究極のスポーツカーを具現化する。

Honda独創のテクノロジーとあらん限りの情熱を傾けて、 駆ける喜びと圧倒的な速さを創造する。 鈴鹿FFモデル最速ラップタイムが、TYPE Rの進化を証明する。

異次元の速さを希求する。

Honda独創のテクノロジーを注ぎ込み、レーシングカーが持つ速さを具現化する。FF最速のTYPE R を超えていく使命がある。Hondaがめざす究極のスポーツカー、その進化を鈴鹿サーキットで証明する。

1. 2.0L VTEC TURBO

小型軽量化し回転レスポンスを向上した新開発モノスクロール・ターボチャージャーを投入。出力・トルクを引き上げ、鋭く吹け上がるエンジンを実現。

2. EXHAUST SOUND

迫力の排気原音に加え、アクティブ・エキゾーストバルブ機構が回転数に応じて開度をチューニング。さらに、アクティブサウンドコントロールが室内音をブーストし、アクセルを踏むほどに湧き上がるエキゾーストサウンドを実現。

3. 19-INCH TIRE & WHEEL

TYPE R専用開発の265mm幅ワイドタイヤと、優れた接地性を叶えるリバースリム構造の軽量・高剛性19インチアルミホイールにより、高いグリップ性能を獲得。

4. REAR SPOILER

TYPE Rの象徴となるリアスポイラーは、翼断面形状と迎角を徹底的に追求。アルミダイキャスト製の軽量ステーを採用し、強大なダウンフォースと低ドラッグを実現。

未体験の喜びを創造する。

ドライバーが一度乗ったら夢中になる 圧倒的なドライビングプレジャーを。 アクセルを踏む。ステアリングを切る。 シフト操作する。 すべてのドライビング体験を研ぎ澄まし、 官能の領域へと引き上げる。

5. STEERING WHEEL

優れたグリップ感をもたらすアルカンターラ®を使用し、赤ステッチを施した専用設計のステアリングホイール。トーションバーのねじり剛性を先代比1.6倍とし、路面を鷲づかみにするかのようなステアフィールを実現。

6. DRIVE MODE

新たにINDIVIDUALモードを搭載。+R、SPORT、COMFORTのすべてのパラメーターを自由にカスタマイズできる。設定はエンジン再始動時も保持され、すぐに思い通りのドライブフィールを楽しめる。上下に操作する切り替えスイッチの他に、+R専用スイッチが用意される。

7. METER DISPLAY[+R MODE]

+Rモード専用メーターにはタコメーターなどに加え、Honda LogRの走行情報をカスタマイズ表示。上部にはLEDレブインジケーターをしつらえ、シビアな走行下でのスムーズな変速を促す。

8. 6-SPEED MANUAL TRANSMISSION

正確なシフト操作を叶えるアルミ削り出しのティアドロップ形シフトノブ。高剛性6速マニュアルトランスミッションはTYPE R専用リンク機構により、ダイレクトで滑らかなシフトフィールを実現。

9. Honda TYPE R SEAT

鮮烈なレッドのシートが、サーキットにおける強烈なGからドライバーの操縦姿勢を保持する。強化フレーム/高硬度パッドを採用した多面体形状の専用シートは、身体が密着するエリアの通気性にも配慮。

鈴鹿FFモデル最速ラップタイム、更新。

新型CIVIC TYPE R

鈴鹿アタック動画 Vol.2

記録動画「Beyond Yourself」

■メーター類は撮影のため点灯。
■画面はハメコミ合成。
■車両は試作車のため、一部仕様が異なることがあります。