衝突安全性能

すべての基本は、強い骨格づくりから。

衝突時の衝撃(G)を制御するHonda独自の安全技術「G-CON」。軽量かつ高強度な素材を各所に配置することで衝突安全性能に貢献します。さらに「コンパティビリティー対応ボディー」の採用により、相手車両に与えるダメージも軽減しています。

衝突安全設計ボディー

性能・安全 衝突安全性能メインビジュアル 性能・安全 衝突安全性能メインビジュアル

■ボディー構造モデル

乗員へのダメージを軽減する8つのエアバッグ。

「運転席用&助手席用i-SRSエアバッグシステム」「前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)」に加えて、衝突時、前席の膝前で展開し、下肢への衝撃を低減するとともに、身体全体の前方移動を抑制し、乗員保護性能の向上に寄与する「運転席用&助手席用SRSニーエアバッグシステム」を標準装備。

運転席用&助手席用i-SRSエアバッグシステム+前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)+運転席用&助手席用SRSニーエアバッグシステム 

前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム〈前席/後席対応〉エアバッグシステム作動イメージ

■写真は機能説明のため、エアバッグが展開した状態を合成したものです。

歩行者の頭部への衝撃を低減。

歩行者との衝突を感知すると、ボンネットフードの後部を持ち上げ、歩行者の頭部への衝撃を低減します。

ポップアップフードシステム

ポップアップフードシステム

衝撃時、シートベルトが速やかに身体を拘束。

運転席/助手席のシートベルトは、前方向からの強い衝撃を感知すると瞬時にシートベルトを巻き取り、体をしっかり固定します。その後、一定以上の荷重がかかると、シートベルトを少し送り出し、胸などへの負担を軽減します。さらに、ショルダー側のプリテンショナーに加え腰ベルト外側にもプリテンショナーを採用。乗員の拘束効果をいっそう高めることにより、傷害の軽減を目指しました。

フロント3点式ロードリミッター付プリテンショナーELRシートベルト+運転席/助手席ラッププリテンショナー

フロント3点式ロードリミッター付プリテンショナーELRシートベルト+運転席ラッププリテンショナー

チャイルドシートを、容易に固定するために。

汎用型ISOFIXチャイルドシートを確実・容易に装着できる取付金具をリア左右席にご用意しています。さらに、i-Sizeチャイルドシートにも対応。

ISOFIX/i-Sizeチャイルドシート下部取付金具(リア左右席)+トップテザー取付金具(リア左右席)

ISOFIX/i-Sizeチャイルドシート下部取付金具(リア左右席)+トップテザー取付金具(リア左右席)写真はi-Sizeチャイルドシートを装着したものです。チャイルドシートはディーラーオプションです。

■各技術の能力には限界があります。つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。ご使用の前に、必ず取扱説明書をお読みください。

■ポップアップフードシステムは速度などの衝突条件により、作動しない場合があります。

■エアバッグシステムは、あくまでもシートベルトを着用することを前提として開発されたシステムです。くれぐれもシートベルトの正しい着用をお願いします。

■運転席用&助手席用i-SRSエアバッグシステム、運転席用&助手席用SRSニーエアバッグシステムは、横方向や後方向からの衝撃には作動しません。前方向からの、設定値以上の衝撃を感知したときのみ作動します。

■前席用i-サイドエアバッグシステムおよびサイドカーテンエアバッグシステムは、実際の衝突時には衝突側のみ展開します。i-サイドエアバッグシステムおよびサイドカーテンエアバッグシステムは、システムを正しく機能させるための注意事項があります。

■ISOFIXとは、誤使用防止、車両適合性の向上、取り付け方法の国際的な統一を目的とした、ISO(国際標準化機構)規格のチャイルドシート固定方式です。

■必ず適合するチャイルドシートをお選びください。

■掲載の写真やイラストには、機能説明のための作動イメージが含まれます。

■インテリアの写真はすべてカットボディーによる撮影。

■各装備・仕様の詳しい設定につきましては、「主要装備表」「主要諸元表」をご覧ください。