MENU

HONDA

検索

Stage 03ペルーサン・ファン・デ・マルコナ→アレキパ

2019年1月9日(水)

リエゾン 467km
SS 331km
トータル 798km
サン・ファン・デ・マルコナ→アレキパ

ベナバイズ、総合順位を2位に上げる。
バレダ、無念のリタイア。明暗を分けたステージ3

Monster Energy Honda Teamにとって印象深い戦いとなったダカールラリーのステージ3。331kmの長いステージを終え、ケビン・ベナバイズが2分37秒差のステージ3位、総合では2位に浮上。霧に視界を奪われたホアン・バレダは岩場の渓谷から脱出不能となり、リタイアを決断しました。

現地1月9日、ダカールラリーはサン・ファン・デ・マルコナ~アレキパ間で、798kmのステージのステージ3が行われました。このうち、前半部分に設定された331kmのスペシャルステージ(SS・競技区間)がチームの明暗を分けることになったのです。

現地時間、6時15分。ステージ3のSSは、サン・ファン・デ・マルコナのビバークから5kmの位置から始まりました。前半264km、後半65kmの2パートで構成されたステージは、2kmのリエゾン(移動区間)を挟んでいます。この日、8番手からスタートをきったベナバイズ選手は難しいルートを安定したハイペースで攻め続けます。結果はステージウイナーに2分37秒のビハインドをとったものの、ステージ3位。総合順位も2位に押し上げ、彼自身、30歳の誕生日を思い出深いものとしました。

また、11番手スタートだったパウロ・ゴンサルヴェスも体力的にも厳しいこのステージを順調に走り、9分31秒差のステージ6位、この結果、総合でもポジションを2つ押し上げ9位へと上昇。この日2番手スタートだったリッキー・ブラベックは、前半は早いペースを維持したものの、中盤のウエイポイント4~5の間でペースを落とし、ステージ3を12位タイムで終えています。また、チェーンテンショナーにトラブルを抱えたホセ・イグナシオ・コルネホは、修復しながら走り切り、ステージ18位でフィニッシュしました。

この日、バレダ選手は残念な結果に終わりました。ステージ上の143km地点付近まで順調に進み、ガレ場の渓谷にさしかかります。深い霧も立ちこめるなか、難しいルートファインディングをしているなか、引き返すのが困難な場所へとマシンが滑り落ちてしまいます。脱出を試みるもののそれがかなわず、総合1位からスタートを切ったものの、この日、ダカールからのリタイアを決めたのです。

明日から2ステージはラリー前半戦のハイライトとなります。ステージ4はアレキパ~モケグア間511km、内SSは405km、そしてステージ5がモケグア~アレキパ間776km、内SSが345kmの2つのステージをチームからのサポートを受けずに、ライダー同士で問題を解決しなければならないマラソンステージが行われます。合計1287kmに及ぶステージはかつてのダカールラリーが、一日1000km以上を走る厳しいルート設定だったことを二部構成にして現在に伝えるもので、毎回さまざまなドラマが生まれることでおなじみです。このマラソンステージが終わると、ラリーは前半戦を終え、アレキパで期間中唯一の休日を過ごし、後半戦へと折り返すことになります。

コメント

ケビン・ベナバイズ(ステージ 3位/総合 2位)ケビン・ベナバイズ
「本当に長い一日でした。アタックするにはいい位置からのスタートでした。いい感じでライディングできました。いくつかナビゲーションのミスをしましたが、それでもいい日でした。総合順位を上げたことはうれしいです。そしてステージごとに自信を深めています。私の誕生日に、総合2位になったことは悪くないですね」

パウロ・ゴンサルヴェス(ステージ 6位/総合 9位)パウロ・ゴンサルヴェス
「今日のステージは本当に長かった。昨日と同じように、たくさんの砂とたくさんの砂丘がありました。私は気持ちよく感じました。自信もありましたしね。いいペースで攻めることができましたが、燃料補給直前で10分以上タイムをロスしたことが残念です。しかし、ステージをフィニッシュできたことが重要なのです。いいフィーリングをもって明日のマラソンステージに臨みたいですね」

リッキー・ブラベック(ステージ 13位/総合 7位)リッキー・ブラベック
「とてもタフなステージでした。多くの砂丘があって、先頭に立って道を切り開いていかなければならず、慎重なナビゲーションが必要でした。正しい道を見つけなければなりませんでした。至る所に霧が発生していました。バレダは、渓谷か山の向こう側かどこかに下りていきました。その場所はルートがわかりにくく、私も本当にゆっくり慎重に走らなければなりませんでした。178km地点に、ロードブックに示された位置とは大きく離れた、かなり難しいウェイポイントがありました。私はウェイポイントを見つけ出すまでに約30km走り、時間にして15分を費やしました。最悪の日でした。我々は、それを補わなければなりません。しかし私の考えでは、それはとても困難なことでしょう」

ホセ・イグナシオ・コルネホ(ステージ 18位/総合 14位)ホセ・イグナシオ・コルネホ
「ドライブチェーン・テンショナーの不具合でチェーンが緩み、そのことに気がつかなくて長時間走ってしまいました。その結果、クランクケースが少し破損し、オイルが漏れ始めていました。そのことに気がついたのはラッキーでした。チェーンを締め直して、修理することができました。時間をロスしましたが、レースを離脱するよりはよかったですね。私には、ロスした時間を取り戻すための日々がまだありますから」

ホアン・バレダ(ステージ リタイア/総合 リタイア)ホアン・バレダ
「残念ながら、私のダカールは今日で終わりました。そのときがくるまでは順調でした。先頭を走り、ほかのライダーを引き連れて道を切り開いていたのですが、山にさしかかったときに、前方に私の視界をさえぎる濃い霧がありました。ルートブックとGPSの指示に従って進んだのですが、あまりに視界が悪く、誤って崖から滑り落ちてしまいまた。彼らも私を見て止まりました。そして彼らは引き返すことができました。しかし、私は崖の下にいたため再び上ることができませんでした。私は、さらに下って渓谷沿いの別のルートからの脱出を模索しましたが、あの渓谷からの自力での脱出は不可能だったのです」

本田太一|Monster Energy Honda Team チーム代表
「アレキパのビバークに到着しました。ライダーたちも移動が長かったのですが、サポートスタッフも600kmを12時間かけて移動し、ビバークに到着しました。明日、明後日に行われるマラソンシテージに向け、ビバークではしっかりとした準備、メンテナンスを進めているところです。今日のステージ3は、Monster Energy Honda Teamにとってグッドニュースとバッドニュースが同時に届いています。前者はベナバイズ選手が総合順位を上げてくれたこと、ゴンサルヴェス選手も少しずつとポジションをあげてくれていることです。バッドニュースはバレダ選手がリタイアしたことです。今日のステージ3を3番手からスタートしたバレダ選手は早い段階で前走2名のライダーをパスし、トップに立ちました。その後、ルートは標高の高い山岳地帯に入り、深い霧で視界が1mほどの中で走行を強いられたそうです。ウエイポイントに向け、GPSの示す方角通りに進んでいたのですが、視界不良の影響で谷の中に落ちてしまい、復帰を試みるものの脱出できずリタイアを決断する結果になっています。また、コルネホ選手は、転倒などはないものの、マシンにダメージがあり、アシスタント・ポイントで修復に時間を使い、今日の結果になっています。また、Monster Energy Honda TeamのサポートをしているMEC HRCのウォルター・ノジリア選手がステージ序盤で転倒、リタイアとなっています。しかし、ベナバイズ選手もゴンサルヴェス選手も総合で上位です。ラリーはまだ3日目。残りが長いので、勝利を目指ししっかりと戦っていきます。引き続きMonster Energy Honda Teamへのご声援をよろしくお願いいたします」

リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム ペナルティ
118X.ド・スルトレヤマハ04:07'42--
26P.クインタニラハスクバーナ04:07'57+00:00'15-
347ケビン・ベナバイズHonda04:10'19+00:02'37-
44A.ファン・ビファレンヤマハ04:14'24+00:06'42-
514S.サンダーランドKTM04:16'08+00:08'26-
62パウロ・ゴンサルヴェスHonda04:17'13+00:09'31-
 
1215リッキー・ブラベックHonda04:27'43+00:20'01-
1928ダニエル・ノジリアHonda04:42'36+00:34'54+00:01'00
2410ホセ・イグナシオ・コルネホHonda04:38'39+00:30'57+00:15'00
4722ディエゴ・マルティン・デュプレシHonda05:40'12+01:32'30-

総合順位

順位 No. ライダー マシン タイム ペナルティ
16P.クインタニラハスクバーナ08:34'28--
247ケビン・ベナバイズHonda08:45'51+00:11'23-
314S.サンダーランドKTM08:46'40+00:12'12-
44A.ファン・ビファレンヤマハ08:47'57+00:13'29-
53T.プライスKTM08:49'45+00:15'17-
618X.ド・スルトレヤマハ08:51'20+00:16'52-
715リッキー・ブラベックHonda08:52'30+00:18'02-
 
92パウロ・ゴンサルヴェスHonda08:59'39+00:25'11-
1610ホセ・イグナシオ・コルネホHonda09:34'17+00:59'49+00:15'00
1728ダニエル・ノジリアHonda09:37'28+01:03'00+00:01'00
3222ディエゴ・マルティン・デュプレシHonda10:47'17+02:12'49-

フォトギャラリー

モータースポーツ >  ダカールラリー >  ダカールラリー 2019 Stage 3 サン・ファン・デ・マルコナ→アレキパ

ニュース