MENU

HONDA

検索

バイク少年本田技研へ 佐野教授の「60's Honda F1物語」

イラスト
本田宗一郎に日曜日はなかった
(佐野彰一×高木理恵) 

Hondaの創業者である本田宗一郎さんの下で働くことは、並大抵なことではなかったことが、佐野さんのお話を聞いて、よ〜くわかりました。たとえば、ほとんど休みなんかもなかったかのように思えるのですが、ホントのところ、どうなっていたのでしょうか?

――佐野さんが、F1参戦に向けてマシンを作っていたときって、休みなんかなかったのでは?

「そうですね、F1の組み立てもあって、私は日曜日にもずいぶん会社に行っていた。 そうしたら、驚いたことに、日曜日にも会社に来るんですよ、本田さんが」

――ウワ〜! 日曜日に出勤して、ゆっくり仕事に取り込めると思っていたら、来た〜!っという感じですね (笑)

「真赤なシャツを着て、『オイ、どうだ?』なんていいながら、入ってくる」

――赤いシャツとは、また派手な登場ですね!

「いや、これがまたゴルフ帰りでね……」

――ああ、イメージを裏切らない方。ステキすぎます!(笑)

「その姿を見て、この会社はスゴイ会社だなと思いましたよ」

――それはたとえば、どんなところですか?

「寝ないで仕事をして、何でも一日の勝負だったっていう話はしましたよね。
で、つい最近、他の自動車メーカーの年配の方にお会いしたときに、『Hondaはすごいよな、何でも一週間で決着つけちゃうんだから』と、いわれたんですよ。その方の会社では、何かの結論を出すのに一ヵ月はかかったというんですね」


――Hondaの「速さ」というのは、それとなく外部にも伝わっていたんですね。

「でも、本当は一週間なんていう時間はなくて、一日だったんですけどね(笑)」

――ああ、また気が遠くなりそう……。

「でもね、人使いが荒い本田さんですが、それがHondaの伝統にもなっているんですよ。いま当時を振り返ってみると、無駄な摩擦もなくて、仕事のしやすい環境だったと思います。それがまた、Hondaのいいところで、強さでした」

――日曜日にもゆっくりできず、本田さんの目からも逃げられなかったけど、でも、仕事がやりやすかった……。うーん、よっぽどモチベーションの高い人たちが集まっていたんでしょうね?

「われわれ(F1開発チーム)は、ブツ(部品)を作る人たちのパワーに、どんなに助けられたかわからない。いまの技術はシステム的なことが多いんですが、昔はもっとシンプルだった。だから、すべてのバランスがちょうどよかったんじゃないかな」

日曜日に真赤なシャツを着て登場したという本田宗一郎さん。会社のことが気になって、ついつい顔を出してしまうのが微笑ましい。
でも、佐野さんがおっしゃっていた『作る人たちのパワー』から、本田さんご自身も、エネルギーをもらっていたのかもしれません!

トップページへ戻る 次のページへ
佐野教授の60’s F1物語へ 丸野エンジニアの手記へ 幻のHondaインディ計画へ 佐野教授とコレクションホールを行くへ 佐野教授の手紙へ 時代背景へ