MENU

HONDA

検索

STAGE 09

ボリビアトゥピサ
アルゼンチンサルタ

2018.01.15(月)
スペシャルステージ:242Km
リエゾン:513Km
総移動距離:755Km
ステージ9 トゥピサ→サルタ

天候の悪化によりステージ9がキャンセルに
Monster Energy Honda Teamは次なるステージに向け準備を整える

ボリビアのラパスからトゥピサへと続いたステージ7、ステージ8は、マラソンステージとして行われました。高地に展開した難しい路面と雨の中での過酷な2日間を終えた選手たちを迎えたトゥピサのビバークも、雨の影響を受け、次のステージに向けたマシンのメンテナンス作業が難しい状況でした。また、続くステージ9のコース上にある渡河セクションでは、増水による氾濫、洪水になったエリアがある影響もあり、主催者はステージ9をキャンセルする事を決定。選手はサポートチームと同様に、舗装路でボリビア国内を抜け、アルゼンチンのサルタへと520kmの道のりを移動することとなりました。

ここアルゼンチンのサルタは、現在、総合1位争いをしているMonster Energy Honda Teamのライダー、ケビン・ベナバイズの生まれ故郷です。2016年、Honda South America Rally TeamからCRF450 RALLYを駆りダカールデビューを果たしたベナバイズは、その年、アルゼンチン人ライダーとして初めてのステージウイナーになると、ダカールを総合4位で終える大活躍を見せました。17年はトレーニング中のケガによりダカール出場を断念しましたが、今年は再び参戦。16年と同じゼッケン47番を選び、初心に帰って走っています。現在、首位と22秒差の総合2位につけているベナバイズ。母国アルゼンチンのヒーローは、自身にとってのホームタウン、サルタのラリーファンから熱烈な歓迎を受けました。

チームメートで総合5位のホアン・バレダ、総合8位のリッキー・ブラベック、総合15位のイグナシオ・コルネホも無事、サルタに到着しています。

明日、行われるステージ10は、ラリー後半戦の行方を左右する分岐点となるでしょう。424kmと長距離のスペシャルステージでは、砂丘群をうまく抜けていく技術と、正確なナビゲーションが問われるのです。Monster Energy Honda Teamは、現在ステージ10に向けて準備を進めています。続くステージ11、12もマラソンステージ。ダカールラリーの厳しい戦いは、まだまだ続きます。

明日のステージ

サルタ(アルゼンチン)~ベレン(アルゼンチン)
リエゾン(移動区間)424km スペシャルステージ(競技区間)373km 総移動距離797km

ステージ10は、河川を渡っていくルートで競われる。これまで何度もダカールが通過してきたこのエリアだが、今回は初めて、砂丘群へと入るルートが採用された。ルートは砂が主体で、ロッキーセクションなども通過していく。スペシャルステージは標高2200m付近からスタートするが、ルート中には標高3000mを超える地点も存在している。なお、今回のステージでは、サポートチームがベレンに移動するルートと合流できる地点があり、初めてステージ中のサポートが可能となった。しかし、時間に余裕はない。ライダーがルート上にあった河川をどれだけうまく渡ってきたかが、このステージでのリザルトに直結することとなりそうだ。

コメント

本田太一|Monster Energy Honda Team ラリー・プロジェクト・リーダー
「1月15日に予定されたステージ9が悪天候によるコンディション悪化でキャンセルされました。そのため、アルゼンチンのサルタまで500kmを超える移動をすることになりました。Monster Energy Honda Teamのスタッフ、ライダーたちも、無事サルタのビバークに到着しています。昨日まで過ごしたボリビアの気温は、朝は3度、昼間でも15度程度と冬のような気候でした。ここサルタは現在30度近く。寒暖差が大きいです。チームとしては寒くない場所に来られたことに安心しています。明日のステージ10は距離も長く、1月17、18日に行われる2度目のマラソンステージに向けた大切な1日になると考えています。チームのライダーが着実に走れるように、チームとしてしっかりサポートすべく準備を進めています。また、CRF450 RALLYも後半戦に向けしっかりとメンテナンスをしているところです。ステージ7での転倒で左ヒザを負傷したバレダ選手ですが、チームトレーナーの治療を受けながら、徐々にではありますが回復しています。当然ながらまだ痛みは残っているのですが、バレダ選手のラリーへのモチベーションと、ダカールに勝ちたいという強い気持ちをチームとしても感じています。
また、現在総合8位に上がってきたブラベック選手はとてもリラックスした状態で、残されたステージでもさらに上を目指し、同時にバレダ選手、ベナバイズ選手のサポートとして活躍してくれることを期待しています。我々はダカールラリーの勝利を目指して後半戦を戦っていきます。引き続き、Monster Energy Honda Teamへの応援をよろしくお願いいたします」

ラウル・ カステルス|Monster Energy Honda Team チーム・マネージャー
「今日のステージがキャンセルになったことは残念です。参加者は、皆ダカールのすべてを走りきるために来ているわけですからね。ライダーたちの安全のためにステージがキャンセルになることは仕方がないことですが、ステージの前半、もしくは後半のみのキャンセルという可能性もあったのではないかという気持ちもあります。キャンセルにより、チームはつかの間の休息を取っていますが、同時にこれまで同様、明日からのステージに向けて細心の注意を払って準備をしています。これからも、毎日のステージでミスをしないように努力していきます」

フォトギャラリー

ケビン・ベナバイズ

ケビン・ベナバイズ

ケビン・ベナバイズ

ケビン・ベナバイズ

ホアン・バレダ

ホアン・バレダ

リッキー・ブラベック

リッキー・ブラベック

イグナシオ・コルネホ

Monster Energy Honda Team

Monster Energy Honda Team

ニュース