MENU

HONDA

検索

Silk Way Rally 2019
Stage10
中国嘉峪関中国敦煌

2019年7月16日(火)

SS 255Km
トータル 556.66Km
シルクウェイラリー 2019 - Stage 10

ケビン・ベナバイズが最終ステージを優勝し、
シルクウェイラリーを締めくくる

FIMクロスカントリーラリー世界選手権の第2戦、シルクウェイラリーは、約5000kmの道のりを経て、ゴールの敦煌へと到着しました。Monster Energy Honda Teamは、さまざまな種類の地形と戦いながらラリーを進め、最後のステージとなったステージ10は、ゴビ砂漠の中心部に位置する敦煌を目指し、255kmのSSが設定されました。

Monster Energy Honda Teamのケビン・ベナバイズが、最終ステージで優勝。合計4つのステージで優勝したものの総合成績では3位のエイドリアン・ファン・ビファレン(ヤマハ)とわずか36秒差の4位。ベナバイズは表彰台への登壇を惜しくも逃す結果となりました。

ホアン・バレダとホセ・イグナシオ・コルネホは最終ステージをそれぞれ4位と5位でフィニッシュ。バレダは総合9位、コルネホは総合11位でシルクウェイラリーを終えました。

FIMクロスカントリーラリー世界選手権は次戦、9月2日(月)~7日(土)にチリでアタカマラリーが行われます。

コメント

ケビン・ベナバイズ(ステージ優勝/総合4位)
ケビン・ベナバイズ 「優勝できて、いいステージになりましたが、表彰台獲得にはそれでも十分な結果ではありませんでした。表彰台を逃してしまい、ほろ苦い気分です。最終的に4つのステージを勝てたことはうれしく思います。スピードある走りをみせられた結果だと思います。ブレーキに問題を抱えていたステージ4でさえ、逆境に負けずに走ることができました。さらにナビゲーションをミスして、時間をロスしてしまいました。そこで失った40分で、状況が大きく変わってしまいました。総合での表彰台を目標にしながら、それを果たすことはできませんでしたが、懸命に走ったので気分がいいです。よりよいリザルトを求めて、努力を続けたいと思います」

ホアン・バレダ(ステージ4位/総合9位)
ホアン・バレダ 「長い長いシルクウェイラリーを完走でき、うれしいです。簡単なレースではありませんでした。ステージ5で転倒してしまい、大きくタイムロスをしてしまいました。フィニッシュラインにたどり着くまで、集中力を維持するのに苦労していました。しかし、リタイアせずに走りきったことがなによりもいいことでした。シーズンを通した計画の上でも非常にいいことだと思います」

ホセ・イグナシオ・コルネホ(ステージ5位/総合11位)
ホセ・イグナシオ・コルネホ 「乾いた道路や川が中心でしたが、いいステージだったと思います。快適に走ることができました。ラリー全体について考えると、ペナルティーやGPSの問題で多くの時間をロスしてしまい、あまりいいものではありませんでした。それでも、困難な状況でライディングを改善できたので、また新たなステージに挑むことを楽しみにしています。シルクウェイラリーはすばらしいもので、本当の冒険でした。また走りたいです」

ステージ10 リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
1 7 ケビン・ベナバイズ Honda 02:40'49
2 10 A.ファン・ビファレン ヤマハ +00:01'50
3 29 A.ショート ハスクバーナ +00:02'02
4 11 ホアン・バレダ Honda +00:02'14
5 9 ホセ・イグナシオ・コルネホ Honda +00:02'22
6 6 S.サンダーランド KTM +00:04'31

総合順位

順位 No. ライダー マシン タイム/差
1 6 S.サンダーランド KTM 26:12'47
2 29 A.ショート ハスクバーナ +00:20'22
3 10 A.ファン・ビファレン ヤマハ +00:21'01
4 7 ケビン・ベナバイズ Honda +00:21'37
5 77 L.ベナバイズ KTM +00:36'50
6 25 O.メナ ヒーロー +00:51'50
         
9 11 ホアン・バレダ Honda +02:54'25
11 9 ホセ・イグナシオ・コルネホ Honda +04:06'10

フォトギャラリー

モータースポーツ >  ラリー >  シルクウェイラリー 2019 - Stage 10

ニュース