MENU

HONDA

検索

Dakar Rally 2020
STAGE03
サウジアラビアネオム→ネオム

2020年1月7日(火)

リエゾン 77km
SS 427km
トータル 504km
ネオム→ネオム

Monster Energy Honda Teamがダカールラリーをリード

ネオムで迎えたダカールラリーの3日目は、Hondaライダーたちがすばらしいパフォーマンスをみせました。総合トップ5のうち4人をMonster Energy Honda Teamが占めました。

今日行われたスーパーマラソンステージ2日目のMonster Energy Honda Teamはすばらしい結果を収めました。427kmの長距離に及ぶ難しいネオムでのループステージで、滑りやすい小石の多い山道からハイスピードな渓谷に続くコースで行われました。ナビゲーションに苦労しながらも、リッキー・ブラベック、ホセ・イグナシオ・コルネホ、ケビン・ベナバイズは見事に走破し、Hondaチームのステージトップ3独占を果たしました。

レーススタート直前に、ロードブックを受け取りましたが、ブラベックには問題になりませんでした。CRF450 Rallyを駆って、各ウェイポイントでのベストタイムをマークしたブラベックは、総合トップでステージ3を終えています。

コルネホも同じく好成績をステージ3で収めました。トップのブラベックに6分差のステージ2位を獲得することとなりました。

ベナバイズはステージ3位を獲得し、総合トップのブラベックから4分43秒差の2位に浮上しています。

ホアン・バレダはトップ争いに迫る勢いをみせ、ステージ3は6位。ステージ4に向けて好スタート順を獲ることができました。総合はベナバイズから11分差で4位となっています。

ライダーたちはネオムのビバークでステージ3での情報を共有し、明日のステージ4への準備に取り掛かります。ステージ5、6の詳細なロードブックは各自のスタート25分前に配布され、ライダーたちはステージに向かいます。

ステージ4
リエゾン:223km / SS:453km / 合計:676km

砂や土が広がるセクションが続くコースです。ナビゲーション上の速度に気をつけなくてはなりません。ナバテアの遺跡を通り過ぎるこのコースは、歴史好きには最高の景色が広がる道のりになっています。

コメント

リッキー・ブラベック(ステージ1位/総合1位)
リッキー・ブラベック「今日のステージはとても壮大なコースで楽しむことができました。岩や砂が多く、ナビゲーションもとても複雑で、僕の好きなスピードの高いコースでした。いいスタートポジションから始めることができました。12番手からスタートし、20km地点でまず1台を追い抜くことができました。さらにプッシュすることもできたのですが、時間をかけて、時には少し速度を落としながらプッシュしていきました。今日はショートスペシャルが3箇所ありました。マシンの調子もよく、思うように走れたと思います。ロードブックによるとこの付近はとても楽しそうなエリアが広がっているようです。明日はさらに難しいステージとなりそうです。後ろからプッシュをしてくるライダーたちがいるので、明日のスタートも走り出しが重要なポイントになりそうです」

ホセ・イグナシオ・コルネホ(ステージ2位/総合5位)
ホセ・イグナシオ・コルネホ「今日はうまくいったステージになりました。ナビゲーションが非常に複雑で難しいエリアがいくつかあり、長い走行時間ではありましたが、楽しいステージでした。区間タイムもいいタイムをマークすることができましたし、全体的にいいペースで進むことができました。今日の結果で総合2位になることができ、とてもうれしいです。マシンのパフォーマンスにも満足していますし、いい手応えを感じています」

ケビン・ベナバイズ(ステージ3位/総合2位)
ケビン・ベナバイズ「ナビゲーションの解読に苦労しましたが、4番手からスタートした今日はいいステージになりました。前を走るライダーたちに追いつき、集団との差を広げて先に進むことができました。しかし、392km地点でロードブックが示していたポイントにウェイポイントがないという問題が発生しました。1番に到着したので、そこで時間をロスしてしまうことになりましたが、追いついた他のライダーたちと一緒にウェイポイントを見つけることができました。今日はとてもいい結果で終えることができました。マシンの調子もよく、ナビゲーションもとてもうまくいったと思います。明日も引き続きリードできるようプッシュします」

ホアン・バレダ(ステージ6位/総合4位)
ホアン・バレダ「長時間の走行となり、タフなステージでした。特にナビゲーションでは注意しなくてはいけないことが多く、常に冷静でいることを心掛けて進みました。ミスもなくゴールまでたどり着けたのでよかったです。これで明日のステージ4に集中することができます。チームにとってすばらしい成績でダカールラリーは進んでいますが、厳しい道はまだこれからです」

リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム ペナルティー
19リッキー・ブラベックHonda03:29'31--
217ホセ・イグナシオ・コルネホHonda03:35'27+00:05'56-
37ケビン・ベナバイズHonda03:36'53+00:07'22-
42M.ウォークナーKTM03:37'44+00:08'13-
51T.プライスKTM03:38'06+00:08'35-
612ホアン・バレダHonda03:38'35+00:09'04-

総合順位

順位 No. ライダー マシン タイム ペナルティー
19リッキー・ブラベックHonda10:39'04--
27ケビン・ベナバイズHonda10:43'47+00:04'43-
32M.ウォークナーKTM10:45'06+00:06'02-
412ホアン・バレダHonda10:50'06+00:11'02-
517ホセ・イグナシオ・コルネホHonda10:50'23+00:11'1900:01'00
61T.プライスKTM10:51'02+00:11'5800:02'00

フォトギャラリー

モータースポーツ >  ダカールラリー >  ダカールラリー 2020 Stage 3 ネオム→ネオム

ニュース