MENU
HONDA
検索

性能

CTX700

CTX700 Dual Clutch Transmission(車体色はキャンディーアリザリンレッド)

CRUISING PERFORMANCE:味わいのある走りと、優れた燃費性能を両立した、直列2気筒エンジン

エンジンは、PGM-FI採用669cm3水冷直列2気筒。低回転域から豊かでフラットなトルクを発揮するとともに、270°位相クランクの採用により、味わいある心地良い鼓動感を実現。また、燃焼効率を徹底追求し、ピストンストロークをロングストロークタイプとし、低・中速回転域を重視し、確実な燃焼を行うための理想的な燃焼室形状やバルブタイミングの最適化、低フリクション化などにより、常用回転域での走る楽しさを追求しながら、優れた低燃費を実現。さらに、排出ガスの浄化効率を高める集合エキゾーストポートと直下配置のキャタライザーを導入し、PGM-FIとあいまって優れた環境性能も実現している。

[参考]燃料消費率38.0km/L(60km/h定地走行テスト値)。燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)、整備などの諸条件により異なります。

新たなクルージングの歓びへ。デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)。

走行モードには、「ATモード」、「MTモード」を設定。ATモードには、一般走行に適した「Dモード」と、スポーツ走行に適した「Sモード」があり、ATモード走行中にも「シフトアップ/ダウン」スイッチで変速が可能。手動で変速後は走行状態に応じた最適なタイミングで「ATモード」に自動復帰する機能を設定している。また、制御プログラムの熟成により、継ぎ目の無いなめらかな加減速を実現。極低速走行シーンにおけるスムーズな走りは、ストップ&ゴーの多い街中で威力を発揮。さらに減速力に応じたシフトダウンタイミングの精度の向上や小気味良いエンジンの鼓動感が得られるよう、「ATモード」のシフトタイミングを専用セッティングとするなど、より操る楽しさを追求している。

軽快な操作フィールと安心感ある走りを実現したシャシー。

シャシーは、しなやかさと剛性感を高次元で融合させたダイヤモンドフレームを採用。メインフレームは通常より下方に配置し、シリンダー前傾角61°※1の低重心化を追求したエンジンと相まって、安定感ある素直な操縦フィーリングを実現している。また、シートレールを低い位置に配置し、シート高720mmを達成。安心感ある足つき性を追求している。また、フロントブレーキは、制動フィーリングと放熱性に優れるウェーブタイプのφ320mmディスクを、リアブレーキにはウェーブタイプのφ240mmディスクを採用。さらに、ブレーキには、前・後輪のロックを回避するABS※2(アンチロック・ブレーキ・システム)を標準装備。前・後輪に装備した車輪速センサーからの情報をもとに、自己診断機能付ECUがタイヤのロックを常時監視。ブレーキのかけ過ぎや急な路面変化によるタイヤのロック傾向を検知するとタイヤのロックを回避し、車体コントロールをサポートする。

※1.車両搭載角 ※2.ABSはあくまでもライダーのブレーキ操作を補助するシステムです。したがって、ABSを装備していない車両と同様に、コーナー等の手前では十分な 減速が必要であり、無理な運転までは制御できません。ABS作動時は、キックバック(揺り戻し)によってシステム作動を知らせます。