MENU
HONDA
検索
  Honda F1 ルーツ紀行

マシンとその時代背景
RA302
RA302 1968年フランスGPにデビューしたRA302。このレースでドライバーのシュレッサーは帰らぬ人となった。RA302はその後、鈴鹿でのテストやイタリアGPのプラクティスを走ったが、オーバーヒートの問題を解決できなかった。
前へ
佐野教授の60’s F1物語へ 丸野エンジニアの手記へ 幻のHondaインディ計画へ 佐野教授とコレクションホールを行くへ 佐野教授の手紙へ 時代背景へ