MENU

HONDA

検索
00.まえがき

 「最初のF1にまつわる公表されてないエピソードはありませんか。
ホンダ五十年史を書く材料にしたいのですが」と研究所からリタイアして2年目の私に電話があった。

 昔の写真や古い手帳を探し出して眺めているうちに、すっかり忘れていた30年以上前の出来事が少しずつ蘇ってきた。
 これまでにいろいろな方々がホンダF1の初期の技術的な面、レースの状況、ポリシーなどについて様々な角度から書いておられるが、1969年以降F1から離れてしまった私はそれらを殆ど読んでいなかった。
 エピソードを書いている最中に、たまたま高校の同窓会が開かれた。
 今こんな話を書いていると喋ったところ、「書き終わったら読ませろ」と先輩に言われた。
 読み終わった先輩のハガキに、「これは面白いから、一般の人にも分り易く書き直して同窓会誌に投稿しなさい」と、あった。

 読み直し書き直しを繰り返しているうちに、人間の記憶の面白い仕組みに驚かされた。
 ふるさとの道を辿って、昔馴染みの自転車屋に来ると隣の花屋の娘さんを思い出す。すると斜め向かいのお菓子屋の奥さんが華やいだ笑顔で話しかけて来る。そんな具合に遠い昔の出来事が次から次へとベールをかなぐり捨てて名乗り出てきた。

 1965年5月から7月までの間、オランダ、モナコ、ベルギー、フランス、イギリスをF1チームの一員として旅をした若いエンジニアが受けたカルチャーショックの数々。忘れ去れずに残った古い小さなケシ粒が芽を出し葉を広げて見せてくれた。

 同窓会誌に原稿を送った後も、思い出は私の頭を揺さぶりキーボードを叩き続けさせた。