MENU

HONDA

検索
16.ホンダF1最初の完走

 1965年6月13日、どしゃ降りの雨の中行われたスパ・フランコルシャンのベルジャンGPでホンダのF1は初めて完走した。しかも6位入賞、チャンピオンシップ得点1を獲得した。
 そんな記念すべきレースだったが、バイクではすでに62年からワールドチャンピオンでありF1は入賞ではなく優勝が目的のホンダチームは何のお祝いもしなかった。
 ただ関口監督から「丸野、電報だよ」と渡された横浜からの電報で長男が生まれたことを知らされ、私にとっては二重に嬉しい一日だった。

 その夕方、関口監督の思いやりもあって、6位のプライズマネーを受取りに行く事になった。私とメザース君は久し振りにネクタイを締めて、スパのオートモビルクラブへ向かった。
 車の中でメザース君が「テレビのクイズ番組を見ていたら、エジプトのファラオの名前を当てて100万円貰ったやつがいたよ」と言うので「それはツタンカーメンかい?」と言うと、メザース君は「アナタも100万円貰えるよ!」と叫んで、地球の裏側の日本人がツータンカーメン(メザース君はそう発音した)を知っているのかと大変驚き、以後私を見る目が少し変わったように見えた。
 実は数年前、日本はツタンカーメンブームだった。あの黄金のマスクの展示会があったり、本が出版されたりしたので、私にも少しは知識があったのだ。

 オートモビルクラブでプライズマネーのチェックを受け取ると、会計係の人が祝賀パーティが始まっているから一杯飲んでいけと会場に案内してくれた。
 ホールを見渡すと最前列に、優勝したロータスのジム・クラークが珍しく濃紺のブレザーにストライプのネクタイで、オーナー監督のコーリン・チャップマンと嬉しそうに語り合っている。その隣では金切り声のジャッキー・スチュワート。新人ながらモナコで3位、ベルギーで2位と目覚ましい成績を修め、ベテランのグラハム・ヒルと仲良く座っている。BRMチームのコンビだ。
 ドライバーだけではなく、入賞したチームのマネージャーやメカニック、レースの役員やホストの町の顔役まで100人位の大パーティでがやがやと賑わっている。
 席に着くとボーイが目の前の大きなグラスにシャンパンを注いでくれた。まずは長男のためにメザース君と乾杯。するとすぐにグラスにシャンパンを満たしてくれる。こちらのパーティーでは、乾杯だけではなくその後もずーっとシャンパンを飲むんだ!と感心していると地元の名士の挨拶の後で表彰が始まった。