MENU

HONDA

検索

Dakar Rally 2020
STAGE01
サウジアラビアジッダ→アル・ワジュ

2020年1月5日(日)

リエゾン 433km
SS 319km
トータル 752km
ジッダ→アル・ワジュ

ダカールラリー2020が開幕
Monster Energy Honda Teamは好位置で初日を終える

1月5日(日)、ダカールラリー2020がサウジアラビアのジッダでスタートしました。初開催の中東を舞台にしたラリーの第1ステージは、ジッダからアル・ワジュへ752kmのルート。Monster Energy Honda Teamは、リッキー・ブラベックが2位、ケビン・ベナバイズが4位と上位でフィニッシュしています。

ジッダでのスタートセレモニーを終え、ブラベック、ベナバイズは、ともに初日のステージ優勝を目指しましたが、スタート位置に恵まれなかったこともあり、惜しくも勝利はならず。しかし、明日以降の戦いに向けて、いい位置を得ることができました。

早朝にジッダをスタートしたライダーたちは、紅海沿いの195㎞のリエゾン(移動区間)を経て、峡谷の中にある乾燥した川床で、今大会最初となる86㎞のスペシャルステージ(SS)へ。さらに、19㎞の中立地帯を挟み、再び213㎞のSSを走行した後、ビバーク(休息地)のあるアル・ワジュまで237㎞を移動しました。複数のコース取りが可能なルートであったため、ナビゲーションスキルが求められ、石の多いガレ場や砂地での走行もあるなど、初日からタフな走行となりました。

ブラベックはスタートから快調なペースを刻み、タイムシートの上位に進出。最終的にステージ2位でのフィニッシュとなりました。

また、ベナバイズも好走し、上位争いにふさわしい力があることを証明。ステージ4位でゴールし、難コースの初日をうまくまとめました。

昨年は初日でステージ優勝を果たしたホアン・バレダですが、今年はそれと対照的な幕開けに。ラリーの経験を豊富に持つバレダは、自身の戦略とこの日のスタートポジションが合っていないと判断し、慎重な走りに終始しました。それでもステージ7位のタイムをマークして、明日以降のチャンスをうかがっています。

チリ人ライダーのホセ・イグナシオ・コルネホは11位でフィニッシュ。今大会からチームへ加わった南アフリカ出身のアーロン・メアは、SS序盤で転倒した影響で37位となりました。手を負傷しましたが、明日のステージには参加する予定です。

2日目は「スーパーマラソンステージ」を迎えます。2日間で890㎞に及ぶステージでは、ライダー以外によるサポートが禁じられており、マシンを無事に持ち帰ることが最優先となります。

ステージ2
リエゾン:34km / SS:367km / 合計:401km
ほとんどが舗装路で構成されたコースで、この日の課題は技術的な制約をどう乗り越えるかにあるが、初開催であるサウジアラビアのルートであり、複数のコース取りが可能なことから、ナビゲーションの難易度が高い。バイク・クワッド部門は、「スーパーマラソンステージ」の初日となる。

コメント

リッキー・ブラベック(ステージ2位/総合2位)
リッキー・ブラベック「新たなロードブックとなったので、ダカールラリー2020のスタートは難しく見えたかもしれません。しかし、我々は事前にしっかりと準備をしていました。スタートポジションはベストとは言えず、ライバルメーカーのマシンの多くが私の後ろについていました。彼らがどの程度のスピードで進んでくるかを判断するのは難しかったです。私は全力を尽くし、大きなミスをしないように心がけました。いい初日となったことは幸運でした。このスピードを最後までキープできればと思います。まだ初日で、あと11ステージも残っています。すべてのピースがそろい、いいフィニッシュを飾れることを願っています」

ケビン・ベナバイズ(ステージ4位/総合4位)
ケビン・ベナバイズ「ダカール2020の初日でしたが、今日は勝利を目指すことはしませんでした。ただ、それでも4位となりました。マシンは快適で、いいペースを維持することができていました。中団からのスタートだったので、他のライダーを抑えることはできませんでしたが、初日の結果としては満足しています。砂漠のコースはとても面白いので、一歩ずつ攻略していこうと思います。ナビゲーションには集中しなければなりませんし、特にSSでは注意が必要です。長い戦いになりますが、楽しみです」

ホアン・バレダ(ステージ7位/総合7位)
ホアン・バレダ「初日がうまくいってうれしく思いますが、正直なところまだ感覚がつかめていません。スタートから肋骨に違和感があり、難しいステージとなりました。最終的にはうまくまとめることができて、いいウォームアップになりました。ラリーは長いのでさらに状態を上げていきたいと思います」

ホセ・イグナシオ・コルネホ(ステージ11位/総合11位)
ホセ・イグナシオ・コルネホ「ラリーのスタートは長いステージで、スタート順も遅いマシンからとなっていたため、かなり各車が接近していました。そのため、集団で走行する時間が長くなり、他のマシンが巻き上げるホコリにまみれることになりました。全体的にはいいステージで、感覚もよく、落ち着いてレースを進めることができました。明日はスタート直前にロードブックが渡されるので、重要な一日になります」

アーロン・メア(ステージ37位/総合37位)
アーロン・メア「今日はなかなかいい感覚で進められました。25~30㎞地点で転倒を喫し、岩場で大きな岩の上に着地して少し手を負傷してしまいました。様子を確認して、明日をできるだけいい状態で迎えられるよう回復に努めます」

リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム ペナルティー
11T.プライスKTM03:21'33-00:02'00
29リッキー・ブラベックHonda03:21'38+00:00'05-
32M.ウォークナーKTM03:22'13+00:00'40-
47ケビン・ベナバイズHonda03:24'04+00:02'31-
53S.サンダーランドKTM03:24'48+00:03'15-
65P.クインタニラハスクバーナ03:25'09+00:03'36-
712ホアン・バレダHonda03:27'24+00:05'51-
 
1117ホセ・イグナシオ・コルネホHonda03:29'48+00:08'15-
1621ダニエル・ノジリアHonda03:33'45+00:12'12-
3726アーロン・メアHonda04:01'18+00:39'4500:05'00

総合順位

順位 No. ライダー マシン タイム ペナルティー
11T.プライスKTM03:21'33-00:02'00
29リッキー・ブラベックHonda03:21'38+00:00'05-
32M.ウォークナーKTM03:22'13+00:00'40-
47ケビン・ベナバイズHonda03:24'04+00:02'31-
53S.サンダーランドKTM03:24'48+00:03'15-
65P.クインタニラハスクバーナ03:25'09+00:03'36-
712ホアン・バレダHonda03:27'24+00:05'51-
 
1117ホセ・イグナシオ・コルネホHonda03:29'48+00:08'15-
1621ダニエル・ノジリアHonda03:33'45+00:12'12-
3726アーロン・メアHonda04:01'18+00:39'4500:05'00

フォトギャラリー

モータースポーツ >  ダカールラリー >  ダカールラリー 2020 Stage 1 ジッダ→アル・ワジュ

ニュース