MENU

HONDA

検索

ホンダエンジニアリング株式会社

PRODUCTION TECHNOLOGY
生産技術開発について
魅力ある商品の創出やモノづくりの競争力を高めるため、独自の生産技術思想をベースに、自由闊達な社風の中で、新たなモノづくりへ挑戦しています。
Hondaにおける生産技術開発は、「短い工程・短いライン」「1工程マルチ工程」「ロスのない最高スピード加工」と創業時からの独自の生産技術思想をベースに、現在の革新的な生産技術開発手法や最新のデジタル技術を駆使し、Hondaの期待を上回る製品やサービスを創出していきます。革新的な生産技術を生み出す過程では、Hondaに根付くワイガヤ※など自由闊達な議論が行われ、ユニークなアイデアや新しいモノづくりの手法を次々と具現化していきます。HondaのDNAを受け継ぐ、ホンダエンジニアリングのモノづくりへの想いは、これからも進化し続けます。
※ワイガヤ:Honda用語で役職や年齢などの上下関係を意識せず、自由闊達に意見交換をする風土や習慣
POWER UNIT
パワーユニット生産技術
エンジン/トラスミッション/モーター/燃料電池などのパワーユニット系部品を生産するための生産技術を研究・開発し、各種設備や装置、金型を製造します。
必要となる生産技術
  • ・金属材料技術
  • ・金型鍛造技術
  • ・精密鍛造技術
  • ・精密加工技術
  • ・CAE解析技術
  • ・生産設備メカトロニクス技術
  • ・ロボット関連技術
  • ・次世代パワーユニットの研究・開発
  • ・AIやIoTなどのデジタル技術の開発
BODY
車体生産技術
車体を構成する鉄・アルミ系部品/樹脂系部品の成形生産技術、車体部品を接合する溶接技術、車体の塗装技術、車体部品を組み立て完成車に仕上げる生産技術を研究・開発し、各種設備や装置、生産ライン、金型を製造します。
必要となる生産技術
  • ・鉄/アルミ系材料技術
  • ・樹脂材料技術
  • ・金属塑性加工技術
  • ・樹脂製品の成形技術
  • ・溶接技術(レーザー、スポットなど)
  • ・塗装技術(材料技術、流体技術、熱力学技術など)
  • ・生産設備メカトロニクス技術
  • ・次世代ボディの研究・開発
  • ・AIやIoTなどのデジタル技術の開発