MENU

HONDA

検索
企業情報 事業内容 採用情報 アクセス
Hondaグループならではの生産技術の流れ 事業内容

生産技術の研究・開発と生産ラインの企画・構築
Honda製品を、世の中に幅広く提供するためには、図面に描かれたHondaの4輪、2輪、汎用製品を、大量生産するためのプロセス、即ち、効率的な生産ラインを作らなければなりません。
ホンダエンジニアリングは、そんなHonda製品を大量生産するための、
   (A)生産技術の研究
   ↓
   (B)生産技術の開発

を行い、
それらの研究開発の成果を元に、Honda製品を大量生産するための
   (C)生産ラインの企画
   ↓
   (D)生産ラインの構築

を行っているHondaグループの中核企業です。

本田技術研究所が開発したHondaの新製品を大量生産するための、生産技術を開発する。そして生産ラインを企画・構築して、本田技研工業の工場に納品するということが、ホンダエンジニアリングが取り組んでいる一つの事業になります。
生産技術の研究・開発と生産ラインの企画・構築
生産技術の研究・開発 生産ラインの企画・構築
未来に向けて、より競争力の高い商品・生産体質を追及し、次世代の生産技術の研究を行っています。
研究対象としては、四輪、二輪、汎用機製品の図面を、具現化、量産化するための研究・開発を主に行っております。
しかし、製品を具現化、そして量産化するための生産技術であれば、その研究範囲は限られていません。
●精密鍛造技術
●金属鋳造生産技術
●金属材料
●樹脂材料、樹脂成形技術
●プレス成形技術、塑性加工技術
●組立・加工設備のメカトロQA技術
●高精度加工技術
●塗装システム
●溶接システム
●組立
●検査システム
など
Hondaの特定の4輪・2輪・汎用製品を、いかに具現化するか、いかに効率的に量産化するかを追求し、本田技研工業の工場に納品する生産ラインの企画・構築を行っています。
その業務は、生産ライン全体の仕様を企画するところからはじまり、生産ラインの各工程の設備、装置、金型の設計・製造するところまでを、当社で行っております。
次世代製品の研究・開発 および それらの生産技術の開発・設計・製造
ホンダエンジニアリングでは、単体で一つの機能をこなす、
次世代製品の研究・開発を行っております。
同時に、それらの次世代製品の生産技術の開発・設計・製造も行っております。
今現在では、右の次世代製品に取り組んでおります。
●燃料電池/材料の開発
●薄膜太陽電池の開発
●モータ・コントローラの開発
●インバータ・コンバータの生産技術
など