MENU

HONDA

検索

 レースのスタート早々リタイアしてしまった車のチームメンバーは、いろいろと考え悩むものだ。どこがどういうふうに壊れたのか、その原因は何か、対策品がレースまでに間に合うか、どんな手順で修復したらいいのか。レースが終わって自分達の車を何kmも先のコースの端まで行って確認し運んで来るまでは 、憂鬱で退屈なものである。
 クレルモンフェランのGPでは、40周と9周でバックナムもギンサーもリタイヤしてしまった。ピットの前の直線をただ単調にビュンビュン走りすぎて行く他のチームの車を眺めているのにも、すっかり飽きてしまった。

 その頃日本ではF1レースのテレビ放送は勿論なかったから、コーナーでF1が攻めぎあう光景など雑誌の写真でしか見た事はなかった。
 またチームのメンバーもレース中は自分達の車がいつピットインしてくるか分らないから、ピットを離れてコースをうろつく訳にはいかない。ピットにテレビモニター等は付いていない時代だ。
 幸いにもクレルモンフェランのピットの裏は雑木林で、そこを登ると50Rのカーブを見下ろせる所に行けるそうだ、今日はレース見物をしよう。タイヤをきしませて曲がってくるであろうF1達をじっくり眺めてスピンでもしたら、バッチリ写真を撮ってやろうと、思い立った。
 まず現れたのが、1963年のチャンピオンで先のベルギーGPでも優勝し、今回もポールポジションのロータスを駆けるジム・クラーク。期待に反してタイヤも鳴らさず無理なハンドルさばきもせず、何の変哲もなくきれいにコーナーのインをついて曲がって行く。それでも2位の車がなかなか来ないところを見ると断突に速いのだ。
クレルモンフェランのジャッキー・スチュアート  次に来たのは今年の新人で、モナコ3位ベルギー2位と素晴らしい成績のジャッキー・スチュアート。フィアンセに贈られた鮮やかな青、黄、赤、緑色のタータンチェックの分厚いリボンをヘルメットに巻いて、嬉しそうに駆け抜けていった。(後年結婚して落ち着いたのかタータンチェックのペイントになった)
 ひととおり各ドライバーの写真を撮り終わって、さて此のカーブで競い合いを演じてスピンでもしてくれないものかと、カメラを構えて長い時間待っていたが何もおこらない。
 ところが何回目かにカーブを曲がって来たジム・クラークが、ファインダーから顔をはずしていた私に右手を上げて、挨拶をしてくれるではないか、思わず手を振って答えた。しまった!シャッターを切り損なった。

写真を撮っていると、ドライバーが手を振ってくれたのには驚いた
写真はグラハム・ヒル  また、カメラを構え直し待っていると次に来たヒルも手を振ってくれる。今度はちゃんとシャッターを切った。
 結局2位のスチュアートに30秒もの差を付けて優勝したクラークを見る暇もなく、レースが終わるや否やバックナムとギンサーの車をコースの端までトラックで拾いに行った。

 その日の夜更け、すっかり人通りも無くなったクレルモンフェランの街の暗い通りに面して、我々のガレージ1軒だけがこうこうと明かりを点けていた。
 研究所に連絡するために、レースで壊れた箇所をチェックし、アムステルダムへの帰り支度をしていたのだ。
 そのガレージに酔っぱらいが来て何か喋っているという。こんな時間に何かと行ってみると「ピピ!ピピ!」(オシッコ!:幼児仏語)暗い夜道を我慢して歩いて来たらしいオジサンが差し迫った様子で股間を抑えて立っている。「こちらへどうぞ」と、明るく広いガレージを横切って奥のトイレに案内した。
 そのトイレは、前の壁から後ろの壁へ水が流れている溝を挟んでレンガが2枚分ぐらいの足場が2個置いてあるだけの石造りで、これ以上簡素で頑丈な水洗トイレは世界中探してもないという代物、さすがに古代ローマ時代から交通の要衝であったクレルモンフェランならではのトイレだった。

 900年前の中世に、聖地エルサレムをイスラム教徒の支配から奪回しようと、キリスト教の法王達が集まって宗教会議を開き、最初の十字軍派遣を決めたのは、このクレルモンフェランでの出来事だった。

 この街の月の出ない夜空には、酔っぱらいに立小便させないだけの魔力が今でも尚、漂っているのだろうか。
 礼を言って立ち去るオジサンを見送りながらシャッターを下ろした。