MENU

HONDA

検索
モータースポーツ > ニュース > 2008年Honda F1世界選手権参戦体制

FORMULA 1

ニュース

2008年Honda F1世界選手権参戦体制

2008年3月10日(月)

Hondaは、2008年も引き続き、Honda Racing F1 Teamとして、F1世界選手権に参戦する。また、テクニカルパートナーとして、SUPER AGURI F1 TEAMにもエンジン等を供給する。

Honda Racing F1 Teamの概要

チームプリンシパル : ロス・ブロウン
チームCEO : ニック・フライ
デピュティマネージングディレクター : 中本修平
ドライバー : ジェンソン・バトン、ルーベンス・バリチェロ
所在地 : 英国ノーザンプトン州ブラックリー

SUPER AGURI F1 TEAMの概要

チーム代表 : 鈴木亜久里
ドライバー : 佐藤琢磨、アンソニー・デビッドソン
所在地 : 英国オックスフォード州ウィットニー ラングレー

2008年Honda F1エンジンについて

名称 : Honda RA808E
形式 : 2.4L V型8気筒自然吸気
特徴 : 2008年のレギュレーション変更による、共通ECU導入とトラクションコントロール廃止に伴うエンジンの最適化、さらに出力および、フラットなトルク特性によるドライバビリティーの向上と信頼性を高次元でバランス。

Honda Racing Development Ltd.(HRD)の概要

社長 : 阿部弘
所在地 : 英国バークシャー州ブラックネル
活動内容 : エンジンの開発サポートおよびメンテナンス、本田技術研究所栃木研究所への技術的フィードバック等

大島裕志|本田技研工業(株)広報・モータースポーツ担当執行役員

「Honda Racing F1 Teamは、今シーズン開発オペレーションを強化し、さらに日本の栃木研究所と現地との密接な連携のもと、レースチームの基盤を確実に強化できました。

今シーズンも激戦が予想されますが、ファンの皆様の期待に応えられるよう、開幕戦から攻めのレースを続けていきます。また、SUPER AGURI F1 TEAMに関しては、Hondaに対しても多くの皆様から、ご心配や励ましの声をいただきましたが、参戦が決まり、嬉しく思っております。

引き続き両チームへのご声援を、よろしくお願いいたします」