MENU

HONDA

検索

ホンダエンジニアリング株式会社

ROLE WITHIN HONDA
Hondaグループとの連携
商品開発の初期段階から、Hondaグループ各社がSEDシステムで連携しお客様に喜んでいただける商品をタイムリーに提供します。
Hondaは、より多くのお客様へ喜びを提供するため、環境や安全に配慮した新機能に加え、快適性や走る喜びを常に進化させ、モビリティの基本性能を高める努力をしています。新たな技術やそこから生み出される新機能は、(株)本田技術研究所が商品開発を行い、ホンダエンジニアリング(株)では、それらの具現化に向けた生産技術・生産設備・生産プロセスを構築し、本田技研工業(株)がHonda製品として生産し、お客様へお届けしています。HondaのモノづくりはSEDシステムの連携から生み出されています。
SED SYSTEM
SEDシステム
Hondaグループ各社がそれぞれの役割と責任を担い、
商品開発の初期段階から連携するHonda独自の商品開発システム。
Hondaグループ会社 本田技研工業(株) ホンダエンジニアリング(株) (株)本田技術研究所
Sales 販売
Engineering 生産
生産技術
Development 研究開発 ※二輪製品
BUSINESS FLOW
ビジネスフロー
ホンダエンジニアリングでは、量産化に必要とされる生産技術の研究・開発、
生産ライン・金型・設備の企画・設計・製作・導入までを一気通貫で行なっています。