MENU

HONDA

検索

Stage 06ペルーアレキパ→サン・ファン・デ・マルコナ

2019年1月13日(日)

リエゾン 502km
SS 336km
トータル 838km
アレキパ→サン・ファン・デ・マルコナ

難易度の高いステージ6でブラベックとベナバイズが、
し烈なトップ争いを続ける

2019年ダカールラリーで最長となるステージ6。レストデイの夕方から移動を始めた選手たちは、内陸の高地アレキパから、暖かく風の強いサン・ファン・デ・マルコナへと838kmの長い一日へと挑みました。

1月13日、今大会では最長となるステージ6は、ダカールラリーはアレキパ~サン・ファン・デ・マルコナ間で行いました。その838kmという総距離を少しでも短縮するため、前日のレストデイの夕方から180km近くを移動し、太平洋沿いの町カマナへと移動したライダーたちは、翌13日早朝4時からリエゾン(移動区間)を開始。スペシャルステージ(SS/競技区間)のスタート地点まで再び移動を開始しました。この日用意されたSSは、前半84km、後半232km、また途中18kmのニュートラルゾーン(競技区間中の移動区間)を加えた、334kmで行われています。

ステージの特徴は、競技区間のうち75%がサンド路面であり、ハイライトは太平洋沿いに広がるタナカ砂丘を含む4つの砂丘エリアを通過するタフなものでした。スタートは8時30分に切られました。この日、7つのウエイポイント(WP/ルート上に設定されたGPS上の通過点)が設定されていましたが、上位スタートのライダーたちは、序盤のWP探しに苦労します。その中、Monster Energy Honda Teamのケビン・ベナバイズは3位タイムでWP1を通過するとそのままペースを上げフィニッシュまで走りきり、ステージ2位。チームメートのリッキー・ブラベックは序盤のナビゲーションに苦労しながらも、ステージをトップと7分30秒差でまとめフィニッシュしています。また、SSを2番手からスタートしたホセ・イグナシオ・コルネホは、ステージを切り開きながら走り、全体では15分13秒差のステージ9位となっています。

総合ではブラベックが4分38秒差の2位、ベナバイズは8分1秒差で前日までの順位から2つポジションを上げ4位となっています。2輪カテゴリーは、トップ6までのタイム差が10分46秒しかなく、予断を許さない混戦が続いています。

明日は2019年のダカールラリーで2回用意されたループステージの1つ目で、総距離387km中スペシャルステージは323kmで予定されています。そのルートはステージ6で使ったエリアであり、道は既に荒れている中、複雑なナビゲーションゲームが仕掛けられています。後半戦に入り、ダカールラリーはますます目が離せない展開となっています。

 

コメント

ケビン・ベナバイズ(ステージ 2位/総合 4位)
ケビン・ベナバイズ「いい一日でした。レースの2週目のスタートから攻めるように戦略を変更しました。それを今日から始めたのです。計画を可能な限り実行しようというものだったのですが、ステージ終盤にタイムロスがあったにも関わらず2位でフィニッシュできたことはうれしいです。残りのステージでは、時間を無駄にせず戦い続ける必要があります。今、残りのダカールの戦い方を考えるときがきています。少し休んで、英気を養います」

リッキー・ブラベック(ステージ 6位/総合 2位)
リッキー・ブラベック「今日は、違った意味でタフなステージでした。気温はよかったのですが、風が大きな影響を与えました。一日中風が吹いていたのでたいへんでした。途中、50kmほどの間、私は燃料の残量を気にしていました。80km地点のニュートラルゾーンで確かに給油したのに、燃料タンクの内の1つを予想より早く使い果たしていたので、ちょっと焦ってしまいました。それでも、全体的にはいい日でした。4日間を残しています。混乱を招くようなフェシフェシだらけのビバークにたどり着いてうれしいよ(笑)。今、私は明日からの4日間を考えています。このまま戦い続け、攻め続けられることを願っています。最高の気分だし、身体は100%の状態にあります」

ホセ・イグナシオ・コルネホ(ステージ 10位/総合 12位)
ホセ・イグナシオ・コルネホ「今日はいい日でした。コース上は多くの石や砂があって、とても厳しいものでした。最初は、非常に柔らかい砂丘で、そこを超えていくのはとても難しかったですね。でも、私にとってはいい日になりました。私が道を切り開いて行ったセクションがあったのですが、とても気分よく、いいペースで走ることができました。ハッピーです。まだ4日あります。私たちは攻め続けます」

本田太一|Monster Energy Honda Team チーム代表
「今日からラリーは後半戦が始まりました。ステージ6を終え我々はサン・ファン・デ・マルコナのビバークに到着しています。今日のステージの特徴は、前半パートのルートが非常に柔らかい砂で構成されていたことで、ペルー独特と言われる難しさがありました。また、事前情報で前半パートが勝負になると言われていた通り、トリッキーなナビゲーション設定となっていました。さらに砂嵐のような強風が加わり、ライダーにとっては厳しいステージになったようです。ブラベック選手は、そんな中で前半にペースを上げることができず、ステージ6位、総合ではトップと4分38秒差の2位になっています。ベナバイズ選手はうまく乗りきって総合順位を4位に上げてくれました。コルネホ選手も後半パートをスタートしてから前走のサンダーランド選手(KTM)をパスして、ダカールラリーで先頭に立ってステージを切り開く貴重な経験をしています。ダカールライダーとしてトップで砂漠を切り開くことは難しく、これは彼にとって今後につながるいい体験だったと思います。このままトップ10圏内を目指してがんばってもらいます。現在、総合ではトップ5までが10分以内。ステージごとにめまぐるしく順位が入れ替わる展開です。明日のステージでは途中、サポートがサービスをできないため、我々はビバークでライダーの帰りを待ちます。300km以上の長いステージが待ち構えます。チームとして、ここからも集中してライダーたちをしっかりサポートして、残す4つのステージを全力で戦います」

リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム ペナルティー
16P.クインタニラハスクバーナ03:50'47--
247ケビン・ベナバイズHonda03:52'39+00:01'52-
31M.ウォークナーKTM03:55'08+00:04'21-
43T.プライスKTM03:55'35+00:04'48-
54A.ファン・ビファレンヤマハ03:56'35+00:05'48-
615リッキー・ブラベックHonda03:58'17+00:07'30-
 
1010ホセ・イグナシオ・コルネホHonda04:12'34+00:21'47-
1428ダニエル・ノジリアHonda04:25'35+00:34'48-

総合順位

順位 No. ライダー マシン タイム ペナルティー
16P.クインタニラハスクバーナ20:45'13--
215リッキー・ブラベックHonda20:49'51+00:04'38-
33T.プライスKTM20:50'30+00:05'17-
447ケビン・ベナバイズHonda20:53'14+00:08'01-
54A.ファン・ビファレンヤマハ20:54'45+00:09'32-
61M.ウォークナーKTM20:55'59+00:10'4600:03'00
 
1210ホセ・イグナシオ・コルネホHonda21:56'07+01:10'5400:15'00
1428ダニエル・ノジリアHonda22:33'57+01:48'4400:01'00

フォトギャラリー

モータースポーツ >  ダカールラリー >  ダカールラリー 2019 Stage 6 アレキパ→サン・ファン・デ・マルコナ

ニュース