M.ウェーバー ウィリアムズ 18
6 G.フィジケラ ルノー 17
7 R.シューマッハ トヨタ 17
8 M.シューマッハ フェラーリ 16
9 JP.モントーヤ マクラーレン 16
10 R.バリチェロ フェラーリ 15
11 D.クルサード レッドブル 15
12 A.ブルツ マクラーレン 6
13 J.ビルヌーブ ザウバー 5
14 P.デ・ラ・ロサ マクラーレン 4
15 C.クリエン レッドブル 3
16 F.マッサ ザウバー 2
17 V.リウッツィ レッドブル 1
18 ジェンソン・バトン B・A・R Honda 0
19 T.モンテイロ ジョーダン 0
20 N.カーティケヤン ジョーダン 0
21 佐藤琢磨 B・A・R Honda 0
22 P.フリーザッハー ミナルディ 0
23 C.アルバース ミナルディ 0
- アンソニー・デビッドソン B・A・R Honda 0
ポイント一覧へ
  コンストラクター
順位 コンストラクター 総合
ポイント
1 ルノー 76
2 マクラーレン 53
3 トヨタ 44
4 ウィリアムズ 43
5 フェラーリ 31
6 レッドブル 19
7 ザウバー 7
8 ジョーダン 0
9 B・A・R Honda 0
10 ミナルディ 0
ポイント一覧へ
ページの先頭へ