MENU

HONDA

検索

丸野冨士也(まるの ふじや)
1935年(昭和10年)2月16日、鹿児島県加世田市(現・南さつま市)出身。
東京工業大学機械工学課程卒。
1959年4月1日にホンダに入社。大ヒットのスーパーカブ誕生の1年後、ホンダがマン島に挑戦を開始するその年のことである。入社してレーサー設計室に所属、ベンリーC92スポーツタイプのエンジンをマン島用に改造、125cc、250cc、とも勝利を納めた後、F1プロジェクトに参画。実験車のRA270、デビューマシンのRA271、メキシコで初勝利を飾ったRA272のエンジンとトランスミッションを担当する。

1965年前半をホンダF1チームの一員として、1.5リッターのRA271とともにヨーロッパで過ごし、7月に帰国してからは、N360、ライフなどを手掛ける。
1995年2月16日、ホンダを退社、社友となって現在に到る。