MENU

HONDA

検索

デザイン

レーシングマシンのDNAを継承した
機能美に満ちたスタイリング。

「軽量、コンパクト、マスの集中」を基調とした、レーシングスピリットが息づくエアロダイナミクス・フォルム。前方にスラントさせたフロントフェイスと鋭く跳ね上げたリアまわりが、空気を切り裂くような、アグレッシブなイメージを一層強調する。

広い適応性を求めた最適なライディングポジション。

緩やかな前傾姿勢がとれるライディングポジションは、渋滞した街中から高速道路を利用した郊外へのツーリング、ワインディングでのスポーツライディングまで、さまざまなシーンでの扱いやすさとともにシート高を785mmとし、良好な足つき性も追求している。
※Honda公表諸元

ライディングポジション イメージ図

  • 写真の一部は海外仕様車(CBR500R)で、一部合成によるものです。
  • 写真は海外で撮影したものです。 ※ 写真のナンバープレートは撮影のために用意したものです。
  • 走行写真は、プロライダーによる走行を撮影したものです。一般公道で走行する場合は制限速度を守り、無理な運転をしないようにしましょう。