MENU

HONDA

検索

Dakar Rally 2020
Rest Day
サウジアラビアリヤド

2020年1月11日(土)

リヤド

Monster Energy Honda Teamが後半戦に向け準備を整える

念願のダカールラリー制覇に向けて、Monster Energy Honda Teamのリッキー・ブラベックが総合トップで明日からの後半戦に臨みます。しかし、後半戦は前半戦にも増してタフなラリーになるので、簡単に勝てるわけではありません。

Monster Energy Honda Teamは前半戦を総じていい結果で終えました。初めてサウジアラビアで開催されたダカールラリーで、ブラベックが総合首位につけています。ステージ優勝を2度果たし、総合2位との差は約20分あります。そのリードをゴールのキッディヤまで維持したい考えです。

総合4位のホセ・イグナシオ・コルネホ、総合5位のホアン・バレダも並みいるライバルの中、総合上位につけています。成長著しいコルネホは、自身初のステージ優勝を果たしました。バレダはステージ1での転落で1カ月前に負ったわき腹のケガを悪化させてしまい、苦しいスタートとなりました。しかしステージを追うごとに復調していて、後半戦ではさらなる好走が期待できます。

ケビン・ベナバイズはステージ優勝に向けて走っていたステージ6でマシントラブルに見舞われました。何とかステージ6を完走し、後半戦での起死回生を狙います。

ステージ7のスペシャルステージ(SS)は、ダカールラリー2020の中で最も長い546kmになります。砂地と砂丘が続き、ナビゲーションは困難を極めるでしょう。

ステージ7
リエゾン:195km / SS:546km / 合計:741km

レストデイから一転し、ステージ7はダカールラリー2020の中で最も長く変化に富んだステージです。コース全体に砂丘が点在していて、選手はそれを乗り越えていきます。砂丘を越えながらも、ナビゲーションには常に気を配らないといけません。スピードとナビゲーションの両立が必要です。

コメント

ルーベン・ファリア | ジェネラルマネージャー
「リッキー(・ブラベック)は昨年と同等か、それ以上に好調です。ホアン(・バレダ)、ナチョ(・コルネホ)と合わせて3選手が総合5位以内で、すばらしい結果です。昨日はケビン・ベナバイズがゴールまで40kmのところでステージ優勝のチャンスを失ってしまい残念です。彼はここまで非常にいい走りをしていました。私も選手経験があるので分かりますが、このように自分たちの手に負えないことも起こりうるのです。総じてチームの雰囲気はよく、マシンも好調です。正しい方向に進んでいると感じます。まだ6ステージが残っていて、後半戦こそが正念場です。キッディヤのゴールまで地に足を付けてがんばります」

ケビン・ベナバイズ
ケビン・ベナバイズ 「ステージ6でステージ優勝を目指してバトルをしていたところ、スペシャルステージの435km地点でマシントラブルに見舞われました。ゴールまであと40kmでしたが、全く前に進めませんでした。そのまま2時間が経過したころ、通りがかったレオ・コーラ選手(KTM)がマシンを牽引して助けてくれました。スペシャルステージを完走できたのは彼のおかげです。気を取り直して後半戦に臨みます。ダカールラリーですから、このようなトラブルも起こりえます」

総合順位

順位 No. ライダー マシン タイム ペナルティー
1 9 リッキー・ブラベック Honda 23:43'47 - -
2 5 P.クインタニラ ハスクバーナ 24:04'43 +00:20'56 -
3 1 T.プライス KTM 24:09'26 +00:25'39 00:02'00
4 17 ホセ・イグナシオ・コルネホ Honda 24:09'28 +00:25'41 00:01'00
5 12 ホアン・バレダ Honda 24:16'45 +00:32'58 -
6 2 M.ウォークナー KTM 24:17'26 +00:33'39 -
 
28 7 ケビン・ベナバイズ Honda 27:47'51 +04:04'04 00:15'00

フォトギャラリー

モータースポーツ >  ダカールラリー >  ダカールラリー 2020 Rest Day リヤド

ニュース